« 四惚れ | トップページ | 売場を見る目 »

2016年4月27日 (水)

囲碁の世界

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、NHKの仕事の流儀で放映されていた。

  「7冠達成緊急アンコール」。

4月20日に囲碁の国内7冠を達成した井山裕太氏の緊急特集だった。
この番組は2年前に放映された映像に多少の修正を加えて、7冠達成を記念してアンコール放映したものだった。

  囲碁という全くの場違いな世界。

将棋は多少わかるが、囲碁は全くの無知。
それでも、録画した手前休日の朝に観た。

  映像は2年前の名人戦。

その対戦を通して、井山7冠の対局スタイルを流していた。
そこでは、周囲をアッと言わせる打ち方から、「井山だから許される打ち手」という表現がよく使われていた。

  それは小さい頃に着いた師匠の自由な指導から。

「元気いっぱい打ちなさい」

  それが、当時の師匠の教え。

本人の自由な発想を殺したくなかったのだという。
そんな井山が中学を卒業してプロになる。

  そこから大きな壁が立ちはだかる。

プロの洗礼である。
小さい頃は「天才」ともてはやされたが、レベルが上がれば上がるほど実力は拮抗し、自由な発想だけでは限界がくる。

  勝負際の詰めの甘さ。

それは、自分への自信の無さからくる不安。

  しかし、なかなかそこにたどり着かない。

周囲に影響される自分の一手。

  囲碁も将棋も人生の縮図のようだ。

囲碁の瞬間瞬間の打ち手。

  その打ち手の選択が人生の選択そのもの。

人生も若年の時代はその打ち手(選択)に自信が持てないから、迷い戸惑い失敗して後悔する。
そんな失敗を繰り返して、自省を繰り返し、自分に自信が生まれ、そして徐々に後悔の無い選択が見えてくる。

  人生の後半になるに従い、前半戦をひっくり返せる余裕が生まれる。

囲碁の瞬間瞬間の打ち手。

  人生の一手も、大きな岐路となる。

どの道を選択するか。
それは、自分の将来の進路を決める大きな選択もあろうし、日々の仕事への取り組みという日々の小さな選択もあろう。

  大きな選択以上に日々の選択が重要な場合もある。

日々の選択で、楽することを選択するか、厳しいことを選択するか。
その場面では楽な選択をしても、後々のことを考えると、厳しい選択によって自分の人生が大きく変わることは多い。

  その瞬間は回り道と思えることが後々になると直線だったりする。

そう考えると、その瞬間にじっくり考えて自信を持って選択した事実は変えることはできない。
そして、その自信のある選択は、その場面では失敗に終わったとしても、いずれその経験や挑戦が自分を大きく成長させ、楽な選択のくり返しの何倍もの効果を自分にもたらしてくれるのである。

  人生に遠回りという言葉は無い。

その時に遠回りしたと思えても、その遠回りには必ず意味があり、それを真剣に取り組んだ人間にのみ大きな意味を後々に与えれくれるのである。

  囲碁の打ち手。

この番組を通して、そのことが再認識されたのである。








|

« 四惚れ | トップページ | 売場を見る目 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
いずれも、基本がしっかり積まれての話。
初めから自由奔放に行動することがベストかと問われれば大きな間違いに陥ることは明白だと思います。
ただし、守破離の如く、どこかで破り離れていくことも必要。参考になる番組でした。

投稿: てっちゃん | 2016年4月30日 (土) 09時35分

囲碁でも将棋でもプロの世界で7冠もの偉業を成し遂げる人は特異な人生観を持っているのでしょうね。若くしてトップに上り詰めたとしても、ただで手に入れた強さではないのでしょう。

投稿: かわらい | 2016年4月29日 (金) 20時42分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
世渡りの上手さを嫉妬したときもありましたが、自分らしく生きていくのが一番生き生きできますね。

投稿: てっちゃん | 2016年4月29日 (金) 07時34分

失敗から学ぶ。泥臭いですが一番身に染みるのが失敗して痛い目に合う事。周りの空気を読み自ら失敗に手を染めず上手に世渡りされる方もおられますがそれも才能。才能のない私は痛い目に遭いながら成長するしかないようです・・・てか残された時間も無いのですが(笑)。

投稿: dadama | 2016年4月27日 (水) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63538771

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁の世界:

« 四惚れ | トップページ | 売場を見る目 »