« U18野球から | トップページ | 物語を語る »

2015年9月 9日 (水)

グレープフルーツの美味しい時期?

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


いよいよグレープフルーツが美味しい季節を迎えた。

  “えっ、グレープフルーツは5月でしょ?”

このブログでも、4月〜5月でのアメリカフロリダ産のグレープフルーツに一番美味しい時期に関しては何度も記してきた。
http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-11dd.html

これは、フロリダ産のブレープフルーツの話である。

  今販売しているのは、南アフリカ産。

グレープフルーツは、

  11月 〜  6月がフロリダ産
   7月 〜 10月が南アフリカ産

この構図がメインとなる。
従来であれば、フロリダ産のグレープフルーツから7月の段階で南アフリカ産に切り替わると同時に、酸味が強く、甘みのほとんど感じられないグレープフルーツに変身してしまう。

  これにより、南アフリカ産 = 美味しくない

こんな構図が出来上がってしまっていた。
だから、気温が高まり、夏場のグレープフルーツは酸っぱくて食べれたものではない。

  しかし、この時期は南アフリカ産の旬の到来。

そろそろ酸味が抜けて美味しい時期を迎えた。

  特に、ホワイトが美味しい。

グレーウフルーツには、赤い「ルビー」と白い「ホワイト」の2種が概ねの小売店に並ぶ。

  人気は圧倒的に赤いルビー。

フロリダ産などは、やはりルビーに味の軍配が上がる。
しかし、この時期の南アフリカ産の場合は、圧倒的にホワイトが美味しい。

  むしろフロリダ産のホワイトよりも美味しいかも。

それほど、今の南アフリカ産のグレープフルーツは産が適度に抜けて、逆に甘みが増してきて一番美味しい季節を迎えている。

  9月いっぱいが安定した入荷と味が楽しめる時期か。

但し、今の国産果実は、秋の味覚が入れ替わり立ち替わり入荷してくる時期。

  “輸入モンなど売ってられるか!”

そんな果実バイヤーからの罵声が飛んできそうな勢いである(笑)。
確かに、これからの国産果実は妥協を許されない。

  梨、ぶどう、りんご、栗、柿等々。

それこそ、輸入柑橘が入り込む余地は無い。
しかし、グレープフルーツを定期的に属している方なら、必ず認識しているはずである。

  “グレープフルーツをバカにしないでほしい”

秋の味覚に忙しい果実部門であるが、年間売上と価格感度品として安定した売上を誇るグレープフルーツにも、少しは目を向けていきたいものだ。





|

« U18野球から | トップページ | 物語を語る »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
まず一度食べてみてください。
南アフリカ産の意外性に気づくかもしれません(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年9月12日 (土) 07時48分

全く知りませんでした。やってみます!

投稿: かわらい | 2015年9月11日 (金) 22時15分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
この時期には邪道かもしれませんが、定番だけでも説明POPでしっかり提案すれば、プラスαの売上が期待できると思われます。

投稿: てっちゃん | 2015年9月10日 (木) 06時47分

この時期にグレープフルーツは斬新かも知れませんね。差別化になるなかも(笑)。たまには王道を外したゲリラ戦略はお客様目線からしても新鮮に映りますね。

投稿: dadama | 2015年9月 9日 (水) 21時51分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
なるほど、奥の手としての輸入果実。それも手ですね(笑)。
そして、赤と白。
なぜか青果担当者は白派が多いような。
さっぱりとした清涼感がいいのでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年9月 9日 (水) 09時57分

私もグレープフルーツは断然「白」派です(笑)

この時期、誰もが国産果実に目が行きますが、
私は週単位で国産果実の前年が厳しい際、
奥の手で週末限定で輸入果物をシカケます(笑)
国産果実の値段で無理をできないときほど
ですが…


投稿: 神出鬼没 | 2015年9月 9日 (水) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62240856

この記事へのトラックバック一覧です: グレープフルーツの美味しい時期?:

« U18野球から | トップページ | 物語を語る »