« 初めてのミーティング | トップページ | 採用の一考察 »

2016年7月21日 (木)

お通しと突き出し

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、50分の通勤時間の中でクルマで流れていたラジオから、

  突き出しに対する料亭の見解。

なるものが、流れていた。

  突き出し。

詳しく説明すると、我々がよく飲み屋に行ってすぐに出てくる「お通し」と今回の「突き出し」とは、どう違うのか。

  お通しは主に関東。
  突出しは主に関西。

そのようなネット検索の見解もあったが、頼みもしないのに勝手に出てきて料金を支払うという制度が一部問題となっており、最近はお通しや突き出しがチェーンストアの飲み屋から消えてしまったはそのせいだとこれで分かった(笑)。

いろいろと能書きを書いたが、ここではお通しで統一したい。
そして、ラジオから流れていたテーマは、食べ歩きで印象に残ったお店。

  そこに、お通しが出てきたのだ。

我々が一般的にイメージする「お通し」とは、飲み屋に行ってお酒を注文すると取り敢えず出てくるつまみ。

  取り敢えずビールを飲みながらつまむ「お通し」。

そこには、何の感慨も無い。

  取り敢えずつまむもの。

その程度の認識しか抱いていなかった。
しかし、このラジオから流れていた食べ歩きで印象に残った料亭の主人が言うお通しの見解を聞いて一変した。

「料亭にとっての売りである料理は美味しくて当たり前、しかしその前にお通しとして出てくる料理はお客様が一番初めにこの料亭で召し上がる料理であるから、このお通しに関しては死ぬ気で作る」

  なるほどと思った。

本来無料であるお通しに対して、死ぬ気で作る。
それは、私もそうだったが誰も期待していない料理であるから。

  その期待度ゼロが感動に変わったら。

そのギャップがお客様をして、その料亭を虜にしてしまうだろう。
そして、そのギャップを生み出すのが、商売の腕でもある。

  誰も期待していないお通しに「死ぬ気で取り組む」。

客商売として、商売の本質ではないだろうか。

  強みを徹底して強化していく。

これは当然としても、誰も期待していない部分、特にそれがお店の顔であり一番目立つ部分であるところに全力を尽くす。

入口の清掃、トイレの清掃、入口の青果部門やお花部門での打ち出し等々。

  再度、それらの状態を競合と比較してみたい。








|

« 初めてのミーティング | トップページ | 採用の一考察 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
その考え方ですよね。
やはり一流の仕事人の発想力は素晴らしいと思います。

投稿: てっちゃん | 2016年7月27日 (水) 06時40分

確かに何気無く食べていますね。そこそこ美味しくいただいているとは思いますが感動するようなお通しには出会えていませんね。色々な商売に応用出来る素晴らしい考え方だと思います。

投稿: かわらい | 2016年7月26日 (火) 21時46分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
数値化できない人間の感動という評価。
その感動という目に見えない評価の蓄積が結果的に数値に転換されるもの。
それは自分で感動できる人間になれることが前提ではないでしょうか。
感動とは他者からは見えない本人の評価。
同じ物を見て同じ感動を得られる感動の共有化が図れる事が、強い組織の条件かもしれませんね。

投稿: てっちゃん | 2016年7月25日 (月) 09時59分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
私は、折りたたんだダンボールのケースの隣に、潰さないダンボールを多少置いています。
潰す手間も省けて楽だし、お客様もそのまま利用できるので、そちらからなくなっていきますね。

投稿: てっちゃん | 2016年7月25日 (月) 09時48分

目に見えないもの、見えづらいものに対する評価は難しいですね。販促pop、売場演出、接客態度。それらをやったら、いくら数字が上がるのだと……。

けれど大切なものは、目に見えないんだよ
という星の王子様にある言葉のように、
見えづらいものにこそ手を入れることに
次に繋がる何かがあると信じて前を向いていきたいですね。

投稿: 神出鬼没 | 2016年7月24日 (日) 08時00分

コメントが遅れ失礼しました。今新店応援で連日酔い潰れの日々を過ごしております(笑)。話しは多少逸れますが当社新店オープン時基本的にはお客様がご利用する買物用ダンボールを組み立てお出ししています。ダンボールは用意しても組み立てはガムテープ等でお客様が各自に組み立てるのが一般的だと思いますが
組み立てる事によりお客様がストレスなくお買物が出来、結果サッカー台での滞留時間も減らし混雑を緩和出来るのでサービスの一環として当社の昔からの習わしになっています。男3人がかりで2000個以上組み立てる作業は非効率ではありますが有益な作業と信じております(笑)。

投稿: dadama | 2016年7月24日 (日) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63926036

この記事へのトラックバック一覧です: お通しと突き出し:

« 初めてのミーティング | トップページ | 採用の一考察 »