« 玉置浩二ショー | トップページ | ひな祭り商戦 »

2015年3月 2日 (月)

捨てる勇気

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


「過去の成功体験を捨てろ」

  よく言われる言葉である。

本当にそうなのか?。

  過去の成功体験を全て捨ててしまったら。

何も蓄積されないだろう。

我々は、成功体験を積み重ねながら能力を積み上げていく。
その為には、過去の成功体験や失敗体験を積み重ねていく必要がある。
それによって、何をすれば成功し何をすれば失敗するのか、よって今後をどう切り開いていくのか。

  それは過去の体験の積み重ねから生まれるものだ。

大切なのは、その体験に縛られてはいけないということだ。
体験を重ねていき、その分野で自分の世界が出来上がってくると、外の空気を遮断し自分を守ろうとする意識が自然と芽生えていく。

  これが問題なのである。

それが組織的に行われると、知らず知らずに井の中の蛙になっていく。
そして最後は「茹でガエル」となって環境に適合出来ずに死を迎えることになる。

体験を積み重ね、売れる仕組みが理解され、自分なりの世界を広げていかなければならないが、自分の世界の中で固定された部分が広がっていくにつれて、外部からの新たな情報を受け入れる余白の部分が徐々に減っていく。

  結果として成功体験の囚われ過ぎて周りが見えなくなる。

重要なのは、自分の中で成功体験や失敗体験を元にした商売の原理原則をしっかり身につけながらも、伸びしろを確保し続けることである。

  売れる仕組みを組み直せる柔軟さである。

原理原則は普遍でも、その原則を施行するための手段は時代に応じて柔軟に対応していかなければならないとういうことだろう。

  だから、若年世代が捨ててばかりではいられない。

しっかり、成功、失敗の数を積み重ね素データを蓄えなければならない。
そしてそこから、自分なりに売れる仕組みを体系化していくことが必要だ。

  結果として、それはどの部門でも同じ体系が組まれていく。

だから、どの部門を通過しようともスーパーマーケットの従業員としてその組織で通用する能力を蓄えていくのである。

話はそれてしまったが、それでは一体誰が「捨てる勇気」を持たなければならないのか?。

  我々中間管理職であろう。

捨てるというよりも、自分の中に新たなものを取り入れる為には、捨てる部分を作っていかない限りは難しい。

  捨てた部分に、新鮮な新たなものを貪欲に取り入れていく。

それは自ら行動してこちらから近づいていくしか道は無い。

  他人から与えられるものでは決して無いからだ。

今までも同様であるが、自分で行動して自分で掴み取ったものだけが自分の内部に原理原則として残っていく。

同様に、新たな部分を取り入れるために空白の部分を作り出すためにも、捨てるものを捨てない限りは新たなものは取り入れるという意欲は出てこない。
それを自ら捨て去り、自ら行動して新たなものを取り入れていくための行動と思考。

  全ては自分の中の問題である。






|

« 玉置浩二ショー | トップページ | ひな祭り商戦 »

心のあるべき姿」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
積み重ねたら、次を構築する。
そんなスタンスでいきたいものですね。

投稿: てっちゃん | 2015年3月 2日 (月) 23時44分

kiyoさん、コメントありがとうございます。
私が入社3年目の頃は得るものばかりでした(笑)。
10年を経た時からでしょうか。次のステップで登るためには従来のある部分を否定しなければならないことを知りました。それは10年ひと昔の如くに時代が変わっていったからです。10年経てば我々の変化以上にお客様も年を取っていく。原理原則とは別に手法は年々常に微妙に変化しながら気がついたら別方向に進んでいたということもよくあります。
自信6割不安4割で丁度いいのかもしれませんね。

投稿: てっちゃん | 2015年3月 2日 (月) 23時43分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
何が「はじめが肝心」なのか?。
それは「しがらみ」です。
以前の店舗では思っても「しがらみ」がじゃまをして行動できなかった部分がたくさんあると思います。
新天地ではその「しがらみ」がお互いに全くない。その環境を大いに利用して従来から自分が実現したかった店舗運営、部門運営を試みるのには「はじめ」が肝心だという意味です。如何でしょうか(笑)。ぜひ、しがらみの無い新天地をしがらみの無い段階で新規開拓してください。時が経てば必ずお互いに「しがらみ」に縛られていくでしょう。

投稿: てっちゃん | 2015年3月 2日 (月) 23時37分

大した成功体験がないので捨てるようなものはありません。(笑)
成功も失敗も積み重ねる人間になりたいと思います。

投稿: かわらい | 2015年3月 2日 (月) 21時31分

いつも感慨深く拝見させていただいています。
本当に難しい問題ですね。

自分の場合3年目なのでまだまだ成功体験の蓄積が大事な時だとはわかっていますが、周りの中年社員には過去の成功体験が忘れられず「なぜそうなるの?」という売り場を作る人もいます。

そういう人を見ているとたまに自分も不安に思う時があります。自分もこうなるのかもしれないと・・

いつになっても「これで大丈夫」じゃなくてこの「不安」を持ち続けることが大事なのかもしれない。

と今回の記事を見て一定の答え(?)が見えてきた気がします。

投稿: kiyo | 2015年3月 2日 (月) 11時49分

今週末から新店舗へ異動になる自分には
正しく、たくさんの捨てるものが(笑)

前店舗を含めたこれまでのやり方を
押し通すつもりはさらさらありません。
手探りでどういった形で反応していただける
のか試行錯誤の日々が待っていることと
思います。

ですが、一番自分自身が思い悩むのが
女性問題。
ゴシップネタになるような意味では
ございませんが(笑)

初めが肝心!!

みなさんのおっしゃることは大変ごもっとも
で意味もよくわかるのですが、では実際、具体的にどういったことに対して初めが肝心なんだ
と思い悩む日々で(笑)

今までの自分のやり方を改めて振り返ってみて
捨てていくもの、新しく取り入れていくもの
商品に関してだけでなく、人に関しても
試行錯誤の連続です。

投稿: 神出鬼没 | 2015年3月 2日 (月) 10時41分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
月曜日の午前1時。
このコメントで一回休み感がなくなりますね。素晴らしいコメント戦術です(笑)。
やはり今までのモノに縛られていると次へのステージへはなかなか進めない。
やはり従来のモノを捨てて新しいコトの扉を開けないとダメですね。

投稿: てっちゃん | 2015年3月 2日 (月) 07時22分

一日お休みを頂戴し・・・(笑)。
私も茹でガエルになりかけでしたね(笑)。時代と共に成功するトレンドは変化する。社会環境・競合環境等・・・私達の時代はドーンと積んで勢いで売るのがトレンドでしたがそれだけでは成長はない。単品量販も重要な販売手法ではありますが価格優位性が打出しにくくなった昨今感性に訴える販促が脚光をあびてくる。感性は女性が得意の分野。売り手も買い手も主役は女性・・・女性の潜在力を掘り起こす事がこれから積み増す部分かなと思います。

投稿: dadama | 2015年3月 2日 (月) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61200098

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる勇気:

« 玉置浩二ショー | トップページ | ひな祭り商戦 »