« 12月商戦 | トップページ | ワンストップショッピングの強み »

2016年12月 2日 (金)

休憩室にて

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は自店の休憩室での出来事。

  午後までのパートさんはそこで昼食を撮る。

そして、私の机も休憩室にある。
 
  “えっ、休憩室に店長デスク?”

そうなんです。私のデスクは休憩室の中(笑)。
それは、その前の店舗でもそうだった。

  なぜか?。

机を置くスペースが他に無いから。
食品スーパーのバックヤードは意外に広い(当社は)。
しかし、別途店長室を設けるほどの余裕は無い。
もし、そのようなスペースがあれば、逆に商品の収納スペースにして作業の効率化を図る方針だ。

  だから、店長デスクは休憩室の中。

これに異論のある方も多いだろう。

  “休憩室で仕事に没頭できるの?”
  “他の従業員がゆっくり休憩できるの?”
  “休憩質が狭くなるんじゃないの?”

等々のツッコミは予想される。
私は、店長がデスクワークをしている姿を見せるのも大切だと思っている。
私は各部門に行って従業員の作業をよく見るが、パートさん達は意外に店長のデスクワークを見る機会はほとんど無い。

  “店長って、ここでパソコンに向かっているんだ”

そんな場面を見せることも大切だと思っている。

  そして私は休憩質でも没頭できる体質ではある。
  休憩室が狭くなれば詰めて座るといことになる。

隣合わせや向かい合わせで食事をするということは、必然的に隣同士の会話が増えるということだ。

  よって、否が応でも従業員同士のコミュニケーションが増えることになる。

私はそれが狙いでもある。

  “理屈をこねているんじゃないの”

そう思う人もいるだろう。
しかし、一人一人がゆったりと座れる環境というのは本当に店舗としてのまとまりを強くすることになるのかと問われれば、それは微妙だ。

  「袖振り合うも多少の縁」

その日たまたま隣に座った方と、昼食を共にしながら会話が弾む。
たまたまだが、それが縁で繋がりが深まる。
そのような関係が休憩室から生まれるという環境を私は大切にしたい。

  だから、12時30分ごろの休憩室は賑やかだ(笑)。

6人掛けの3つのテーブルだから、決して広い休憩室とは言えない。
まして、6人掛けのテーブルが3つだから、ピーク時にはぎゅうぎゅう詰めである。

  しかし、うるさいぐらいに会話が弾む

そんな環境の中で、いろいろな話が飛び交う。
年頃の娘を持つパートさんが多い中で、先日は娘の彼氏の話になった。

  「娘に彼氏はいるのか?。」

私があるパートさんに尋ねた。

  「今は居ないみたいですよ。」

あるパートさんが言った。

  「成績が急に上がったからです(笑)。」

彼氏と付き合っていた頃は、成績が落ち込んだという。
しかし最近、急速に成績が戻ってきたらしい。

  “彼氏と別れたな”

母親の直感らしい(笑)。
また、先日はこんな会話があった。

  「一人娘ではお父さんは可愛くで仕様が無いだろう。」

私が尋ねた。

  「娘の反抗期にはお父さんが二日も寝込みましたよ(笑)。」

可愛い一人娘が突然の反抗期。
その時、このパートさんの旦那さんはあまりのショックに二日間も寝込んでしまったという。

  今だから話せる内輪話。

その時の父親の気持ちはよくわかる(笑)。

  仕事とは別の一面がそこにはあるのだ。



|

« 12月商戦 | トップページ | ワンストップショッピングの強み »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
店長デスク。
その必要性の是非は色々あるでしょうが、それも含めてそのお店の店長が決めることだと思います。
いらないと思えばどこでも(家でも)できるでしょうし、作戦を練る場所と思えば休憩室でも設置できる。そう思うのです。

投稿: てっちゃん | 2016年12月11日 (日) 06時43分

休憩室に店長のデスク!?なかなかないでしょうね。当社の場合は店長用のデスクすらない、という店舗もざらですが。(笑)

投稿: かわらい | 2016年12月10日 (土) 19時25分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
万が一お店に戻る機会。
一度店舗から離れると、ああすれば良かった、こうしておけば良かったという後悔もあろうし、後々そのような後悔の念を抱くのかもしれませんね。
是非とも、戻れる機会を得ることをお祈りしております。

投稿: てっちゃん | 2016年12月 2日 (金) 22時31分

私も開放的な雰囲気は大切にしてきましたが流石に休憩室までは入り込めませんでしたね。パートさんの休憩時間は時給に入りませんし、事務室でも充分に開放的だろうと自己満足してましたから。万が一お店に戻る機会があったら是非とも実践してみたいですね(笑)。

投稿: dadama | 2016年12月 2日 (金) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/64517339

この記事へのトラックバック一覧です: 休憩室にて:

« 12月商戦 | トップページ | ワンストップショッピングの強み »