« 上半期の反省 | トップページ | 年代の入れ替え »

2015年9月19日 (土)

退職理由

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


パートさんの採用が困窮している。

  更には一般社員の退職も止まらない。

当店でも、ある部門チーフが先日退職をした。
私に本人から連絡を受けた時には、既に次の就職先が決まっていた。

  “それじゃ、俺の出番は無いなぁ〜”

まだ、本人が退職を迷っていて私に相談であれば、いくらでも対応の仕方は残されている。

  しかし本人の次幕が既に用意されているのでは。

私がいくら説得しても、本人の意思を変えるのは非常に難しい。
そして、最近はこのような退職の仕方が増加している。

  次を決めてから退職の通告をする。

以前は、それなりに本人のニュアンスが伝わり、それに対して別室で膝を交えて、または酒を交えていろいろな相談を受け、最終的には9割は思い留まらせたのだが。

このように、次が決まった後での退職の報告では、話しの持ってきようが無い。
こんな時は、こちらも気持ちを切り替えて、気持ち良く送り出すしか手法は無いだろう。

更には、次の就業先で本人の評価が高められた状態で就業に付けられるように計らうのみだろう。

最後まで手を抜かずにこちらの仕事をこなして、しっかりと後始末をしてからの転職であることを明確に告げてから、じっくりと次への転職を図るという姿勢を相手先にも伝えることは大切だと思う。

  “後始末をしっかりやってから当社へ転職してくれた”

その評価は、自社に入社した後にも、同様にしっかり働いてくれるだろう、という期待感を持たれるものだ。

  そんな状況で転職させてやりたいと思った。

そして、転職の理由とは?。

  それは、なかなか本心は言わないだろう。

それでも、「ぶっちゃけ、話してみぃ〜(笑)。」との会話で多少なりの本人の口からの理由が告げられた。

  仕事に面白みを感じなくなってしまった。

これは、店舗の店長や商品部のバイヤーの影響が大きいだろう。
自分の将来を見据えた時に、どんな未来が広がっているのだろう。
そのステップアップに、今の仕事がどのように続いていくのだろうか。

  今の仕事に対する期待感。

それが持てないということは、自分のこの後のキャリアアップが見えてこない、ということ。

それはやはり、本人にとっては苦しいだろう。

  更に人事異動も無く、変化が欲しかった。

そんな事も言っていた。
新たな環境を用意される事によって、新たな挑戦であり環境対応でありが自分の身に迫り、転職どころではなくなった。

  これも一つの転職防止策かもしれない。

自分の立場に置き換えた時に、転勤により転職の気が紛れていったという思い出は多い。

それだけ、目先の環境に対応しようとする思考とその対応で日々が興味深いものになっていくという事実はある。







|

« 上半期の反省 | トップページ | 年代の入れ替え »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
業績や普段の商売の仕方に対して、企業の方向性に合わせた仕事をした人材に対しての評価制度や表彰制度は大いに従業員を奮い立たせていくのではないかと思うのです。そんな仕組みを確立している企業ほど安定した人材を有しているのかと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年9月23日 (水) 11時45分

当社も退職者が後をたちません。理由を聞くまでもなく諸所の問題が山積して改善できていません。辞めるべくして辞めているといったところでしょうか?一つづつ改善していくしかないですね。

投稿: かわらい | 2015年9月22日 (火) 20時33分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
世代を超えた社内の仲間との付き合い。
家庭でじいちゃんばあちゃんと付き合っていろいろ教わった知恵は、社内でも同じことが言えるのだろうと思います。
先輩社員と語らう会、みたいなものを仕組み化できたらもっといい方向へ進むような気もしますが(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年9月21日 (月) 07時15分

私も転職組ですので辞める側の気持ちも
わかる気がします(笑)10年ひと昔の話ですが(ーー;)

今となっては、上に立つものの気持ちを多少は
理解出来るのですが、そこに行くまで、
時間がかかりましたf^_^;)

仕事とはこういうものだよ。
という万年平社員のおじさんが
赤提灯をくぐって、
「うるせ〜な〜」と思いつつも、
我慢すること、社内政治やオトナの事情を
教えてくれる機会、余裕。

時代の流れといってしまえばそれまでですが、
それに取って代わる時間や場面を
新人クン達には必要なのかもしれません。

投稿: 神出鬼没 | 2015年9月21日 (月) 06時45分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
先日、共にMRした企業では3年目の人材の退職が目立っているそうです。
入社後に、入社前の企業の情報と現実の違いと自分の将来への不安に悩む時期なのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年9月20日 (日) 06時29分

さやかさん、コメントありがとうございます。
店内での盗撮。
店舗を預かる責任者として本当に残念ですね。
この場合は、本人の了解の下に警察への連絡により、警察の指示の下の行動が適切かと思われます。
後々、個人的に付きまとわれる危険性もあるため、警察への報告をお勧めしますよ。

投稿: てっちゃん | 2015年9月20日 (日) 06時26分

当社も新入社員の退職が止まらないですね。特に生鮮部門。やはり3Kの負のイメージが付きまとうのでしょうか。最近の若者は・・・と言えばそれまでですが不人気職種であるのも事実。生鮮系は商品回転が早く営業職としては面白い筈なのですが。人材難の克服には業界イメージの向上、現場での働き甲斐を如何に引き出していくのかも店長の責務なのでしょうね。

投稿: dadama | 2015年9月19日 (土) 22時26分

スーパーでスカートを盗撮されました。以前てっちゃんさん盗撮について記事書いてましたよね。防犯カメラがしっかり撮っていたから発見できてよかったですね。私の場合その食品コーナーが全くカメラに映っていなくて、副店長さんもすんなり「映ってないですねーすみません 」だけでした。
店長として、この対応はどうでしょうか。

投稿: さやか | 2015年9月19日 (土) 16時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62285763

この記事へのトラックバック一覧です: 退職理由:

« 上半期の反省 | トップページ | 年代の入れ替え »