« 物言うメーカー | トップページ | 分岐点 »

2015年12月 8日 (火)

中学生からの質問

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


中学生の職場研修。

  今年最後の職場体験が終了した。

中学生3名がベーカリー部門での体験学習。
当初は、3名もベーカリーでの体験は人数が多すぎて難しい旨を伝えたのだが、どうしても入れて欲しいとの要請で、止む無く招いた。

しかし、今回の3名の中学生も真面目によく頑張ってくれた。

  男子2名の女子1名。

こういう時の女子は、本当にしっかりしている。
仲間とつるんでの職場体験ではなく、自ら率先しての職場体験で有るから、必死になって我々の指示をしっかりこなそうとしている姿のよく見て取れた。

体験学習の前にいつも言っていることは、学校や家庭と違って、ここは社会という場。

  社会のルールの厳しさを体験することが最優先である事。
  そして、そのルールの根底にあるのは、礼儀であること。
  礼儀から全てのコミュニケーションが始まること。
  それは身近な家庭や学校での自分の礼儀でもあること。

このようなことを簡単に説明してから、従業員やお客様への礼儀を実践勉強として学んでいくことなどを話した。

そんな経緯から、今回も職場体験に来た中学生は、最終的には笑顔でしっかりと挨拶をして帰宅するできる躾が出来上がったと思えた。

そして、最後に中学生から店長への質問がなされた。

  「どうしてスーパーの仕事を選んだのですか?。」

一瞬戸惑ったが、本音を言った。
「本当は、スーパーの仕事に就きたいとは最初は思わなかったんだよ。別の仕事がしたかった。でも就職活動の中でスーパーマーケットしか残っていなかった(笑)。でも今では後悔していないよ。途中で商品を売るという仕事が本当に好きになってきたkら。自分でいくつ売ると決めてそれを売っていくことが楽しくなってきたから。」

  次に「スーパーに合う人、合わない人はいますか。」

これも一瞬戸惑ったが、はっきりと言った。
「その仕事が、合う合わないは初めから決めつけるのではなくて、その仕事の楽しさを知るか知らないかで分かれてくると思うよ。初めは私もこの仕事が嫌いだった(笑)。でも売るの楽しさを知ってからは本当のこの仕事が面白くなってきた。それは自分で決めて自分で売って結果がすぐに出せるから。それがやりがいにつながったのかな。それ以来、店長になった今でもパートさん達と同じように、一つの商品をどう売るかを考えている時が一番楽しい時だ。」

  最後に「中学生に送る言葉は何ですか?。」

今までの話の流れから、こう言った。
「世の中の事、仕事でも遊びでも何でもそうだが、初めから自分に合うか合わないかを決めつけて取り組むのではなくて、必ずその中には面白さとかやりがいとかが隠れているものだ。だから一度決めてやり始めたことは途中で諦めずに最後まで取り組むこと。そうやって自分で最後まで壁を乗り越え続ければ必ずその面白さややりがいが見えてくるもの。だから、どんなことでも多少のことでへこたれずに頑張り通すことだよ。」

もっと色々な質問があったのだが、上記3項目が記憶に残る質問であったので記してみた。

小学生や中学生ぐらいまでが、いろいろな意味で教育に携わる人間の全人教育が功を奏する時期でもある。

そこに一時でも携われるわけであるから、こちらも心してぶつかりたいものである。







|

« 物言うメーカー | トップページ | 分岐点 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
⇨数年前に職場体験に来た生徒が高校生になりアルバイトに。
嬉しいですね。そして、大切にしていきたい。
マイク放送とか教えても面白いかも(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年12月12日 (土) 07時02分

以前もコメントしたかもしれませんが数年前に職場体験に来た生徒が高校生になりアルバイトに来てくれました。聞けば職場体験での経験が楽しかったとのこと。嬉しい限りですが、現実を教えながら幻想にさせないようにしていくのは難しいかもしれません。

投稿: かわらい | 2015年12月11日 (金) 22時41分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
当初は中学生も期待と不安でいっぱいだったのでしょうが、こちらからこれだけをしっかり学んでください、と提案すると、素直に頑張ってくれますね。
最終日には、もっと長くなりたかったという感想も嬉しいですね。
以前大学生も一部受け入れたことがありましたが、こちらは挨拶とか接客ではなく組織としての役割等を強調したように思います。それぞれに学ぶところが違うのもこちらの楽しさかな。

投稿: てっちゃん | 2015年12月 9日 (水) 15時12分

当店にも中学生が職場体験に来ました。彼らの理由は「商品出すだけで楽そうだから」(笑)。
私はお客様のお迎えやレジ周りのサービスがてらの挨拶、売場の商品を覚えながらの売場案内、丁度ハロウィンやクリスマスの時期でしたからディスプレーの制作等を中心に体験させました。初日はかなり辛そうでしたが、二日目・三日目には目の色が変わって一生懸命でした。一番変わったのは挨拶がはっきり出来るようになった事(笑)。こんなスタンスの職場体験もあって良いのではと感じました。

投稿: dadama | 2015年12月 8日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62806924

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生からの質問:

« 物言うメーカー | トップページ | 分岐点 »