« 多重人格 | トップページ | 「てっちゃん会」第八幕顛末記 »

2015年6月11日 (木)

役割をかぶらない

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしております「てっちゃん」です。


役割。

  職位毎の役割とは?。

店舗内では、店長の役割、チーフの役割、担当者の役割、パートさん達の役割、アルバイトの役割。

本部では、社長の役割、副社長の役割、本部長の役割、バイヤーの役割等々。

それぞれが、明確な区切りや領域は示されていないが、なんとなくこの辺がこの人の役割の領域かというイメージはつく。

  そして、店長の役割。

頭ではわかっていても、日常からその役割に徹している店長は少ないのではないか。

  私も、ふと我に帰るとその役割が頭から離れる事が多い。

本来ならば、商品も持たず売場も持たない訳だから、店舗内で一番お客様の視点で冷静に売場を見れる立場にあると思う。

それが、売場が間に合っていないから、どっぷり品出しに浸かってしまう。
それならまだいいが、1日の大半を品出しに費やし、額に汗して充実感を味わう事を日常としている方もいるのではないだろうか。

  店長の役割。

瞬間的に人員に急遽欠員が発生して、店長が入り込む場面はあるだろうが、日常から店長の役割を他の担当者とかぶってこなしていては、絶対にいい店にはならないだろう。

  昨日は、多重人格を記した。

多重人格を有した店長。
その中でも、お客様としての人格を店舗内でどう演出するか。
あくまでも、お客様の目線で自店の売場を眺めて、もっとこうすればお客様が満足されるのではという視点は、店舗内で店長だけの役割であろう。

その役割は他の誰にも取って代わる事のできない重要な役割となる。
それを、他の従業員でもやれる仕事にどっぷり浸かってしまっていては、もはや店長とは呼べない存在ではないのだろうか。

そういう意味で、店舗内の従業員、店長、副店長、部門責任者、部門担当者、パートアルバイト、それぞれの役割をお互いにダブらないでこなしていくというスタンスは重要であろう。
ただ、それを決めつけてしまうと、もっとお客様の目線で見れる要素の高いパートさん達の声を殺してしまいかけないから、パートはパートの役割だけをやるという事ではない。

ただ、店長として、店内の問題を自ら発見して自ら解決していくスタンスは店長の本来の仕事ととして一番適任者である事は間違いない。

  しかし分かっちゃいるが出来ていない。

逆に、その部分に慣れていないから、持て余してしまう事も多い。

  課題が見えるが手の打ちようが無い。

何度言っても動いてくれない本部。
そんな言い訳が頭をもたげてくると、本来の仕事を放棄し始める兆候である。

他の従業員と役割をかぶらないで、その役割をキッチリこなす。
その姿は、部下には必ず伝わるはずである。

  そこから発生した信頼関係は崩れないだろう。

普段、売場でフラフラしているように思える存在かもしれないが、それは店長にしかできない役割を遂行し、確実に問題を解決して自分たちができない役割をこなしてくれているという信頼と安心。

それがあるから、部下は部下で自分たちの役割をしっかりこなしていこうとする意欲にもつながるのだろう。

  店長としての役割。

他の従業員とかぶらないで店長だけが遂行できる役割。

  もう一度見直してみたいものである。





|

« 多重人格 | トップページ | 「てっちゃん会」第八幕顛末記 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
物事を客観的に見る、内面的にみる。
そしてもっといい方法や売れる方法、効率のいい方法に対して率先して入り込む。そこに一緒になって汗を流す。
そんなスタンスでリーダーの存在感を表したいですね。

投稿: てっちゃん | 2015年6月12日 (金) 06時30分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
何かを提出させる、報告させる、そんな作業は部下の業務を一度棚卸ししてやらないと、同類の仕事をだぶらせる原因になりますからね。

投稿: てっちゃん | 2015年6月12日 (金) 06時27分

机上の計算も大切ですが商売は人が介在する以上一緒に汗を流す連帯感・信頼感も大切であり売上を伸ばす大きな原動力になると思います。店長個々の性格が関わり組織的には標準化出来ないリスク部分てはありますが(笑)。物事を動かすには日頃の信頼感・連帯感は外せませんね。

投稿: dadama | 2015年6月11日 (木) 22時01分

色々な仕事に手をつけて一つも完結出来ない今日この頃。(笑)自分にしか出来ないと思って取り組んだ仕事が実はかぶっている、人の仕事を増やしてしまう。毎日試行錯誤です。

投稿: かわらい | 2015年6月11日 (木) 20時56分

りっちゃんさん、コメントありがとうございます。
私も含めて、どっぷりと品出しを終えて仕事の達成感を覚えてしまう。
わからなくもないですが、やっぱり違う。
部下は一時喜んでも、同じ課題の繰り返しに同じ不満を持ち続ける。
店長が本部との架け橋となって現場の問題を表面化してそれを潰していこうとする行動が信頼関係へと進んでいくのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年6月11日 (木) 18時14分

どっぷり荷下ろし品出しに浸かっていました
若い頃は心地よい達成感にひたってましたが
おっしゃる通り店長は 部下になりかわり
バイヤー、本部と交渉し仕事をし易い
環境を造ってあげる事ですよね。

投稿: りっちやん | 2015年6月11日 (木) 18時07分

パセリさん、コメントありがとうございます。
店舗にとって、店長は誰よりも見られているという存在。それは従業員のみならずお客様も見ています。
特に自分の背中は気を付けましょう(笑)。
冷静に見て、店舗内の何に問題があり、どう改善していくのか?。
優先順位を取り、自分が動かないで店舗内でバランスをとりながら、更にもっと有効な改善策を探るのが店長の目線ではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年6月11日 (木) 12時31分

思い切って、今日は、今まで、事務所のいすに座っていました!
けっこう、従業員の方が、よってくるもんですね。

店長の肩書きって、仕事の内容は、もちろんですが、やはり、特殊な存在なんですかね?

投稿: パセリ | 2015年6月11日 (木) 12時15分

パセリさん、コメントありがとうございます。
自分にもあるあるな話です(笑)。
ただ、どこかで振り返り見直していかなければ、原点に戻れなくなってします。
自分の仕事の原点とは、という意識も振り返る必要がありますね。

投稿: てっちゃん | 2015年6月11日 (木) 09時08分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
チェーンストアという枠の中で、個店の特性と担当者の意志を尊重した売場作りを理想としたいですね。
現場の意志という業績に重要は要素をどこまで引き出せるか。店舗のリーダーとしても考えさせられる課題です。

投稿: てっちゃん | 2015年6月11日 (木) 09時04分

当たっているだけに、耳がいたいです…
分かってはいるけど、やめられない!
ただ、同業者からの、ご指摘は、なんか、うれしくもあります。

投稿: パセリ | 2015年6月11日 (木) 07時06分

せめて自分の売場だけでも、俯瞰して見て売場運営を行いたいものです。

投稿: 神出鬼没 | 2015年6月11日 (木) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61699951

この記事へのトラックバック一覧です: 役割をかぶらない:

« 多重人格 | トップページ | 「てっちゃん会」第八幕顛末記 »