« チーム鮮魚 | トップページ | 鮮魚のブラックボックス »

2017年3月12日 (日)

久しぶりに「まゆゆ」ネタ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日(笑)。

久々に「まゆゆ」を取り上げたい。

  kazuさんは必見である(笑)。

まゆゆが再び連続テレビドラマの主役を演じるという。

  テレビ朝日、4月スタート、題名〜未定。
  毎週日曜日、深夜0時40分〜1時10分(30分ドラマ)。

彼女が挑むのは、ショッキングな“愛の物語”でありながら、痛快コメディーでもあるという異色作。

  企画・原作は、稀代のヒットメーカー・秋元康氏が担当。

まゆゆは、純愛を貫くがゆえにサイテー男を成敗してしまう、未だかつて無いセンセーショナルなヒロインを演じるという。

  それが、昭和の阿部定事件を彷彿させる行為に及ぶらしい。

ちょっと「まゆゆ」には似合わないストーリーだと思われるが、そこに痛快なコメディー調でストリーが展開するから面白そうだ。

まゆゆのドラマといえば、テレビ東京の「さばドル」に始まり、「戦う、書店ガール」、「大奥」「地方紙を買う女」等に出演。

  特に、戦う書店ガールは一時話題になった。

それなりの演技力を見せていたように思えるが、視聴率は決して良くはなかった。

  やはりアイドルグループの一員という知名度でしかなかったのだろう。

そして再びの連続ドラマの主役である。

  但し、放映時間は夜中の0時40分〜。

深夜も深夜である。

  更に、内容も内容(笑)。

決してゴールデンアワーに放映できる内容でもないのだろう。

  しかし、ラブコメディーでもある。

まゆゆの演技に期待したいものだ。

しかし、まゆゆも23歳(3月26日をもって)である。

  それにしても最近のまゆゆは笑顔が少なくなった。

あえて、無理に笑顔を作らなくなったのかと思えるほどだ。
しかし、従来のまゆゆを見てきた者としては、自然体であってほしいと思う。

  変に大人ぶってほしくはない。

だからと言って、いつまでもアイドルアイドルでも不自然だろう。

  身の丈の自然さ。

しかし、握手会では相変わらずの人気であり、その人気を支えるのは対応の良さ。
これはやはり、人格を兼ね備えた人を惹きつける内面の魅力であり、その部分では誰も異論は無い。

  このようなドラマの経験を積むことが大切なのだろう。

早くも、期待したいドラマである。








|

« チーム鮮魚 | トップページ | 鮮魚のブラックボックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
その他の春の新番組は後日記しますが、これだけは優先して録画予約しておきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2017年3月22日 (水) 00時05分

宿題ですね!(笑)予約せねば。

投稿: かわらい | 2017年3月21日 (火) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/64987061

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに「まゆゆ」ネタ:

« チーム鮮魚 | トップページ | 鮮魚のブラックボックス »