« お盆商戦を前に | トップページ | 人間性 »

2015年8月 2日 (日)

会話

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今日は日曜日。

  芸能ネタの日

ではあるが、たまには8月のお盆月間でもあり(関係ないが)、別ネタで記してみたい。

  夫婦の会話。

夫婦生活も20年を経過すると、いろいろと変遷してくるものだ。

新婚当初は、お互いに違う人生を歩んできた二人が一つの部屋で暮らすということに対しての、お互いの価値観を擦り合わせる時間が続く。

これは、その後の結婚生活を継続していく上で必ず通る道であると考える。
この擦り合わせを曖昧にしてしまうと、後々お互いの価値観やお互いの存在を認められなくなる要因となろう。

  喧嘩してでも自分と相手の価値観を認識する期間。

この期間の間に、子供が生まれたり家を変えたり住所を変えたりしながら、夫婦から家族という関係に広がっていくわけである。

  当然、会話もその広がりがメインとなる。

そして、子供達も成長し、女房の手が少し空いてくると、家族の未来の会話が増えてくる。

  子供の将来、親族のことや自分たちの将来も。

そして、お互いに50を超え、子供達もある程度独立し始めてくると、当然ながら老後の事、それへの不安等も会話に混ざり始める。

  それでもその話をお互いに聞いてくれる相手がいる喜びがある。

今後もなんとか二人で乗り越えていこうという激励的な部分で最終的には落ち着くのであるが、これが一人だったらと思うと自分に自信が持てない。

  だいたい、1日の中で話の中心にいるのは女房である。

それは、概ねの家庭ではそうなのであろう(笑)。
旦那はまだまだ働き盛りで組織を負う方も多いだろう。

  家ではゆっくりと落ち着きたい。

そんな価値観で家を位置付けるかたの方が多いのではないだろうか。

  そんな中での、夫婦の会話。

今までは、女房の話を聞くというスタンスに欠けていたかもしれない。
子育てという一大事業を終えようとする女房の話す相手は旦那しかいない。

それぞれの家庭では、夫婦水入らずでどんな会話をしているのだろうか?。

  政治の事。
  安保の事。
  経済の事。

そんな話は、ニュースで取り上げたときぐらいで、ほとんど夫婦間の会話には登ってこないのではないだろうか。

  女房の愚痴。
  私への要望。
  自分の趣味。
  隣人との関係。

しかし、以前は自分に向けられたそんな話を、こちらも真剣に聞く余裕も無いため、適当にあしらってきたのだが、最近はこのような話にも耳を傾けられる余裕が生まれてきたのだろうか。じっくりと相手の目を見て話が聞けるようになってきた。

  何が変わったのだろうか。

以前にご紹介した「多重人格」の本
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334038565/tetu0358-22
のように、人格の幅が広がってきたのだろうか(笑)。

それは冗談としても、この年になって夫婦の在り方が自分なりに整理できるようになってきたのだろう。

もしかすると、女房はすでに結婚当初からその事を悟っていたのかもしれない。
それは、二人の会話を更に進めて、その奥底をさぐり出さなくてはならないであろうが。

  既に、喧嘩してでもお互いの価値観を擦り合わせる時期ではない。

お互いに擦り合わせた価値観で、夫婦二人の価値観で生きて行く人生観を確認し合い、また二人だけの当時のような会話がどれだけ進化してきたのかを楽しめる時間として費やしていきたいものである。









|

« お盆商戦を前に | トップページ | 人間性 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
「人生で起こること、すべて良きこと」
田坂さんの新著、ぜひ読んでみてください。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569826024/tetu0358-22

投稿: てっちゃん | 2015年8月 4日 (火) 11時04分

私には皆様のような我慢が足りなかったようで………(笑)

投稿: 神出鬼没 | 2015年8月 4日 (火) 03時55分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
夫婦生活に「主導権」などという権限は夫には存在しませんよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年8月 2日 (日) 23時11分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
私も、定年後の生活が大いに不安で、夜も眠れなくなります(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年8月 2日 (日) 23時09分

kazuさん、コメントありがとうございます。
当家は今でも擦り合わせきれないお互いのとんがった部分が多々残っていますが(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年8月 2日 (日) 23時06分

只今喧嘩するでもなく、静かに価値観の擦り合わせ中です。(笑)未だ主導権を手にしたことはありません!

投稿: かわらい | 2015年8月 2日 (日) 22時53分

私は家事の事は全くと言って良い程家内に任せっ放しですから家内に捨てられたら赤子と一緒です(笑)。仕事馬鹿にちかいですかね。でもそろそろゴールが見えてきた今、新婚当時の2人だけの生活になった時、一緒に居て良かったとお互いが思える人生を送りたいですね・・・家内はどう思ってるかは多いに不安ですが(笑)?

投稿: dadama | 2015年8月 2日 (日) 20時18分

kazuです。

本日は夫婦ネタですね。
私も単身赴任をして昨日で丁度1年になりました。元々休みも違う、趣味も違う私達にとって会話も有りませんね。
最近では夫婦で行動する機会より上京している娘と出かける時間の方が多いです。
もう少し、年を重ねると夫婦としての良さが分かるんでしょうかね?

投稿: kazu | 2015年8月 2日 (日) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61967532

この記事へのトラックバック一覧です: 会話:

« お盆商戦を前に | トップページ | 人間性 »