« 現場の考える風土 | トップページ | あきらめも肝心 »

2015年9月 4日 (金)

危機感は死語?

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


一昔前までは、当たり前に使用されていた言葉。

  危機感。

最近、あまり聞かなくなった。

  危機感を持って仕事に取り組む。

聞いていると「カッコいい」言葉ではあるが、実際に危機感を持って全ての事象に向き合ったら、非常に殺伐とした職場環境に転じてしまうのではないだろうか。

  特に、内部の人間関係が間違いなく悪化していく。

危機感を持つということは、現状に満足せず、“現状維持は衰退へ向かう”という認識を持ち、常に向上心を持って仕事をする、というように理解して目の前の仕事に取り組めばいいのだが、一歩間違えると周囲の部下や同僚達を巻き込んでお互いに不備を指摘し合いけなし合う関係を奨励していく方向に進みがちだ。

これでは、挑戦するという気概が薄れ、事なかれ主義に陥りお互いに牽制し合う内部環境を作ってしまうのではないだろうか。

  まして若年層への危機感の奨励。

それもどうか。
それで刺激を受けて奮発する人間ばかりならいいが、この危機感を利用して組織の活性化を図ろうとすると失敗する確率の方が高いのではないだろうか?。

我々が現場の部門担当者として就業していた時代は右肩上がりの時代。

  何をやっても成功が約束されていた時代。

だから、なんでもありという組織風土を一度締めるために、危機感という言葉に頼って人の就業意識を見直そうとされていた部分もあろう。

  だから、ある程度の効果も見込まれた。

しかし、今は、何をやっても失敗の確率の高い時代である。
黙っていても、挑戦しない空気に包まれる中、如何にその空気を吹き飛ばして挑戦する組織風土を植え付けていくか。

  危機感とは逆の組織風土の構築が要されるのではないだろうか。

よって、入社3年目以前の社員達に「危機感」という言葉は死語ではないかと思う。

  成功体験が少ないのだから。

幼少の頃から母親の庇護の下に育ち、守られながら成長してきた人間は、自らの意思では成功も失敗も体験したことがない。

そんな若者達が、危機感の空気が充満した組織に配属されて、今更危機感と言われても、さらに萎縮していくだけだろう。

  これは、言い過ぎかもしれない。

しかし、そんな傾向が強まってきているのは事実である。

  いま、組織に必要なのは、危機感ではなく緊張感。

それも、萎縮した緊張感ではなく、自由に行動した結果にコミットする緊張感である。

  自分で決断して行動した結果に対して自分で責任を持つ。

だからやらずに周囲の様子を見るのではなく、行動した人材への評価と結果に対するさらなる評価。

  そんな人間達にはどんどん役職を与えていってほしい。

そうすることで、組織内での期待された役割に対して本人達も大いに自らの力を試せるのではないだろうか。

  そんな組織を自分たちで作り込んでいきたいものである。







|

« 現場の考える風土 | トップページ | あきらめも肝心 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
常に、単品を仕掛けるという緊張感を程よく保ち、結果を求めて緊張感を維持し続ける。
そんな商売の醍醐味が仕事の楽しさにもつながるのでしょうか。その緊張感を失ったら我々の仕事は面白みのないサラリーマン化してしまうのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2015年9月 8日 (火) 09時08分

危機感、緊張感、程よく保つのが良いと思いますがちょっと緩んでかな〜?日々の現場の緊張感はやはり店長によってもたらされるのだと思います。

投稿: かわらい | 2015年9月 8日 (火) 06時02分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
企業理念や社長の思いを現場で具現化させながら、現場のやる気やワクワク感を最大限に広げる。
そんな組織に不振という言葉は無いと思います。
それは一時の結果であって、そこから現場でその不振を自ら解決していく浄化作用が構築されているかどうかが個店経営の真髄ではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年9月 6日 (日) 00時28分

危機感と緊張感の使い分けを勉強させて頂きました(笑)。会社の状況は危機的、しかしながらその危機感を表面に出してしまうと更に状況は悪化してしまう。経費削減による数値改善も短期的には効果はあっても限界は来る。やはり攻めの姿勢がないと本来の業績改善には繋がりにくいですね。危機的状況をいかに攻めによって乗り切れるか?メンバーのやる気の最大化を引き出すのが店長の手腕でしょうか。但し、自由にやって良いと言っても会社の理念や社長の思いを実現するのが目的である事だけは肝に銘じなければならないと感じるこの頃ですが(笑)。

投稿: dadama | 2015年9月 5日 (土) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62161333

この記事へのトラックバック一覧です: 危機感は死語?:

« 現場の考える風土 | トップページ | あきらめも肝心 »