« まゆゆの活躍 | トップページ | 初会合を前に »

2016年3月14日 (月)

縛られない自由

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日は、フリーな売場を記した。

  自由に売場を考え実践することで身につく効果。

この効果が販売力を高め、自ら考え自ら行動し結果を出すという仕事の楽しさとやりがいを得ることができるという内容だった。

  本日は、その自由さを考えてみたい。

実社会にしても業界内にしても、また企業や店舗にしても、周囲にはいろいろなルールが敷かれている。

人間の根本的な倫理といルールもあれば、その倫理に即して実社会で周囲の人々とより快適で安心して生活していける為のルールがあって初めて人間社会で生活ができるのである。

同様に企業内でも店舗内でもより効率的に平等で公平な従業員の暮らしを守りながら、企業としても営利と倫理の両立を図った行動指針としての考え方や具体的なルールが存在する。

そして、より具体的に日々の営業活動に対してもルールは存在している。

  その具体的な一つが日々の行動指針である。

毎日の中で、それぞれ役割に即して出社直後、開店前、開店後、ピーク前、ピーク後、閉店前、閉店後等々の時間帯別のあるべき姿を追っての行動指針もその一つであろう。

その指針のおかげで、技術の高低に関わらずある程度標準的な売場が維持され結果が約束されている。

  このルールと指針とマニュアルによって日々の行動が進められていく。

これによって、我々の店舗内での行動は相当効率良く行動できるように整理されている。

  もしルールやマニュアルの無い店舗運営であったなら。

現在維持されている効率は十分の一程度に下がってしまうだろう。
そう考えると、個店経営やフリースペースの拡大等の方向へ向かうということは、従来の効率を破壊することにもつながるのである。

  かなり言い過ぎな表現ではあるが、そういう方向へ進むリスクは高い。

それを承知で、個店経営という方向へ進まなければ企業として競争力を失ってしまうという危機感も、個店経営を標榜しようとする流れになっているということだろう。

  “では、どうすれば競争力の高い組織運営ができるの?”

どのような割合で標準化と個店経営のバランスを取るかという区分けであろう。

効率を求めれば標準化に進み、行き過ぎれば個店の競争力と競争意欲を失う。

  標準化を進めながらも競争意欲をどう維持するか。

だから、7割の標準化と3割の個展経営という方向性。
その微妙な割合をイメージとして全従業員が受け入れるかという認識が重要になる。

  しかし、3割の個店経緯とは相当高い割合でもある。

効率の高い7割の標準化によって組織は少ない時間を有効に活用できるが、その少ない時間の中でより効率の悪い領域を自ら考え自ら行動し自ら検証結果を出していく。

  個店の問題を如何に効率良く個店で解決していけるか。

これが出来れば意欲も高まるだろうし、出来なければ誰かのせいにして放棄してしまう可能性すら考えられるのだ。

  私は今、新店準備室で行動している。

店舗という標準化の枠からはみ出した領域である。
今取り組んでいることは、再度新店を引き受ける立場にならない限り、二度と経験しない事柄に向かっている。

  採用から教育、そして開店。

開店してもおよそ一年間は新たな季節や初めてのお盆、年末年始という初体験を経験していく。

  その過程で自ら考え自ら行動してかなければならない。

自ら考えて仮説を立て行動して検証し結果を残していく過程というのは、非常に効率は良くない。

標準化された店舗で1日を過ごすことを考えたら、その効率は十分の一程度であろう。

しかしそれでもそのことを経験することで、次回からの仮説検証の時間は大いに短縮され、自ら考えて行動する時間も大幅に短縮されていく。

  短縮された分だけ自分の考える力が身についていきたということだ。

実際の店舗での活動を、そのことからどうのような割合で取り入れていくか。
ここに、標準化と個店経営のバランスが隠されているのではないかと思う。

  その事を踏まえた中で、効率の良い教育課程を踏んでいきたいものだ。






|

« まゆゆの活躍 | トップページ | 初会合を前に »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
標準化すべきところと個の力を活用するところ。
個店経営の土台となるチェーン化の基本を有効に活用されての個店経営を確立してこその強さなのかとは思います。
それだけの現場での頭数の問題も今後の大きな課題ですからね。

投稿: てっちゃん | 2016年3月15日 (火) 08時50分

当社も個店裁量と仕組みのアンバランス、とりわけオペレーションのマニュアルが存在しない事が課題だと思います。オペレーションを後回しにして商品を本部主導で画一化してきた。そのツケが今の業績に表れているのでしょう。地域最適な品揃えをどのように仕組み化し現場で最大限の売場展開をする事が肝ではないでしょうか。

投稿: dadama | 2016年3月14日 (月) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63321541

この記事へのトラックバック一覧です: 縛られない自由:

« まゆゆの活躍 | トップページ | 初会合を前に »