« 商品知識を伝える | トップページ | 3月から4月へ »

2015年4月 1日 (水)

感情表現

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


いよいよ今日から4月。

  学生達は、新たな年度のスタート。

そして桜も咲き(関東中心部が今の見頃か)、春爛漫といったところか。

  そして、当社では春のレジコンテストが開催された。

各店から候補者を選出し、レジトレーナーが各店を店巡して候補者を評価して全店での本戦が本部で開催された。

  この上位者が夏のレジフェスティバルの出場となる。

当店からも本戦出場を果たした。嬉しいことである。

  このレジコンテストに店長が如何に関わるか。

どんな大会や売場作りイベント等なんでもそうだが、直接担当する担当者と店長との関わりで、80点の出来で終わるか120点まで伸ばせるかの瀬戸際がここにある。

とかなんとか大したことを言ってはいるが、私もレジに関しては誰よりも関わりの少ない店長の一人ではある(笑)。

  とは言っても、コンテストとなれば人一倍燃えるのも確か。

特に、このような順番が出るイベントや表彰されるようなイベントには人一倍負けず嫌いな面が前面に出てしまう。

  “せっかく出場するのだから、どうせなら一番を目指す”

それが私の流儀ではある。

だから、その練習風景に関しても、どこかで顔を出して勝利のポイントをアドバイスする場面が多かった。

他の従業員からは、

  「私の時はこんなに熱心にならなかったですよね(笑)」

とかのやっかみももらいながらの訓練への関わりもあった。
そんな状況の中で、出場者との関わりを持ちながらアドバイスを続けた。

  “あとひと山越えなければ入賞は難しいか?”

そんな感想を抱いてはいた。
本戦ともなれば、本気で優勝を狙ってくる担当者も多いはずだ。
そして、当社で全国のフェスティバルに出場した数々のメンバーを見ても、レベルはハンパではない。

  “ちょっと入賞は難しいか?”

そんな印象を持ちながら、本戦が始まった。
レジチーフ会議の中に、レジコンテストが開催される。
今回は都合によりコンテストに参加できなかったので、実際の演技が見れない分気にはなっていた。

そして、本部で開催されていたレジコンテストが終了し、本人が帰ってきた。

  「いやぁ〜〜、疲れました(笑)。」

    「どうだった?。」

  「ボロボロでした(笑)。」

本人談である。
私は、その場に居合わせた、この地区担当のレジトレーナーへ電話した。

  「今日の出来はどうだった?。」

    「いや〜私も心配でしたが、本人頑張ってくれましたよ。」
    「本番では活き活き演技していました。びっくりしました。」

そんな印象を語ってくれた。
特に、レジ清算後にお客様役との課題演技が待っているのだが、そのやりとりの時に本人の感情が会話の時にお客様とのよりとりで交わされ、それが見ている周囲のギャラリーに対して好印象だったようだ。

  上手くお客様との感情表現のやりとりがなされていた。

感情表現。

  一歩間違えば、大クレームとなる感情。

しかし、お客様の感情を受け取りそれを表現することで、お客様からも安心感を得られる。

  そんな感情表現が上手くなされていたらしい。

嬉しいことではある。
そんな接客をどんどん習得してほしいものだ。






|

« 商品知識を伝える | トップページ | 3月から4月へ »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
このようなレジでの取り組みによって、私のようにレジを避ける店長ですらも関わらざるを得ない環境作りがひつようかと(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 4日 (土) 06時53分

なかなか評価が難しく、やりがいを出すのも難しいチェッカー業務、御社の取り組みは素晴らしいですね。当社でももっと店長のレジへのかかわりを強めていきたいですね。

投稿: かわらい | 2015年4月 3日 (金) 21時02分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
レジ担当の仕事の喜び。
意外に販売にあったりして(笑)。
販売に携わることでレジ打ちも自分の壁を打ち破ることも出来かもしれませんね。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 1日 (水) 23時40分

レジ業務は私もあまり関わらない(と言うより関わりたくない)のですがお客様視点では店舗のイメージを決定づける重要な業務ですね。私が入社した頃はPOSもなくブラインド打ちが評価された時代でしたが業務としてはシンプル。現在は手打ちの職人技は必要なくなってもクレジット・クーポン・おさいふケータイ等決済業務がとても煩雑になっておりそのストレスもかなりの物だと思います。高度な知識と接客応対・・・レジ業務に携わるメンバーに敬意を表さねばなりませんね。

投稿: dadama | 2015年4月 1日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61349764

この記事へのトラックバック一覧です: 感情表現:

« 商品知識を伝える | トップページ | 3月から4月へ »