« 脱アイドル宣言 | トップページ | 向き不向きより前向き »

2015年6月 1日 (月)

魔法の言葉

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日、フジのめざましテレビで面白い企画をやっていた。

  「魔法の言葉」

これは、今話題の「ビリギャル」の原作者を取り上げたテーマだった。

  「ビリギャル」。

学年でビリのギャルが、一年で偏差値を40も上げて、慶応大学に現役合格した実話である、らしい。

  その原作者の「魔法の言葉」に迫った。

まず、原作者が取る聞き方のスタイル。

  腕組みをしない。
  リフレーミング。

この二つを絶対に守る、ということから始めるという。

  腕組みしない。

これはなんとなくわかる。
腕組みするということは、相手をシャットアウトすることだという。

  腕組みしない、足組みしない。

これによって、オープンスタンスになるという。
相手は安心して思いを語ることができる環境が整う。

  そして魔法の言葉が「リフレーミング」。

それは、「後ろ向きの言葉を受けて前向きの言葉として返してあげる」という行為。
これが、リフレーミングということらしい。

例えば、やる気にムラがあり、そのムラを解消したいという悩み。

  「それをムラだと勝手に思っているだけなのかもしれない」

先生は、こう返す。
自分は、ムラだと消極的に思っていても、ムラのある日に勉強する時間はそれでも5時間程度は取っている。

  ゼロではない。

それは必要不可欠の充電の時間だと考えればいいのではないか、と問う。

  それによって、相手の心理は大きく傾いていくという。

自分自身に自信を持つようになる。

  “自分はダメ人間ではないんだ”

そう思うことで、勉強に対しての緩急をつける手法を身につけ、自信を持って日々を過ごせるようになったという。

  ネガティブな心理を如何にポジティブに変えられるか。

これが、魔法の言葉を生む原理である。

  モチベーションが下がっているという認識から、
  モチベーションを休憩させているという認識へ。

まず、自分が問題としている視点を変えてやるということだ。

自分の人生で、何度か出会う「魔法の言葉」。

  魔法の言葉を発する立場の私たち。

別にこれも、テクニックではないのだろうが、上記のような話を聞くと、それでもその言葉には原理原則があるような気がしてくる。

魔法の言葉に後ろ向きはない。
  
  常に前向きで人生を見ていくこと。

そこに、人はしっかり前を向き、自分の進む道に自信を持って堂々と進んでいけるのではないだろうか。

  誰でもない、自分の推進者は自分の足であるのだから。




|

« 脱アイドル宣言 | トップページ | 向き不向きより前向き »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
やっぱり部下一人一人をどう伸ばそうかという意識を持たないと、タイムリーな言葉は出ないと思います。
私もそんな意識を今まで以上に持ちたいですね。

投稿: てっちゃん | 2015年6月 3日 (水) 08時53分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
部下の可能性を伸ばす存在。
その存在としての店長は本部スタッフの比ではないでしょう。
だから、部下の人生を背負うという意識。思い十字架を背負う覚悟が必要なのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年6月 3日 (水) 08時50分

改めて(笑)。人間は無限の可能性を秘めているのであってメンバーの可能性を伸ばすも潰すも店は長の度量次第なのでしょう。怖い事ではありますが店長のポジションとはそういう立場なのでしょうね・・・自戒を込めて。

投稿: dadama | 2015年6月 2日 (火) 22時43分

魔法の言葉を発する立場、荷が重いですね。いくら本を読んで見ても自分が精神的に強くならないといけないと感じますね。

投稿: かわらい | 2015年6月 2日 (火) 20時04分

すみません、夜這い&極悪三昧で燃え尽きました・・・これではポジティブのリフレーミングはむりでしょうか(笑)。

投稿: dadama | 2015年6月 2日 (火) 16時31分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
自分自身をコントロールするのはあくまでも自分。
だから自分の考え方ひとつで前進もできるし後進してしまう時もある。
このブログを読んでくださる方達には、前者を選択してほしいと願っております。

投稿: てっちゃん | 2015年6月 2日 (火) 08時10分

学校とお店。
いや、どんな組織においても、
人を動かすという点においては共通点、
学ぶべき点は多いなと思います。

何もしなければ他人やお上は変わらない。
そこで先ずは己自身が、マジックワードでポジティブに思考を変えて行かねば、物事は何も変わりませんね。

ですが時間は止まってはくれないので、同時進行で
周りの意識も変わってもらえるように共育(きょういく)
中です(笑)

振り向いても後ろに夢はありませんから、少しでも
良いので前を向いて進んでいきたいものです。


投稿: 神出鬼没 | 2015年6月 2日 (火) 05時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61646999

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の言葉:

« 脱アイドル宣言 | トップページ | 向き不向きより前向き »