« 3月から4月へ | トップページ | 「せとか」にハマる »

2015年4月 3日 (金)

柔らかい記事

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


毎日更新のブログ記事。 

  以前はプライベートな記事も多かった。

ここ1年程度は、どちらかといえば堅い記事が多いと思われるでしょう。

  最近、知人からもそうアドバイスされた。

「最近の記事は営業面の話題が多くて、飽きるんだよねぇ〜(笑)」

  みたいに。

確かに、わたし的にも意識的に「堅い」記事に重点を置いてきたきらいはある。

  それは、フェイスブックの影響でもある。

フェイスブックを始めたことにより、ブログは仕事中心に、フェイブックはプライベート中心に、意識的に分けてきた。

フェイスブックは実際に会った方を中心に、その周辺の方との結びつきが主であるから、どちらかといえプライベートな記事を中心に、より親近感のある内容のアップになり、ブログはどちらかといえば一方通行の発信であるから、より仕事面や営業面での記事に徹して、よりよい情報の発信を心がけてきた。

  しかし、たまには柔らかい話も読みたい。

やはり、バランスは大切なのだろう。

  時にはうなずき、時にはホッコリ。

そのバランスが読者の方を飽きさせないバランスなのだと思う。

  ということで、「柔らかい話」である。

いろいろなところから、桜の開花の話題で持ちきりである。

  桜の開花。

こちら北関東では、これからが本番である。
そして、それと同時に自宅の庭に咲く「桃の木」。

  こちらも、桜の開花とほぼ同じ時期に開花を迎える。

蕾からの開花は一気であり、あっという間に花が開く。
Photo_5    
そして、家の桃の木に咲く桃の花は、赤や白、そしてまだらと色とりとりである。
以前は、真っ白の花びらもあったのだが、なぜか最近は無くなってしまった。
Photo_6

Photo_9

Photo_10

そして、さらに蕾はこれからも花開くのであろう。
Photo_11

そして、いよいよこれから先、庭先にも色とりどりの花が咲き始めます。
これも、商売の52週同様に、週ごとに季節が変わる日本の一番の特徴だろうと思います。





|

« 3月から4月へ | トップページ | 「せとか」にハマる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
敏感な感性はすなわち商売感と同義語になっていくのだろうと思います。
自分も更に感性を磨いていきたいですね。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 5日 (日) 23時33分

お二人のコメント、結局仕事の話になってますね!(笑)
私に至ってはそういえば満開になってたっけな?って感じで相も変わらず食べ物にしか目がいきません。もう少し季節を敏感に感じるようにしなければ!(笑)

投稿: かわらい | 2015年4月 5日 (日) 19時17分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
日本の四季。
この地に生まれ育った我々にはわからないが、この四季に囲まれて食生活も変化し豊かさを感じる。
外気温に合わせてメニューが並び、自然に成った天からの贈り物で食卓が並ぶ。
現代は中々外に出て自然に触れる機会が減少しているが故に、我々生鮮食品スーパーがより積極的にこれを担う使命があると思うのです。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 4日 (土) 06時57分

宇都宮の桃源郷・・・。
花鳥風月。日本には四季があり旬がある。日本のDNAを食の切り口から伝承していくのも私達の責務なのでしょう。日本の食文化を価格・合理性に埋没させてはなりませんね。お客様も望んでいる筈。まだ伝える力が私には足らないと感じています。

投稿: dadama | 2015年4月 3日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柔らかい記事:

« 3月から4月へ | トップページ | 「せとか」にハマる »