« 普段の強み | トップページ | 久しぶりの薫陶 »

2015年4月23日 (木)

既存店の見直し

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


大手各社の今年の方針。

  既存店の見直し。

要は、新店の出店を抑えて、その分既存店を見直し改装を進めていくという方針。
特に、GMSと呼ばれる業態を持つ企業に、既存店の見直しを主体に進めていく機運が生まれているようだ。

  なぜか?。

それだけ、既存店の業績が厳しいということだろう。
更には、新規出店で試行錯誤しながら進めてきたストアコンセプトの中から、成熟した部分、成功している部分を既存店に拡大させて地域の競争力をつけていくことも目的としてあろう。

また、建築資材の高騰により(一説には1.5倍に跳ね上がっているらしい)、出店したくてもコスト増により見送られるケースも増加してきたということだろう。

  外部与件的には上記の要因が主たるところだろう。

しかし、内面的には・・・。

  既存店内の組織変革が大きな目的ではないのか?。

7&iグループが進める個店経営。
そのためには、個店の店長を中心とする個店のMDやストアコンセプトを把握し、個店対応できる環境作りが必須である。

  人材教育や仕組み作り。

その基礎固めには地道な時間とコストがかかる。

  新店はその1店舗の問題で解決できる。

しかし、既存店の見直しということは、その他大勢の店舗全体の体制を見直し内部マネジメントを変革していくことである。

  一年二年で完了する問題ではない。

しかし、これだけ地域性に根ざした問題がGMSの壁となって覆いかぶさっているなかで、店舗での個店対応のレベルを高めていかない限りは、地域で生き残ってはいけない環境となってきている。

規模の優位性を活かしつつ、地域性を重視した個店競争力を高めていく。
そして、その根底にある従業員一人一人の創造性の発揮。

  そこにメスを入れない限りは個店経営には至らない。

個店経営とは、個店のお客様に的を絞って競合店との競争の中で生き残っていくことであるが、その根底にはそこで働く従業員一人一人の競争力の高まりが必須となる。

  従業員一人一人の成長が個店経営の基盤となる。

私は、そう思っている。
要は、一人一人が自ら考え自ら行動するという組織の基本が備わっていることが前提となる。

  その前提をこの一年間でどれだけ定着させられるか。

ここから既存店の見直しを図らなければならないのだろう。
この業界は、今後人材が大幅に希薄になっていく構図にある。

  そんな中での既存店の見直し。

働く人という問題も含めて、従来の働く環境や福利厚生も見直しを図らなければ個店経営化は図られないのかもしれない。

その裏側では、新店出店での建築コストの高騰と相まって、従業員の採用面でも大きな問題が立ちはだかっている。

  人材採用が進まずに出店の延期。

こんなことが現場では起こっているのである。
また、5月の出店で100人採用予定のところが現状30人のみ。
そんな事態に陥っている店舗もあるようだ。

  そんな問題も新店出店への不安材料。

もう一度、商売の基本に戻ろうとする既存店の見直し。
そんな地域回帰の戦いとなっていくのだろう。







|

« 普段の強み | トップページ | 久しぶりの薫陶 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
大手は大手で組織力と個店力をいかにマッチさせられるかを試行錯誤している昨今。
そして大手でも彼のような人材に賭けようとしている。原点に戻るということはこのようなことなのでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年4月28日 (火) 01時07分

大手スーパーの個店経営の体制が整う前に攻勢に出たいものです。中部地区の某王手スーパーも一人の店長が旋風を巻き起こしているようなので楽観視は禁物ですね!

投稿: かわらい | 2015年4月27日 (月) 23時06分

dadamaさん、こめんとありがとうございます。
考えてみれば、食品スーパーも衣料品の売場、雑貨の売場を縮小しつつ改装を手掛けていった結果、現在の安定した数値状況を確保していった経緯がありますからね。さてGMSが今後どのような売り上げ拡大策を図っていくのか楽しみでもありますね。

投稿: てっちゃん | 2015年4月24日 (金) 06時38分

GMS業態の勝モデルが見えないのが新店を躊躇する要因だと思います。利益率の高い衣料・住居関連の苦戦。このトレンドは多分止まらない。考えて見れば食品を買う恰好でファッション性の高い衣料を買うのか?時代の流れには逆らえません。素直に業態転換した企業は業績が良い。これからの改装の軸は衣料・住居関連を圧縮しテナントを導入。テナントが入る集客力の高い食品の構築だと思います。食品で戦うには地域でのコンセプトをお客様に具現化せねばならず必然的にも個店色を高めねばならないでしょうね。

投稿: dadama | 2015年4月23日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61466398

この記事へのトラックバック一覧です: 既存店の見直し:

« 普段の強み | トップページ | 久しぶりの薫陶 »