« チェーン化と商売感の接点 | トップページ | 松井玲奈の卒業 »

2015年8月29日 (土)

理想の姿を知る

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人材不足が深刻化しつつある昨今。

  人材の入れ替わりも頻繁になっている。

経験者の退職と新規採用者(正社員含む)の増加。
よって、深刻なのは従来からのあるべき売場の状態を知る人材が店舗内に少なくなっていくことである。

  黙っていてもある程度継承されてきた企業のDNA。

しかし、そんなDNAもベテラン従業員の退職により、それを仕事上の引き継ぎから伝承できなくなってきているのが現状。

  あるべき売場が頭ではわかっているのだができていない。

そんなレベルから、

  あるべき売場が頭でもわかっていないから到底できない。

そんな店舗レベルに陥っていく可能性すらある。

  この問題は非常に危惧すべき問題である。

チェーン店に勤務する従業員として、店舗としてのあるべき姿、従業員としてのあるべき姿。

  その、あるべき姿、理想の姿を目指しているのかどうか。

そこが大きなポイントではないだろうか。
そして、従来であれば、そのあるべき姿が理解されていたから、企業のトップがインタビューに来た際に、そんあるべき理想の姿が頭に叩き込まれていたから、実際に実現できたわけだ。

  その理想の姿が頭に無いという事態。

これからの人材不足が危惧される時代には、上記のような場面ですら、理想の姿が見えずに普段の売場を提供してしまう。

  売場は誰のためのものか。

当然、それはお客様のためのものであり、そのために外向きの売場を作ることではなく普段のお客様の為の売場を作るものではあるが、店舗として自社のトップが来店される際には、多少の力が入るのは致し方無いことである。

そして、そのような機会や所属団体の研修会等が自社が開催されるというような場面を利用して、企業や店舗はあるべき理想の姿を徹底的に実現して、その姿のレベルを高め全社へ波及をさせて、企業としてのレベルを高めてきたという過程がある。

それは、全社的な取り組みであれば本部スタッフ達も動員されるかが、容易にあるべき理想の姿が実現できるが、これが店舗のみで売場作りをする場合はどうだろうか。

  そこでもあるべき理想の姿が実現できるのであれば救いがある。

しかし、店舗だけで売場作りをすると、そこまで到達できないのであれば、それは再度従業員の共有認識を持たなければならない。

  幹部社員が企業のあるべき理想の姿を知っていて実現できる。

そして、そのあるべき理想の姿を実現する機会をできるだけ多く設けること。

  それによって、従業員は鍛えられていく。

そして、敢えてその機会を増やしていくことで、いつしか理想の姿が実現可能となっていくのである。

  いま一番見直さなければならないのは個人のあるべき姿かもしれない。










|

« チェーン化と商売感の接点 | トップページ | 松井玲奈の卒業 »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
理想のあるべき姿。
売場だけではなく、そこに至る過程まで描き切れれば、仕組み化もスムーズにすすめられると思います。

投稿: てっちゃん | 2015年9月 2日 (水) 13時18分

店舗の理想の姿すら見失ってしまったような現状の中、当社では新たな境地を開こうとしているのは事実なので今が変われるチャンスだと思います。まずは理想の姿を描き直しですね。

投稿: かわらい | 2015年9月 1日 (火) 17時32分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
就労人口が減少するから、尚更一人一人の就労意欲を高めていかないと生産性が追いつかない状態。
5年後の姿を具体的に想定して今からどう手を打つか。
もっと明確に見えるかしていかないと閉鎖せざるを得ないお店が確実に出てくると思います。

投稿: てっちゃん | 2015年8月30日 (日) 00時16分

りっちゃんさん、コメントありがとうございます。
現在頑張っていただいている定年超えのパートさん達が5年後には確実に現場から離れていく。その時の店舗の姿を想像すると愕然としてしまいますね。

投稿: てっちゃん | 2015年8月30日 (日) 00時12分

人の問題は急激に深刻化してますね。あるお店では若年人口の減少で半数近くの従業員が派遣と聞きました。時給1200円を出しても集まらない。時給をいくら出しても就労人口が居なければ集まらない厳しい現実。これからもパートの高齢化を控え益々厳しい時代が来るのでしょう。理想は有れど動かす駒がいない。昨日も記しましたがそのような現状を鑑みると店で出来る事は精々一割・・・仕組みの標準化と精度アップは不可欠であると思います。その中での一割の個裁量の力が従業員の仕事の楽しさに結び付く事を一緒になって取り組んでいきたいですね。

投稿: dadama | 2015年8月29日 (土) 19時12分

人員不足は店舗だけではなく本部もしかりなもので
研修も無く指示はメールと写真のみ
売場は再雇用のおじさんに頼りっきり
発注などは自動化出来ても、最終陳列や接客などは
経験値がものをいうもの、先行き不安です😓

投稿: りつちゃん | 2015年8月29日 (土) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理想の姿を知る:

« チェーン化と商売感の接点 | トップページ | 松井玲奈の卒業 »