« 心の葛藤 | トップページ | 春の新番組から »

2016年4月23日 (土)

笑顔から始める

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


新店開店における店舗での研修も3週目を終えた。

  少しずつ形になってき見えてきたようだ。

人材はまだまだ不足しているが、第一陣で入社された方々の力みがようやく取れ、少しずつではあるがやっていく自信のようなものが見えてきたようだ。

  なぜ、そんなことがわかるのか?。

新規採用のパートさん達の朝の挨拶に笑顔が見られてきたからだ。

  入社直後は強張った表情が目立った。

当然である。
まだ右も左もわからない中で、いろいろな決め事やマニュアルを見せつけられ、更にはベテランパートさん達からスパルタンは作業や行動を見せつけられ、多くの新規パートさん達は「付いていけない」と思ったハズである。

それらは、研修日誌や直接のコミュニケーションによって伝わってはいた。

  しかし、これは誰でも通る道。

それも、せいぜい2週間程度から見ていたから、徐々に心に余裕が出てきているのも予定通りではある。

  朝の笑顔。

実に気持ちのいいものである。

  朝という時間は、1日の始まり。

その時間帯に出社し、出会ったパートさん達や部門への挨拶まわりから私の1日がスタートする。

  そこで何人かのパートさん達が笑顔を迎えてくれる。

全てのパートさん達がそうなってくれれば理想ではあるが、やはり中にはいろいろな物を背負いながら出社している方もいるだろう。

  笑顔での挨拶。

特に、朝の挨拶は一番重要なポイントを握っていると思う。

  そこで気持ち良く笑顔で挨拶が交わされたら最高のスタートが切れるからだ。

そして、挨拶の一番のポイントをここに集中すれば、店舗全体も活気あるお店としてお客様にも支持されていくだろう。

  そしてそれは心の余裕があって初めて出来ることでもある。

その余裕がここ数日から生まれ始めてきているのは嬉しいことである。

  笑顔とは、その人の最高に魅力のある表情である。

笑顔に勝るものはない。

  どれほどのモノを持ってしても敵わないその人の武器である。

その武器を活かして、他人をコミュニケーションを図る。
これが1日の始まりとして、その人が評価されていくのである。

  どうせ同じ1日を過ごすのなら。

どうせなら、笑顔あふれる表情で1日を始めたい。
そして、それが自分が受け持つお店の1日の始まりであったなら、これこそ理想の姿である。

  その日の全体朝礼では、そんな話をした。

まず、家庭という一番身近な存在のところから笑顔で挨拶をしてみてください。

  人生が変わりますよ(笑)。

そして、出社した時に中に笑顔で挨拶してみてください。
全体朝礼で、笑顔になるのは当たり前。
それ以前に、もっと早い時間帯から、笑顔で迎える人達がたくさんいるはずです。

  この場はその集大成の場なのですよ。

その後の挨拶訓練は、いつになく元気な声が発せられていた。







|

« 心の葛藤 | トップページ | 春の新番組から »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
なんでもそうですが、身近なところからできることが基本だと思っております(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年4月27日 (水) 06時14分

まずは1番身近な家族への挨拶から1日のスタート。ぶれることのないてっちゃんの鉄則ですね。

投稿: かわらい | 2016年4月26日 (火) 22時00分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
多少の精神的な余裕が生まれてきたことだけは確かなようです。
それを確固たる自信とプライドに仕上げていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2016年4月23日 (土) 21時37分

教育での笑顔は作られた笑顔。伝わる笑顔は真心から生まれる笑顔・・・その源は自信とプライド。着実にてっちゃんイズムが浸透していくようで何よりです。

投稿: dadama | 2016年4月23日 (土) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63508757

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔から始める:

« 心の葛藤 | トップページ | 春の新番組から »