« 感情表現 | トップページ | 柔らかい記事 »

2015年4月 2日 (木)

3月から4月へ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


思えば、昨年の3月から4月にかけては激動の数週間だった。

  消費税増税前と後。

単にそのような表現で言い表せはしても、その過程と内容と消費の動向は、3月31日と4月1日の間の壁の隔たりは半端では無かった。

  あれから1年。

そん反動がまさに今到来している。
3月の後半からのグロサリー関連の低迷。
それは、昨年あれだけ買い溜めされたわけだから、その売り上げに今年の数値が追いつくわけはない。

  企業によっては、3月頭からのチラシ攻勢。

しかし、その努力も虚しく、結果は付いてこない。
それはそうだろう。昨年の需要は増税前の買い溜めが主な要因であるから、買い溜めするという心理が大きく働いている。

それに対して、単なるチラシの大きさや多少の価格で買い溜め需要を誘引しようとしても、無駄な買い物を避けようとする現在の心理には到底響かない。

そして、昨年頑張ってまとめ売りや増税前の売り込みをかけた企業ほど、この3月は厳しい結果ではなかったか。

  そう考えると、商売とはなんなのか?。

強引に売れば、必ずその反動が帰ってくる。
基本に忠実に、原理原則を大切に守りながら、少しずつ少しずつ前進していく手法の大切さを思わずにはいられない昨今である。

  とは言っても目の前の商売に徹することも大切。

目の前の事象に対応しながらも、長い目で商売を見続けていく。
昨年の3月と4月、そして今年の3月と4月の流れを振り返ると、そんな想いがこみ上げてくるのだ。

さて、いよいよ3月の反動が現れる4月となる。

  昨年は大いに消費低迷した。

と言っても、初めの一週間だけ。
家電や自動車産業と違い、我々の商売は生鮮食品を主体にした食材の提供である。

  買い溜めと言っても限度がある。

せいぜい一週間程度の買い溜めにすぎない。
再び、昨年の4月の日別の売上を遡りながら、今年のトレンドで重ね合わせてみると、なんとか3月と4月でトントン以上の売上を期待することは出来る。

  しかしそれはあくまでも予測の範囲。

実際に、どう流れていくかはわからない。
今月も、もう少し期待していたのだが、やっぱり昨年は買い溜め心理が日持ちする加工食品や米、酒等で働いていたことがわかる。

世間の買い溜めや増税前の駆け込み需要という心理に押されて、食品等でもその心理が多少働いていたのだろう。

  たばこもハンパなく売っていた。

そんな3月の反動が、どう4月に降りかかってくるか。

  正念場の4月商戦である。






|

« 感情表現 | トップページ | 柔らかい記事 »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
あれほど苦戦した3月のグロサリーが4月には一転(笑)。
反動とは恐ろしいものですね。
そして買いだめがあまり効かない鮮魚や惣菜が堅調に伸びている。
やはりヒットヒットヒットなのだろうと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 4日 (土) 06時51分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
ベテランになればなるほど「一発逆転満塁ホームラン」に頼ってしまう。
それは自分の力を信じての所業でしょうが、店舗や部門で見れば自分以外の力を必要とするリーダーにとっては部下の力を引き出すことが組織強化であり、そのヒットの積み重ねが本当の実力を蓄えていくことになるのだと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 4日 (土) 06時48分

当社にとっては特需の恩恵を上手く利用出来なかった昨年3月、従って今年の3月もそこそこの数字で終わりました。競合店も出揃い、当然試練の4月になります。ぶれずに生鮮の強化に取り組みたいと思います。

投稿: かわらい | 2015年4月 3日 (金) 23時42分

不振に陥るとホームランを狙いたくなる
心理と同じなのでしょうか。

日々の何でもないこのような日に来店
していただいた方々に来てよかったな
と思える商品を一つでも増やせるよう
コツコツとヒットを積み重ねて
いきたいものです。

投稿: 神出鬼没 | 2015年4月 3日 (金) 20時31分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
やはり商売とは、何にも頼らずに1%を積み重ねていくことの大切さなのだと思います。
それが本当の実力につながっていく。
楽をして一挙に売上を作ることも時には必要でしょうが、まず念頭におくべきは1%の積み重ねかと。

投稿: てっちゃん | 2015年4月 2日 (木) 23時16分

ふと浮かんだのが「うさきとカメ」の寓話(笑)。日々の基本を重んじた地味な積み重ねが顧客の信頼を得て安定的成長に結びついていくのでしょう。派手な仕掛けの突発的な売上は所詮一時的な売上。小さくても毎日コツコツと地味に積み上げる努力かみちがお客様の信用を得る一番の近道なのでしょうね。

投稿: dadama | 2015年4月 2日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61362697

この記事へのトラックバック一覧です: 3月から4月へ:

« 感情表現 | トップページ | 柔らかい記事 »