« 年末商戦に思う | トップページ | 道路の開通 »

2016年1月 4日 (月)

人事異動という縁

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


元旦が過ぎ、今年度も本格的に動き出した。

  昨日初商の方は、元旦からの営業ご苦労様です。

更に、本日まで休業し明日から本格的に初売りを行う企業もあることだろう。
しかし、普段のお客様が本格的に店舗へ戻ってくるのは後数日を要するだろうか。

  新たな年の幕開け。

企業によっては、本格的に今年度の営業方針やコンセプト作りに取り掛かるところも多いだろう。

  そして、2月から3月に掛けては人事異動の季節となる。

人事異動。

  企業人にとっては避けられない人事異動。

その巡り合わせで、部下の人生を大きく左右しかねない異動。
いや、どんな人事異動でもその人間の人生を大きく左右するに違いない。
私とて、人事異動により人生を左右されてきたと思う。

  人事異動とは、人と人との巡り合わせ。

それも、自分と上司との単純な巡り合わせではない。
その周囲の人たちをも巻き込んでいの巡り合わせである。
それは、その店舗のメンバー全員の巡り合わせであると言ってもいいだろう。

  その時代のその店舗での全メンバーの巡り合わせ。

それは、人生の縮図でもあろう。
そして、我々はその巡り合わせの上で人生の一時を過ごすのである。

  巡り合わせでの評価や学習や結婚や別れ。

そして、同じメンバーで同じイベントを過ごすということは一度きり。
それだけ、毎年微妙にメンバーが変更しているものである。

  あの時は、あんな売場を作ったなぁ〜。

しかし、メンバーが変更になれば、また違った売場が出来上がる。
また、年が変われば考え方が変わり、売場も微妙に変化していくだろう。

その時々の売場はその時々のメンバーの縮図でもあるのだろう。

  だから毎年イベントごとの売場はしっかりと記録に残したいと思う。

“あのメンバーとの共同作業がこの売場だった”

そんな記憶を留めておきたいからだ。
売場を記録に残すということは、それ以外にも“店長に売場を撮られる”というプレッシャーからのいい売場を作ろうとする意図もあるが(笑)。

  “このメンバーで最後のイベント”

そんな意識を持てば、各イベントも手を抜けない。

  “最強のメンバーでの今回のイベント”

そんな意識が生まれてくるものだ。
そして、そんなイベントに仕上げていかなければならないのだろう。

  この年末。

最強メンバーでの売場作りは出来ただろうか?。
そんな自分への問いかけの為にも、売場写真と反省をしっかり残していきたい。

  そして、人事異動が動き始める。

更に、最強なメンバーで次の今年度を迎えていきたいものだ。





|

« 年末商戦に思う | トップページ | 道路の開通 »

生き方」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
新店開店メンバーも既存店のメンバーもそれによって成長できる異動が理想ですね。そして環境の変化を強みにできる組織体にしていくこともかわらいさんの課題でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2016年1月 4日 (月) 23時36分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
カウントダウンが始まった現在、出会える人材もカウントダウン。
そう考えると、刹那の出会いもその全てを大切にしていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2016年1月 4日 (月) 23時33分

当社でも新店の開店を控え人事が慌ただしく動き始めました。決して人材にゆとりのある状況ではない中での開店、当然既存店のメンバーも大きく動きますが、各人の成長の糧になるようにしたいですね。

投稿: かわらい | 2016年1月 4日 (月) 22時36分

数多くの店舗がある中出会えるメンバーとは一期一会、縁あって一緒に働くメンバーに何を残してあげられるのか?そして異動によって巣立つメンバー。意思疎通が出来だしたメンバーが巣立つ切なさも恒例となりましたがこの歳となると一期一会の縁を大切にしていきたいですね。

投稿: dadama | 2016年1月 4日 (月) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62952800

この記事へのトラックバック一覧です: 人事異動という縁:

« 年末商戦に思う | トップページ | 道路の開通 »