« 立秋 | トップページ | 商品を知る »

2015年8月 6日 (木)

新たなバイブル

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


私の心のバイブル。

  田坂広志さんの「なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか」

http://tetu-syoubai.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-094d.html

そして、その田坂広志さんが、新著を出した。

  「人生で起こること すべて良きこと」 PHP研究所。

表題を見ただけで、伝わる重み。
この本を読み始めて、まず頭に衝撃が走るのは、比較的書き出しの部分で出現する、ある言葉。

誰も、大声では語らない「人生の真実」と題して、

  人生において「成功」は約束されていない。

どんなに努力したところで、結局、失敗に終わる場面は多々ある、ということだ。

  この言葉に、私は衝撃を受けた。

それは、そんな後ろ向きな事をいうべきでは無いという憤りでは無い。

  “それは密かに恐れていた真実ではないか”

という事だ。
それは、学生時代にボートを漕いでいた時から抱いていた疑念。

  努力しても報われない結果に嘆いていた時代でもある。

そして、それで後輩と飲みながら議論した思い出も蘇った。

  「いくら努力しても報われない時もある。」

    「それを言ったらおわりじゃないですかぁ〜!。」

  「しかし、努力しなければ可能性もゼロのままだ。」

厳しい言葉を発する私に、後輩が食ってかかる。
しかし、そうは言っても、それは当時から思っていた私なりの真実だった。
そして、その後の言葉で濁してきたのが、今までの人生でもあった。

  努力しなければ、一分の可能性すらなくなる。

しかし、あくまでもそれは結果を見据えた場合の考えかたである。
今回、この著書は私に明快な答えを与えてくれた。

  人生において「成功」は約束されていない。

それに続く言葉として、

  しかし、人生において「成長」は約束されている。

この言葉を聞いて、正直、涙が出てきた。

  “いままで悩んでいた答えにようやく出会えた”

人生、結果が全てではない。
特に、一時の失敗は不成功は、長い道のりの人生においては成功のきっかけや前提であることも多い。

その観点から言うと、努力は目先の結果で見た場合は成功に結びつかなくても、そのことによって自分の成長を必ず促し、その失敗とそれによる成長の継続から、いずれ大成する前提となるという見解。

冒頭から、そんな衝撃的な「努力」に対する認識と見解。
そして、人生において起こる「不幸」、嫌な人との出会い。

  如何にして、その壁を乗り越えるか。

そこには、自分の心の持ちようが記載されている。
そこには、自分の素直な気持ちを、包み隠さずに自分の意識上に表し、それに対して正対する覚悟の大切さを説く。

  要は、逃げない、という心の持ちよう。

だから、あっという間に読み終えた。
そして、最後の最後は、何故か涙が。

  “逆境を受け入れよう”

素直に、そう思える読後の感想でした。

|

« 立秋 | トップページ | 商品を知る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
陰の本音。
自分が置かれている現状ではなく、逆境に自分を追いやる勇気を持ちたいという意図でした(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年8月 8日 (土) 06時35分

成功事例は稀だからこそクローズアップされるのでありチャレンジする殆どは徒労に終わるのでしょうね。徒労を前向きに捉える事で成長があり失敗の確率を下げていくのだと思います。失敗は成功の素・・・古来からの謂れは正しいのでしょう。失敗も大切な経験、計画があり実行してこそ失敗もあるのですから失敗を恐れ無難に過ごすよりも失敗をして反省する事により成功へのステップがあるのですから・・・と本日は自己弁護も交え(笑)。
「逆境を受け入れる。」てっちゃんの陰の本音も垣間見たような・・・(笑)。

投稿: dadama | 2015年8月 7日 (金) 22時04分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
文脈に途切れが無いので、とても読みやすいですよ。
ただし、あまりにも読みやすいので、しっかり意味を認識しながら読まないと流されてしまうこともありますのでご注意を(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年8月 7日 (金) 06時51分

何やら重みのある内容のようですね。今の私に理解できるかわかりませんが注文して見ました!

投稿: かわらい | 2015年8月 6日 (木) 19時13分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
具体的な技術を整理した啓発本ではないですね。
考え方というよりも、心の持ち様、整理の仕方、そして人としての生き方が伝わってきます。

投稿: てっちゃん | 2015年8月 6日 (木) 07時00分

本屋さんのビジネス書コーナーにある
一般的な自己啓発本とは一線を画す
内容ですね。
ネットで頼めば早いのですが、
家に帰る時間には配達してもらえないので、
アナログ的に本屋に注文中であります。
昨日より時間確保の為、電車通勤に変えました(笑)
より早起き生活に磨きがかかりそうです(^^;;

投稿: 神出鬼没 | 2015年8月 6日 (木) 05時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/62022554

この記事へのトラックバック一覧です: 新たなバイブル:

« 立秋 | トップページ | 商品を知る »