« 都内MRから | トップページ | 面づくり »

2015年11月18日 (水)

初期教育の重要性

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のてっちゃん会に参加する電車の中。

  長時間の旅の為、本を読みながら向かった。

最近、中々進まない「修身」教授録  森信三 著。

  総ページ数 531ページ(笑)。

中々の浩瀚(こうかん)の書である。

よって、一向に読書が進まないので、この期に持参して読みふけってみようかと思ったのだ。

その中で、興味深い部分に出会った。

  小学校の教師という特性。

この本は、これから小学校の教師になろうとする学生に対して、森信三先生が道徳の時間として人間教育の時間として教諭し、その一部始終を記録した本である。
よって、毎時間ごとの教授の内容を記録したものである。

  毎回毎回、テーマがある。

私が読んだ部分は、質問タイムをとって学生から色々な質問に答えていくという授業内容の日のことを綴ったページであった。

その中に、こんな質問があった。

  「小学生の先生にやりがいはあるのか?。」

一言でいうと、こんな内容か。

今こうして学んではいるが、結局自分は将来小学生の先生となるわけだ。
たかだか年端もいかない人間の先生となることに、やりがいを感じない、という風な不満というか自己嫌悪というか、そんな質問に対しての森信三先生の返答が良かった。

「確かに小学生はまだまだ勉学の途中ではあるが、逆に言うと何色にも染まっていない純粋さがある。逆に言えば教育次第で如何様にでも成長する要素を持った存在でもある。だから部分的な教育ではなく全人的な教育によって立派な人間に教育できるか否かの瀬戸際でもある。しかし、歳も17歳を超えてくると、徐々にその考え方も固まり、外部からの教育もある一部分しか許容しなくなってくるものだ。伸び代少ない成人の教育にやりがいを感じるのか、全人的な教育によって何色にも染まっていく小学生の教育にやりがいを感じるかは人それぞれではないだろうか。私なら何色にも染めることのできる小学生の教育に生きがいを感じるがね。」

  そのような内容の回答いだったと思う。

なるほど、と思った。
そしてそれは、我々の社会でも十分通用する思想でもある。

  新入社員教育。

何も知らない人材の教育、と捉えるか、
これから何色にも染めることのできる人材への教育、と捉えるか。

  この考え方の違いは大きいだろう。

店長教育。
しかし、ある程度年齢の超えた店長への教育は、ある意味一部の部分しか本当に変えることは出来ない。

  むしろ、その基本的な考え方は変えることが出来ないと思った方がいいだろう。

自分で言うのも何だが(笑)、根本的な考え方はたぶん変えられないだろう。
それを変えようとしたら、今までの自分が崩れ去ってしまうような不安がある。
その基本部分は、如何様にしても変えられないと思う。

  その派生した部分は時代の流れに追いつこうとするものの。
  主軸の部分はもはや変えられないし変えたくもない。

しかし、これが新入社員の時代だったら、何色にも染まらない自分だったら、おそらく初めからその考え方や思想を身につけることは可能だろう。

  何事も、初めが肝心。

それは、そのようなことを言うのだろう。
よって、何よりもまずは、新入社員教育が一番重要なのではないだろうか、とこの本を読んで思った。

  しかし一番軽んじてた教育でもある。

何事も初めが肝心。
次代を担う新入社員教育こそ、しっかりと思想を植え付けるべき教育なのだろう。

  そんな想いで新入社員に接していきたいものだ。






|

« 都内MRから | トップページ | 面づくり »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、怒涛の3連続コメントありがとうございます(笑)。
新入社員が自店で辞めていく。
自分に足りなかったものを再認識させてくれますね。
そう思って自分を慰めたことも数知れず(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年11月22日 (日) 22時48分

まっさらで素直な初心者の方に教えるというのはやりがいと同時に責任も重いですね。自分の店舗に入社後初めての配属になり、やめていってしまった方も数知れず。つらい経験ですね。

投稿: かわらい | 2015年11月22日 (日) 19時13分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
あと数年という限られた時間。
私も限りある時間を有効に使い切りたいと思い始めております(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年11月19日 (木) 00時39分

これは会社にも言える事なのでしょうね。組織風土は良くも悪くも変えるのは困難。組織の中で育てられ将来は育てる立場になる。処世術を新人や若手に言う事が増えた気がするのも年のせいでしょうか(笑)。

投稿: dadama | 2015年11月18日 (水) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初期教育の重要性:

« 都内MRから | トップページ | 面づくり »