« 継続するは力なり | トップページ | 50男の土下座 »

2016年2月13日 (土)

自分との対話

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


最近読んだ本。

  田坂広志著書 「仕事の技法」 講談社

正確には、現在読んでいる最中ではあるが(笑)。

田坂さんの本はこれまでもたくさん読んできた。
現場で仕事をしている人間にとって田坂さんの著書は非常にわかりやすい。

  特に、現場のリーダーにとっては何よりのバイブルである。

そして今回のテーマは、「言葉以外のメッセージ」。

  この世は人間社会。

この人間社会で、人はまったくの一人では生きてはいけない。
必ず、どこかで、他人と関わりながら自分も生きていく。

  ほとんどの人間はこのような原理でこの世を生きていく。

そして、人間社会の中で学校で学び、社会に出て仕事に就き、組織の中でリーダーとなりながら家族を持ち子供を育てながら老いていく。

  生まれた時から人と関わりながら生きていく。

そのような環境の中で、他者との関りを現在は言葉というツールでほとんど通じてしまうのであるが、それは氷山の一角であり、自分と他人との関りは言葉以外のメッセージや表現で自分の内面や相手の心理を読みながら組織の中で自分の存在を維持していくのである。

  言葉以外のメッセージを理解しない限り生きていけない。

極端な話、このような世界がこの世の実態であり、特に日本人は、言葉以外のメッセージを大切にする人種である。

そんな環境を踏まえて、この本は、田坂氏が企業の組織人として学んできた言葉以外のメッセージを如何に理解して自分のコミュニーケーションに役立ていくかが記載されている。

  特に、営業面の事例が数多く記載されている。

よって、場面想定がしやすく、その状況を自分で想定することができるからわかりやすい。

  そこで著者が強調するのは「振り返り」。

その日の会議やプレゼン、営業面での場面を、その後の早い時間で振り返り反省すること。

  自分一人だけではなく出席者全員で振り返ること。

そこで大切なのは、自分たちのプレゼンの出来栄えや自分の発言ではなく、相手の出席者の表情や言葉、その強弱を最初から最後まで振り返り、周囲の人間達の深層心理を憶測することである。

  それを全員で思う所を全て出していくことである。

そのことで自分が見落とした周囲の表情や行動が時系列で明らかになる。
そして、その周囲の行動や言葉の裏に隠された相手の深層心理を推測するのである。

  “あの言葉の裏側には何が隠されているのか?”
  “あの好意的な表情の裏に隠れているものは?”
  “あの二人の会話に隠されているものは何か?”

等々の時系列での場面を議題のテーブルに乗せて、その一つ一つの相手の心理を皆で推測してみる。

当初は、何も出てこなくても、この行為を繰り返すことにより徐々に、時系列の中でもストーリーが見えてくるという。

  “これは使えるな(笑)”

率直にそう思った。
ほとんどの方がそうだと思うが、会議は重要なプレゼンの後に自分のチームでこのような振り返りをしたり反省をしたりはなかった。

  特に、周囲の人間達の心理面についての深層心理の探求は無かった。

この訓練は非常に重要だし、我々小売業に携わる人間達にとってはお客様との会話はあっても同業者同士の会話や取引先を相手にした会話でこのような訓練は無かった。

小売業に囚われずに、人間としての生き方に活かせるであろうと思うのである。





|

« 継続するは力なり | トップページ | 50男の土下座 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
このような取り組みを自社の組織風土にしてみたいものですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年2月16日 (火) 00時21分

楽しそうな本ですね!私も読んでみます!

投稿: かわらい | 2016年2月15日 (月) 21時00分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
内面が通じる仲間たちの間では、内面を憶測するというよりは、内面を出さない罪を問うべきかと思うのです。
それをコアメンバーから徐々に広げていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2016年2月13日 (土) 23時55分

私は単細胞ですから相手の内面や深層心理を探るのは苦手です(笑)。少なくともてっちゃん会では何の憶測もせず相互信頼で語りあえる貴重な場として進化を遂げていきたいですね。

投稿: dadama | 2016年2月13日 (土) 20時22分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
この本は、後で振り返った時にその時の状況から各人の深層心理を読むことにあります。
第10幕での冒頭の私の挨拶から、私が何を発したかったのか、私の奥底に何が横たわっていたのか、是非推測していただき、後で教えていただければ幸いです。
でも小売の人間たちは、このような人間観察は意外に苦手ですよね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2016年2月13日 (土) 07時13分

先日はありがとうございました。
私も帰りの車内で読んでおりました(笑)
早速、私もTTPしようと思います。

投稿: 神出鬼没 | 2016年2月13日 (土) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/63191086

この記事へのトラックバック一覧です: 自分との対話:

« 継続するは力なり | トップページ | 50男の土下座 »