« 復活の真央 | トップページ | 都内MRから »

2015年11月16日 (月)

固い組織

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


昨日は、てっちゃん会第9幕を記した。

  メンバー各位の「心の繋がり」を強固にしたい。

そんな内容を記した。

  本日は、その真相を記したい。

これも、以前のブログで記した記憶があるが(笑)、堺屋太一氏の著書に「組織の盛衰」という本がある。その中に記載されていた内容であるが、強い組織には、大きく分けて3つの特性ある組織に分けられる。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_9c8e.html

  大きい組織。
  強い組織。
  固い組織。

以上の3つだ。

大きい組織とは文字通り組織の規模や構成員の数が大きい組織である。
規模のメリットを享受できるが、その巨大さ故に変化対応に対する脆さも潜んでいる。

強い組織は、何よりも業績達成能力の高い組織。
規模を追求するよりも、目的を理解しその為に組織内の役割を明確に整理して、個々の役割を忠実に遂行することによって確実に目的を達成していく組織である。
一番理に適った組織であるが、構成員の心理的疲弊も大きい。

最後の固い組織とは結束力が高く、ある目的を持った組織であり、構成メンバーがその目的を理解し吸引力のある組織であるが、なぁなぁ主義に陥りやすく業績達成力に欠ける傾向にある。

  永続的に進化している企業は上記3つの要素のバランスが良い。

しかし、そんな組織は世の中にそうは存在しない。
まず、大きい組織という視点で言えば、我々中小のスーパーはまずそこに到達していない(笑)。しかし、大きくなっていく過程という意味ではこのことによって組織自体は成長を遂げていくことになろう。

このように、組織とは、最終的には上記の3つの要素のをバランス良く満たしながら成長していくのが理想と言える。

しかし、その成長過程においてはどこかに力点を置いて意識的に成長しようとしているのだろうと思う。

  その中でも最終的には、現代の組織は強い組織を目指さなければならない。

これからの時代、規模を追うことよりも業績達成能力の高い組織を目指すことを優先すべきであろう。

その為に、自社の競争力を高めていくことを主眼に置いて組織運営を図らなければならない時代である。

  それは営利目的の企業であれば当然の成り行きである。

そして、私が属する「てっちゃん会」。
営利企業ではない(笑)。

  個人が集う有志集団。

しかし、そこに集う個人は営利企業から集まる有志である。
常に営利企業で結果を求められる管理職や現場のリーダーが主である。

  私は、この会は固い組織を目指していきたい。

ナァナァの仲良しグループに陥るリスクもあろう。
外部からの情報を遮断した閉鎖的組織になる可能性もあろう。

  それでもなおかつ、固い組織を目指したい。

商売への志を高く持つ個人の集団。
この会で、人との結びつき心の結びつきを固く契り、その事で自らの強い心を磨き自企業に戻る。

  この会のあるべき姿をここに集約したい。

その為に、何をどうネットワーク作りをしていくか。
その為に、どんなメニュー作りと情報発信をすべきか。

別に、スピリチュアルな集団を作りたいわけではないが、私も含めてこの場で「心の強さ」を共に学びたいと思うのです。


|

« 復活の真央 | トップページ | 都内MRから »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
柔軟な組織。
変化に対応できるということでしょうか。
それも、求心力という固い部分が存在して始めて、変化に対して柔軟になれるのかとも思います。
何れにしても、組織として「ブレ」ないというキーワードが必要でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年11月20日 (金) 06時53分

固い組織であったはずの当社。大きな組織を目指して迷走中。(笑)意味は少し違うかもしれませんが柔軟な組織にしたいと思います。

投稿: かわらい | 2015年11月20日 (金) 05時48分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
自社内ではDNAが同じため、話のネタは自社内の愚痴が多くなりますが、他社の方との語らいは違う血の交わりの中からの話題になるため、必然的に違う血から学ぼうとするスタンスになっていきますね。
そしてそのスタンスで付き合う相手も自分を認め合う関係になっていく。
そんな関係を更に心の繋がりで結束していきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2015年11月17日 (火) 00時39分

私の属する組織は①大きさ②固さ③強さの順でしょうか。特に③の強さに甘い(笑)。業績に対する執着や継続的仕組み構築が不十分だと今の時代には生き残れないのでしょう。
てっちゃん会とて企業の確信部分に触れる事は出来ませんが、好調企業・店舗の現場の方々と接する事で想像は出来ますし、自分が考えやと思う事を先行されて結果も見える等学びも非常に多いと思います。その根底にはお客様にご奉仕したいと願う共通項で結ばれる固い絆が存在し、MR更には酒を酌み交わしながら連帯感を高め企業を超えた業績達成に向けての大きな原動力の場でありたいですね。

投稿: dadama | 2015年11月16日 (月) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62670029

この記事へのトラックバック一覧です: 固い組織:

« 復活の真央 | トップページ | 都内MRから »