« アイスコーヒーの意外性 | トップページ | きっかけを活かす »

2015年7月 9日 (木)

アルバイトの成長

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、ある人物が私を訪ねてきた。

  かってのお店のアルバイト。

アルバイトとは言え、しっかり勤務してくれて店長の私以下、社員ともコミュニケーションを取れる人材ではあった。

  てっきり当社の社員になってくれるのだと思っていた。

のだが、噂では当社ではなく別企業に就職したということであった。

そんなことで、すっかり彼のことを忘れていたのだが、先日当店に現れた。
休憩中に担当者から呼ばれて行ってみると、彼が笑顔で挨拶してきた。

  「おぉ〜っ、久しぶり。」

思わず大声を出してしまった。

  「ところで今日はどうした?。」

彼は、大学卒業後、地元の漬物屋に就職したらしい。
よくよく聞いてみると、その漬物屋は当然当社との付き合いもあり、今日はその挨拶に店舗の担当者に挨拶に来たらしい。

  相変わらずの爽やかな笑顔で応えていた。

彼に言わせれば、以前の店舗でのアルバイト経験が大いに役立っているという。
そこで知り合えた店舗の担当者との付き合いが、現在の仕事でも活かされているという。

  同じ店舗で働いた仲間。

そんな仲間意識が、現在はメーカーと店舗との関係になっても、当時の担当者とのふれあいで別の働きがいにつながっているとも言った。

  人生は積み重ねなんだと思う。

過去の経験から得た学びや友人、そして先輩とのつながり。
それらは、次に人生においても何かしらで関係してくる。

  だから、今を疎かにしてはいけない。

今の延長線上に自分の未来が走っているのだから。
全く別のレールに乗ったつもりでも、今のつながりを活用して次の人生を歩んだほうが絶対に成功する。

次にステージに全く新たな構築をしなければならないことほど、無駄なことは無い。
今の世界からまったく足を洗いたい、断ち切りたいという意図でなければ、今の経験や行動、そして一生懸命に生きることは、必ず次のステージに活かされる。

  彼と話をしていて、そんなことを想うのだった。

しかし、そうやって縁あって入社してきた若者達が、この業界から足を洗っていく姿も多い。

  就業上の条件も良いのかもしれない。

それは、日曜日に休日が取れたり年末年始に長期連休が取れたりできるというメリットもあろう。
工場であれば、定時出社し定時帰宅できるメリットもあろう。

  しかし、この業界の仕事のやりがい。

それは、自分で企画し自分で発注数量を決定し、自分で売場を作って販売できるという自己完結型の業務スタイルができるということだ。

  私は、この業務スタイルから離れたくはない。

そこに一番の達成感を感じている自分がいるからだ。
そして、そんな若者達を増やしていきたいと願うのである。








|

« アイスコーヒーの意外性 | トップページ | きっかけを活かす »

部下育成」カテゴリの記事

コメント

ksさん、コメントありがとうございます。
小売でのアルバイトで理解した小売業の面白さ。
アルバイトだってやる気と気づきがあれば仕事を任せられて、自ら考え自ら行動し自ら結果を出せるという仕組み。
この仕組みこそが小売の醍醐味であり面白さでもある。そんな特性をもっともっと部下や従業員と共有して働く楽しさを広めていきたいですね。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: てっちゃん | 2015年7月11日 (土) 21時53分

初めてコメント致します。
つい先日から何度か訪れさせてもらって、気が向いた時に読ませて頂いてます。

私もかつては小売の店舗でアルバイトをしてまして、現在はメーカー側にいますが、小売での経験は役立っていますし、「物を売る」ことの快感はアルバイトで大いに味あわせて頂きました。
もともとの生意気な性格を当時の店長やチーフにうまく使われ、「じゃあお前がやってみろ」と色々と任せてもらったのが今では有難いです。見切り商品を一箇所に集めて販売数を伸ばしたり、前回の特売の余りを勝手にエンドに組み込んで、売変してPOPつけて販売したり。
本当に勝手を許してもらえていたなと、今社会で働いてみて痛烈に感じています。
今はまた違う角度から、小売さんとはお付き合いをしていますが、スーパーはもっと成長の余地があると思います。大手GMSの画一型店舗設計が行き詰まり、地場密着が再注目されている中、てっちゃんさんのような店長さんが一人でも多くなれば、勢力の増すコンビニやドラッグと、まだまだ渡り合えると思います。
今後のご活躍に期待しております。
長文失礼いたしました。

投稿: ks | 2015年7月11日 (土) 18時45分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
従業員のやりがい。
従業員がイキイキ仕事ができる環境。
将来のことを考えると、そんな環境を持った企業作りをすることが将来の強みとして勝ち組になっていく要素だと思うのです。
価格競争でもなく価値競争でもなく、従業員のやりがいの深さの競争の時代に入っていくのではないかと思っています。

投稿: てっちゃん | 2015年7月10日 (金) 00時40分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
そこから入社まで導きたかったのですが、私自身の異動もあり最後まで見届けられなかったのが心残りでした。

投稿: てっちゃん | 2015年7月10日 (金) 00時38分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
一番初めの上司が強烈過ぎて、その後の成長を感じられないのでは(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年7月10日 (金) 00時36分

りっちゃんさん、コメントありがとうございます。
まさに親代わり。その通りですね。
逆に、親が言えない厳しい社会人としての躾も仕事上の関係で話せる強みはありますね。
「ここでバイトをやってよかった。」
後々そう思ってもらえるようにしていきたいと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年7月10日 (金) 00時35分

全く進歩のない元アルバイトの上司です(笑)。当社も新入社員の離職率が高くなってますね。トップ連中は「最近の若い者は・・・」と思っているようですが商売を楽しもうと夢見た新入社員が現実を目の当たりにして意欲を失うのが主因のような気がします。商売を通じて自己成長が出来る環境。若年層減少の中、働き甲斐のある職場環境が企業の成長に欠かせなくなるのだと思います。

投稿: dadama | 2015年7月 9日 (木) 23時19分

かつてのアルバイトが成長し訪ねて来てくれるのは嬉しいものですね。しかし、そのまま入社してくれるのはもっと嬉しい。アルバイトから入って活躍中の社員も多いのですが、ここ数年は・・・。なかなかやりがいは与えられていないようです。

投稿: かわらい | 2015年7月 9日 (木) 23時03分

過去から現在まで全く進歩のない元アルバイト
でございますm(_ _)m

投稿: 神出鬼没 | 2015年7月 9日 (木) 22時13分

弊社では学生アルバイトはほとんど夜間レジですが
他県から来ている方も多く親代わりとして接しています
スーパーと言う仕事上、挨拶や清潔感など
社会人になっても役立つ事も多いので叱咤激励の毎日です

投稿: りっちやん | 2015年7月 9日 (木) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルバイトの成長:

« アイスコーヒーの意外性 | トップページ | きっかけを活かす »