« 気がつけば真夏 | トップページ | 見慣れた光景 »

2016年7月 5日 (火)

店舗施設の変遷

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


店舗施設。

  施設の進化もスピーディに進化している。

店内照明がLEDに変更されていくのは当然としても、セキュリティーシステムから冷蔵システム、店内照明のリモコンシステム、売場の冷蔵機械の設定システム、防火管理システムに至るまで、すべての店舗管理システムが以前よりも更に進化しているのがわかる。

  どんな部分で進化しているのか?。

それは一言で言って、操作が分かりやすくなったこと。

  面倒な設定や操作が省かれたことだ。

以前は、この取り扱い説明に丸1日を要したのだが、今回は数時間で終了した。

  それは、システムの操作が簡略化されたおかけである。

まずは、照明設備のランプの在庫を持たなくて済むと言うメリット。

  LED以前のランプは機種毎に在庫を持った。

その在庫だけで、1本のシステムラックを要した。
この在庫がなくなっただけでバックヤードが有効に使える。

切れるという現象がなくなるから、取りかえる必要もなり。

  在庫を持たない、取り替えない。

店内照明が100%LEDに切り替わり、その手間がかからなくなった分、店長副店長の余計な手間がなくなる。

更に、セキュリティー面。

  セキュリティにカードをかざすだけ。

カードを入れて抜いたりする必要がないから、誰も間違いは少なくて済む。

  また、店内照明のスイッチ類。

より使い易い位置に設置されている。
出口の扉付近や入口付近に設置されているから、消灯してすぐ外部に出られる設計は嬉しい。

店内照明やその他の照明スイッチは、そのほとんどがタイマー式に設定されているから、特別な営業時間変更でもない限りは、黙って点灯し黙って消灯する。

冷蔵ケースの照明もタイマー式に変更されているし、その点灯消灯のスイッチも一段と簡略化されているのは嬉しい事だ。

  どんどん進化していく店舗設備。

それに似合うだけの店舗運営の精度を高めていかなければならない。

  しかし逆に言うと、一度電源が落ちた場合に不安は増す。

アナログ的な使い方をしなければならない時にはどうなるのだろうか?。

  そんな不安はよぎる。

まぁ〜、そんな場面は一年で何回あるのか。
このような店舗施設で、今後は仕事をしていけるかと思うと、ワクワクドキドキである。






|

« 気がつけば真夏 | トップページ | 見慣れた光景 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
掛けた金額は正直ですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年7月 9日 (土) 06時53分

確かに色々な設備が格段に進歩していますね。前回の新店から8年も要した今回は特に感じました。3月には早速停電の憂き目にあい安く済ませた設備を痛感いたしました。(笑)

投稿: かわらい | 2016年7月 8日 (金) 20時12分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
機器は使用環境でその効果が異なりますから、オープン前後での始動運転時とお客様が来店されてからの効果もまた変わってくるもの。
結構な箇所での不具合により業者さんとのやりとりも頻繁でしたね。
まだまだ順調な環境に再設定していく必要がありそうです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年7月 6日 (水) 10時20分

後方作業の軽減はより売場に集中出来ますからありがたいですね。夏場の空調や冷蔵・冷凍系統のトラブル・・・今年は酷暑が予想されてるので覚悟が必要かも。新店は機器は新しくても使用環境によって思いも寄らぬ事が発生しますから気が抜けませんね。当社でも最近の改装店舗で冷凍平ケースの上にエアコン吹き出し口があるのを見落とし気流が乱れ冷凍が効かないトラブルがありました(笑)。

投稿: dadama | 2016年7月 5日 (火) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63843753

この記事へのトラックバック一覧です: 店舗施設の変遷:

« 気がつけば真夏 | トップページ | 見慣れた光景 »