« グレープフルーツの美味しい時期? | トップページ | 1%系アルコールのその後 »

2015年9月10日 (木)

物語を語る

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


物語。

  ストーリーともいう。

現代では、このストーリー性が重要になってきている。

  人間の人生自体がストーリーに満ちている。

そして、自分を取り巻く周囲にもストーリー性を持つことに憧れる。
それは、生きるという行為が、単なる呼吸をするという行為から、意義ある行為になることへの意味づけを表しているのだろう。

  よりよく人生を過ごしたい。

特に、年を経れば経るほど、人生を意味を考え、よりよく人生を意義あるものとして過ごしていきたい、と願うのであろう。

  それが、生きがいに繋がるのであろう。

そしてそれは、我々が販売する食品にも同様のことが言える。

  従来は、生きていくための食料品であった。

根本的に、その意義は変わらないが、更に「美味しく食べたい」とか「どんな食事シーンに合う」とか「どんな健康に役立つ」とか、自分の人生の生き方にどう貢献してくれるかという情報が、これから購入しようとする食材に情報が付加されるで、購入動機が大きく左右される時代でもある。

その購入動機を刺激して、購入誘導するのが「コトPOP」である。

  「どこよりも安い」

こんなコトPOPもあろう。
しかし、生鮮食材では、安かろう悪かろうはたくさん存在する。
そして、それらを熟知しているから、安さを購入動機に入れる方は生鮮品では減少傾向にある。

  「どこよりも美味しい」

そんなコトPOPもあろう。
しかし、あまりにも漠然として信用できない。
更に、美味しいという概念をもっと具体的に告知しなければ、美味しさが伝わらない。

  「糖度20度の極甘巨峰ぶどう」

ここまで数値と品種を告知すれば、美味しさが明確に伝わっては来る。
しかし、それまでの世界。
問題は、この甘い巨峰ぶどうを、どう自分の人生の生きがいに取り入れるか。

  それが、商品のストーリー性である。

そのストーリー性に購入動機を刺激されて、そんな生活のひと場面を送ってみたいと思えるかどうかであろう。

  「一粒一粒が自分へのご褒美」

そんな コトPOPもあろう。
価格や味というファクターから、自分の生活の一場面へ購入動機を振っている。
このぶどうの購入によって、そのような午後のひとときの自分のストーリーを思い描く。
そんな説明文となる。

  「果皮の濃さが味の濃さ」

こんなコトPOPになると、数ある商品から自分で美味しいぶどうを選ぶ楽しさが生まれてくるだろう。
そして、それを自宅で食べて、その真価を問うという検証する楽しみ。

  商品を購入した後に繋がるストーリー性。

そんなコトPOPが、購入者をより楽しませる購入動機へ導いていくのだろうと思う。






|

« グレープフルーツの美味しい時期? | トップページ | 1%系アルコールのその後 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
全員が共通認識を持つ。
組織運営の一番の要でしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年9月14日 (月) 06時05分

モノ消費からコト消費へ。確実に世の中が変化していることを感じます。その事を全員が理解し取り組めば強い組織が出来上がりますね!

投稿: かわらい | 2015年9月13日 (日) 22時17分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
まったくその通りですね。
二極化といっても、一人のお客様が価格優先と価値優先の場面で使い分ける時代。
同じお客様への対応と考えれば、一つの答えが出てきそうな気もします。そんな認識に絞って取り組んでいきたいと思っております。

投稿: てっちゃん | 2015年9月11日 (金) 00時25分

トラさん、コメントありがとうございます。
ご心配、ありがとうございます。
幸いにして、当方周辺はいまのところ無事でございます。予断は許しませんが(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年9月11日 (金) 00時22分

飽食の時代、更には高齢化による摂取量の減少。しかしながら日本の食文化は世界一と言って過言でないはず。食に携わる者として日本の食文化の伝承、惹いては美味しさへのこだわりや提案。消費の二極化の進む中誇りと勇気を以って取り組んでいきたいですね。

投稿: dadama | 2015年9月10日 (木) 23時33分

ご無沙汰してます
広島のにんにく屋のトラでございます。
雨がすごいことになってますが
大丈夫ですか?

投稿: トラさん | 2015年9月10日 (木) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62240890

この記事へのトラックバック一覧です: 物語を語る:

« グレープフルーツの美味しい時期? | トップページ | 1%系アルコールのその後 »