« 谷をどう生きる | トップページ | 速報 »

2016年6月 4日 (土)

40代の後悔

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、@niftyニュースを見ていたら、こんな記事が出ていた。

  定年退職者の後悔。

定年退職者が、今までのサラリーマン人生を振り返って、何に一番後悔しているか?。

  という問いに対して、

40代の時の時間の使い方に対しての後悔が多いということだ。

  40代での時間の使い方。

そもそも40代とはどんな時期なのだろうか?。

  20代は現場で基本を身につけた時期。
  30代は商品部として組織の駒の時期。
  40代は店長として組織を担った時期。
  50代は従来のキャリアを生かす時期。

そう考えると、40代というのは、20代、30代とは違い、組織をマネジメントする業務内容に切り替わる時期ということになる。

この時期に、時間の使い方についての後悔をする方が多いということなのだろう。
確かに40代以前は、仕事を覚え、組織の駒としての意識が強かった。
だから、与えられた仕事の流れについていこうという意識が強かったように思う。

  しかし40代は自ら組織運営をする立場。

既成のルーティン業務をこなすというよりは、自らルーティン業務を生み出すという仕事となる。

  要は、考えて生み出す仕事がメインとなる。

従来と比べると、生み出すということが仕事のメインとなるということだ。
そして、そのことに対しての時間制限は無いというのも特徴か。

  時間は無制限にある。

そんな意識が、後々後悔するということになるのだろう。
自らはルーティン業務をあまり持たないため、時間に縛られるということも少ない。
だから、時間に対して自分を律して行動するという業務内容から解放されてしまい、逆に時間をコントロール出来なくなってしまうのだろうか。

  自分の経験としても無駄な事に時間を費やした後悔はある。

その時は無駄な時間、優先すべき事項の優先順位という発想が無く、逆に優先順位の低い事項に時間を割く使い方をしていた記憶がある。

  もっと効率よく時間を使えばより多くの事をこなせた。

そんな後悔はある。

  更にはプライベートでも多彩な変化が起きてくる。

子供の成長、女房との距離、両親の死、引っ越し、転職等。

  仕事とプライベート両面での環境の変化。

この事が、尚更時間の使い方を複雑にさせていくのだろう。

  そして50代になってようやくその答えが見えてくる。

50代になると、それらすべての答えが見えてきたり、感じてきたり(笑)。

  一番見えなかったのが40代だったかもしれない。

いろいろな選択肢があり、その時々でその選択を求められ、今後の人生を左右させる場面の連続が40代なのである。

  ようやく落ち着く50代後半から定年後にそれを後悔する。

“あの時、こうしていれば良かった”

  その一つが、時間の使い方。

しかし、皆が後悔しているということは、誰もそれを40代で実践できなかったという裏返しでもある。

言えることは、昨日も記したが、谷の時に如何に生きるか。
前回の谷を教訓に、新たな谷に何を指針として自らを律して自律したブレない生き方ができるか。

  その繰り返しではないだろうか。







|

« 谷をどう生きる | トップページ | 速報 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

KOZOさん、コメントありがとうございます。
中国では40にして惑わず。
日本では40からが厄年。
お国柄なのか土地柄なのか、はたまた平均寿命なのか、(笑)。
いよいよKOZOさんも、こちら側に足をつこまれるのですね、楽しみですね😁。

投稿: てっちゃん | 2016年6月 5日 (日) 20時48分

あと2か月ほどで40代ともお別れ。
順風満帆に感じていた40代のスタートも、半ばで最初のまさかが起き、そして40代ラストの年でのまさかの体験。
孔子は「四十にして惑わず、五十にして天命を知る」といわれていますが、まだまだ惑い続けそうです。

投稿: KOZO | 2016年6月 5日 (日) 19時20分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
何れにしても40代は激動。
従来の生き方と今後の人生に一番自問自答する時期。それだけ企業を背負った変革の当事者となる時期でもあります。
ここで気持ち的に逃げずに家庭に仕事に邁進してほしいものです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年6月 5日 (日) 08時00分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
コンプレックスが人生のバネに。
そう考えると、やはり挫折や敗北がその後の人生に知恵や気力を生むのでしょうか。
それを笑い話で語れる60代にしていきたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2016年6月 5日 (日) 07時45分

10代、20代、30代とそれなりに後悔はありますが、一番後悔する人が多い40代、『明日やろう』のくせを直さなくては。(笑)

投稿: かわらい | 2016年6月 4日 (土) 20時39分

人間色々な分岐点を通りますよね。あの会社に就職していれば、あの時転職していれば、あの異動を受けていたら、あの時告白していたら(笑)。それを後悔とするか励みのバネにするか。仕事に関する事は理性的に考える事は出来ましたが、恋愛に関してはコンプレックス丸出しで感情的になる事ばかりでしたね。「あの男よりは絶対幸せな人生を送ってやる!」の闘志が意外と自分の今の人生を支えていたのかもしれません(笑)。稚拙ですが(笑)。

投稿: dadama | 2016年6月 4日 (土) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63704259

この記事へのトラックバック一覧です: 40代の後悔:

« 谷をどう生きる | トップページ | 速報 »