« 人事異動という縁 | トップページ | 落し物に注意 »

2016年1月 5日 (火)

道路の開通

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


以前のブログで、幹線道路の開通の記事を載せた。

  http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-9383.html

市内側と国道側との中間点で途切れていた幹線道路に位置した店舗環境にあったため、朝夕のラッシュ時には渋滞を引き起こしていた。

その為か、夕方のピーク時に本来の集客が出来ずにダラダラと夜までお客様の来店につながり、生鮮や惣菜の出来たて商品も集客力の低さから効果の少ない状況が続いていた。

そしてようやく、長年の夢である幹線道路が店舗前の部分の中間点で結ばれる運びとなったわけだ。

  当然期待したのは、夕方ピーク時の集客力。

しかし、意外に即効果として現れてこない。
改装した隣の競合店には効果大なのに。

  なぜか?。

過去にこのような事例が他店にもあったらしいが、その効果が実際に数値上に現れてくるのには、二ヶ月程度かかるらしい。

  道路付けの変化を認識されるのには時間がかかるのだろう。

通常来店されるお客様は、道路付けに関係無く来店されていた。
多少の時間的なハンデがあっても、普段のお買い物をされていたわけだ。
そして、道路付けが変わり、通行しやすい環境に変わったことによって、普段のお客様はより快適にクルマでピーク時間帯に来店しやすくなっただけで、従来は来店されていなかったお客様が道路環境に変化を認識して、実際に普段のお店を変えてまで自分の買い物をするお店を変えるまでには時間を要するのであろう。

  更には、そのお店が買い物をするべき要素を有しているかも問題。

いくら道路付けが良くても、売り場の状態が自分の期待する状態で無かったら、一度や二度は来店されても、その後リピーターとして活用していただけるかどうかは、店舗次第であるということだろう。

  やはり商売の原理原則は不変であるのか。

お客様は道路付けや店舗設備、店内装飾を買いに来るのではない。

  一品一品の商品を買いに来られるのである。

その一品一品があるべき場所に期待通りに陳列されているという店舗の状態。

  それを常に同様の状態で維持されていること。

そこに、「また来てみたい」というリピーターのお客様が増えていく。

  それが業績として現れてくるのが売上である。

この商売の原理原則を吹っ飛ばして、道路付けという環境の変化に乗っかろうとしても甘かったのであろう。

  環境の変化を活かすも殺すも原理原則の厳守。

道路環境が良くなったその瞬間に、簡単に業績向上を夢見た私が甘かったのだ。






|

« 人事異動という縁 | トップページ | 落し物に注意 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
幹線道路の開通によって、今まで守られてきた商圏が破壊され、大型ショッピングセンターに食われてしまう。その可能性もありますね。人の流れが変わった潮目をどう自店に取り込めるか。やはり自分の努力の方向と潮目を合わせなければなりませんね。

投稿: てっちゃん | 2016年1月 7日 (木) 00時27分

以前も記しましたが当社では期待していた道路の開通によって逆にお客様が流出してしまうことがありました。やはりお店自体の強さが必要ですね。

投稿: かわらい | 2016年1月 6日 (水) 22時29分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
道路付けだけで売上が決まるという安易な発想ではなく、自分たちの売場の状態とその他の外部環境との相乗効果を図るという思想に持ち込むことが重要なのでしょうね。もっと足元を見るべきでした。

投稿: てっちゃん | 2016年1月 6日 (水) 07時19分

商売の原理原則、所謂「基本の徹底」。試行錯誤の結果はここにたどり着くのだと感じています。いつも来店して頂けるお客様の信頼なくては更なる成長は望めないのでしょう。とは言え車の通過台数が増えるのは来店して頂ける確立は増えるのですからしっかり武器として行きたいですね。当店も中央分離帯のある道に面していますが市街地から居住域に向かう道に面しているため、夕方以降の来店客数は平均よりも高いです。

投稿: dadama | 2016年1月 5日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62869986

この記事へのトラックバック一覧です: 道路の開通:

« 人事異動という縁 | トップページ | 落し物に注意 »