« 転職する勇気 | トップページ | お客様との関係 »

2016年12月22日 (木)

年賀状作成

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


年賀状。

  もう、出されたでしょうか?。

パソンコんの普及で、年賀状も自作で作成して印刷する時代になった。
以前は、ハガキ作成キットをパソコン購入の度に付いてきたソフトに住所録に保存していて使用していたが、パソコンのソフトが変わる度に住所録も書き換えなければならなかった。

  これが年賀状作成の一大事となっていた。

年賀状作成の一番の課題は、住所録の再設定。

  Macの「連絡先」から直接宛名印刷できればいいのだが。

実際には、有料で提供されているが、500円前後の価格であるしその後のバージョンアップごとに有料で購入しなければならない仕組みになるだろうことを考慮すれば、無料で提供されているソフトの方がゆくゆく安心だろうと思っていた。

そんな時に、一昨年だろうか日本郵便から提供されている無料ソフトの「はがきデザインキット」なるものを見つけた。

このソフトは流石にはがきを製造している日本郵便が提供しているソフトだけあって、使いやすく、更には毎年変わる干支に対しても毎年更新されるため、常に最新の干支のデザインに更新されるのが嬉しい。

  そして一番重要なのが住所録。

この住所録は一度作成してしまえば、後は住所録は書き換える必要は無い。
毎年の更新も住所録には影響しない。
まして日本郵便から提供されているソフトだから、突然のストップも無いだろう(笑)。

  ということで、一昨年前からこれを使用しているのだ。

これがまた使いやすいのである。

  住所録もわかりやすい。
  干支は毎年更新される。

さて、今年もちゃっちゃと済まそうか。
そう思って取り組んだ年賀状印刷。

  しかし、思わぬ落とし穴が。

これも毎年つまずく落とし穴があった(笑)。

  印刷設定の違い。

ハガキ印刷が故に、プリンタ設定を変えてハガキ印刷のフチありとフチ無しの切り替えを設定しなければ郵便番号が枠の中に印刷されない等の印刷設定変更に気が付かず、約2時間のタイムロス。

  更に・・・ 。

インク切れにて、再度ネットで購入した格安インクに取り替えたが、ヘッド清掃をしてもインクが出てこないといトラブル。

  何度かヘッドクリーニングを繰り返してトライ。

10枚ほどテスト印刷を繰り返し、約1時間のタイムロス。

  ようやく3時間〜4時間かけての年賀状印刷(泣)。

年賀状印刷のソフトは便利になっていくが、あまりカラー印刷や印刷設定をしないばかりに手間取った印刷設定という関所。

  何度繰り返しても、自前の年賀状印刷は手こずるものだ。

「これじゃぁ〜、手書きの方が早いかもな(笑)。」

  そんなこんなの年賀状作成だった。




|

« 転職する勇気 | トップページ | お客様との関係 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
ぜひ、大晦日までには追いついてくださいね(笑)。
何としても借金のない年越しをしてください。

投稿: てっちゃん | 2016年12月28日 (水) 22時53分

印刷は嫁さんに頼りっぱなしです。しかも28日現在、まだ出していません。てっちゃんの店長日記のコメントも年内に追いつかなければならないし、今年も残すところ後3日。寝る時間が惜しい。

投稿: かわらい | 2016年12月28日 (水) 22時14分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
まずヘッドが汚れていて、カラー印刷に辿り着かないかと思われます(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年12月22日 (木) 20時13分

私も昨年追加の年賀葉書を印刷しようとして「はがきデザインキット」の存在を知りました。デザインキットに追加した名簿は残っておりましたが以前から使用していたソフトのデータは壊れており同じく入力のやり直しです(笑)。プリンターも最近は年一回の起動ですから危ないですねぇ・・・まだ印刷まで辿り着いてませんが(笑)。

投稿: dadama | 2016年12月22日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状作成:

« 転職する勇気 | トップページ | お客様との関係 »