« 今更のLINE | トップページ | 商売の原点 »

2017年2月 1日 (水)

リスクを取る

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


企業方針と店舗方針。

  まずはトップが企業としての年度方針を立てる。

そこから各企業の年度の事業方針が打ち出される。
それを受けて、中間の事業部や各課の方針が決定し、最終的に店舗や現場での方針が具体的に打ち出される。

  概ねそのような流れで毎年方針が決定されていく。

企業の基本方針とは、目指す方向性であり概念である。
それを受けての事業部では、各部でより具体化された方針が確立され、現場が行動しやすい領域に設定された形で方針が確定されていく。

最終的には、店舗での方針が決定されていくのであるが、店舗や現場ではより具体的な行動計画として立案されていくのであるが、方針が徐々に具体的行動や具体策に決定されていく過程で、そこにはリスクが伴っていくのが通常であろう。

  現場では、より行動しやすい具体策が基本となる。

そうでなければ、現場の人間が具体的に行動できないばかりか、意思統一も不十分な状態で色々な解釈の下に、まとまりの無い集団となってしまう懸念があるからだ。

  だから、現場の方針はより具体的に限定されていくのである。

しかし、より具体的に限定されていくということは、リスクも大きくなっていくということでもある。

  基本的な方針の部類であれば概念として認識される。

しかし、現場での行動計画ともなると、やるかやらないかという具体性が伴う。

  確実にその行動により効果的な結果が伴うのか。

そのような数値責任が伴ってくるのである。

  総論賛成、各論反対。

いわゆる、そのような結果に行き着いてしまう可能性すらある。

  要は、行動が具体的になればなるほど結果が問われるということ。

それは、我々現場の人間に課された宿命でもある。

  結果を出すためにどんな具体策を講じるのか?。

その基本となるのが店舗方針である。
しかし、それを策定できるのは、現場のリーダーである店長以外には誰も策定できないのである。

  それが店長の役割でもあり数値責任者でもあるから。

そして、リスクを負ってでもその具体策を策定して現場の行動を一元管理して効果的な組織運営を行うことが、店舗の店長の役割であり最大の使命でもある。

店長という職位にはリスク回避という言葉は無い。
店舗という現場の数値に責任を負うという役割は、店長以外には負えないのである。

  具体的になればなるほど、リスクを伴う。

しかし、リスクを取らなければより具体的な行動には移せ無いし、部下の行動が集中されない。

  部下の行動が集中するから結果が明らかになるのである。

その為に、店長をリスクを取って組織をより集中できる環境を選択するのである。

  それが店舗方針の姿であろう。

それが具体性を持てば持つほど、結果はすぐ現れ、次への一手も容易に見えてくるというものであろう。






|

« 今更のLINE | トップページ | 商売の原点 »

リーダーシップ」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとございます。
企業の方針と店舗の方針。そして自分の働く意識。
これらが一体化出来れば、企業内での言葉が通じやすく、軸の通った政策が現場まで浸透しやすくなると思います。
縦軸と横軸。
現場から見たときの本部の在り方、幹部の在り方。大切ですね。

投稿: てっちゃん | 2017年2月 6日 (月) 06時16分

あくまでも企業としての大きな方針があっての店舗の方針。なかなか一本化できてません。今のところ良くも悪くも超、個店対応です。(笑)

投稿: かわらい | 2017年2月 5日 (日) 20時15分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
本来であれば、店長が店舗の中で一番販売技術に長けていて、そこからの発信が企業という組織であり店舗でありを販売力のある組織に変革し、そこから部下が育っていくスパイラルを描きたいところなのでしょうが、そのリスクがなかなか取れないのが現状なのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2017年2月 2日 (木) 14時00分

企業方針は言葉は違えど目指すべく目標は同じだと思います。基本的には商品やサービスを通じ顧客信頼の元、継続的発展を遂げる事ではないでしょうか。創業者精神が強い会社は良くも悪くも店舗にもその色合いが濃く店長も創業者の信者にならざる得ない(笑)。
企業が大きくなると共に組織色が強まり結果個店のカラーも標準化、無機質化していく。
規模の大小に関わらず店舗の存在はその地域でのお客様の支持を得なければ存続出来ないのですから企業指針を如何に理解、具現化していく事が店長の職務ですね。企業規模で標準化や画一化に陥り結果店長も具現化するスキルを上げるのを怠ってきた事が今の数値に表れている気がしています。

投稿: dadama | 2017年2月 1日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/64818631

この記事へのトラックバック一覧です: リスクを取る:

« 今更のLINE | トップページ | 商売の原点 »