« 美味しさの概念 | トップページ | リスク想定 »

2016年8月10日 (水)

祝・男子体操団体

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日の早朝。

  リオ・オリンピック。

念願の男子体操団体で金メダル獲得のニュースが飛び込んできた。
テレビのスイッチを入れた途端に、NHKのライブ放送のことだから生中継だったのだろう。

  男子体操。

内村航平の個人総合の金メダルは堅いとしても、団体は不透明な部分があった。
ましてや前日の予選の順位は4位であったから、諦めかけていた矢先である。

  オリンピックという舞台には魔物が棲む。

高校野球の「甲子園には魔物が棲む」という例えや上記のような例え。
大きな舞台になればなるほど、普段の力は発揮出来ない。

  大舞台とはそういうものなのだろう。

期待された選手が期待通りの力を発揮し、結果を残すことがどれほど難しいか。
自分自身でもそうだし、このような大会での日本選手団の過去の事例でもそうだ。

  本番に安定した力を発揮する選手。

意外に日本人は大舞台に弱いように思う。

  しかし逆に力を発揮する場面もある。

団体という種目になると神がかりな力を発揮するのである。
今回の団体戦もそうだ。

  予選4位からのスタート。

そのハンデは大きい。
しかし、男子団体はここから神がかりなまとまりを発揮する。

  そのきっかけは白井健三。

体操団体のルールは以前と変更され、現在は5人の選手団を結成し、種目別に3名が登録される。以前は5人の演技者のうち上位3名の記録で点数を蓄積していったのだが、現在は3名の演技者全員の点数が蓄積される。

  要は、1名でも失敗がゆるされない。

そんな環境になると、日本人は自分の力を発揮しやすいのだろうか。

  個人のプレッシャーを団体という力で相殺してしまう。

そして、何のプレッシャーも無い今回初登場の白井健三の跳馬で追い上げる日本の構図を鮮明に色付けた瞬間だった。

  白井健三は跳馬と床に二種目のみの演技。

その最初の跳馬。
床運動と違って、跳馬は一瞬の出来事。
それも個人と違って2回は跳べない。

  一度きりの演技。

そこで難しい「白井」という自分の名前を冠した演技で着地をピタリと決めた。

  ここから日本の猛烈な追い込みがかかった。

跳馬〜平行棒〜鉄棒。

  出場選手が全てため息の演技を繰り返した。

上位の中国、ロシアがプレッシャーの中で失敗を繰り返す中、団体日本は団体という絆に結ばれて一糸乱れぬ演技を繰り返す。

  鉄棒を終わったところで僅差ながらも首位に躍り出た。

そしてラストの種目。

  日本が現在、一番得意とする「床」を迎える。

これも巡り合わせの良さ、運の強さなのだろう。
そして、その象徴がやはり白井健三。

  床では現在の世界ナンバー1。

その圧倒的な技と演技で16点台を叩き出す。
更に、加藤、内村と続き、金メダルを確実なものにした。

  4位からの大逆転。

笑顔の団体優勝の瞬間であった。

  団体へのこだわり。

それは、内村航平が前回オリンピックでの2位の時から言い続けてきた勝利である。

  「個人総合よりも団体で金メダルがほしい」

その思いの強さが、今回の絆を生み、絶対の団結力を生んだのであろう。







|

« 美味しさの概念 | トップページ | リスク想定 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
白井だけはコメントも跳んでいて一味違っていましたね(笑)。
床の種目別は確定でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2016年8月12日 (金) 23時11分

見てる方も緊張しましたね。(笑)しかし緊張と無縁の白井健三、今後さらなる活躍が期待できそうですね!

投稿: かわらい | 2016年8月12日 (金) 20時20分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
今回は個人戦は間違いなく内村航平でしょうから、なおさら団体戦での金メダルは本人が一番喜んでいるでしょうね。
そして、今日は女子団体も久しぶりの4位と大健闘。嬉しい結果ですね。

投稿: てっちゃん | 2016年8月10日 (水) 07時17分

団体戦には日本人固有の想いが入りますね。連帯感・チームワークに課せられる個人の責任。
重圧は計り知れないのでしょうがポジィティブに捉える事が出来るのが日本人の強みでしょうか。
器具やマットの質感が日本とは異なる事が予選で苦労したと聞いてますがそれをきっちり修正出来る能力も素晴らしいですね。
感動と元気を与えてくれた選手に拍手です。

投稿: dadama | 2016年8月10日 (水) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/64033657

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・男子体操団体:

« 美味しさの概念 | トップページ | リスク想定 »