« 結果を出したら終わり | トップページ | ブルーボトルコーヒーの進撃 »

2015年2月20日 (金)

52週というサイクル

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


2月も後半を迎える。

  私が取り組んでいる52週MDのまとめも52週に近づいてきた。

また次月からの第1週目からの取り組みがスタートする。

  一年とは本当に早いものである。

そして、この52週という取り組みを始めてもう6年目を迎えるか。

  52週の取り組みを始めてからの一年の経過は更に速まった。

取り組みを経過するごとに、毎週毎週の流れが見えてきたから。

  第1週がひな祭り。
  第2週が春の味わい。
  第3週がホワイトデー。
  第4週が春彼岸。
  第5週が新生活前。

このテーマはほとんど固定されている。

  “新しいチャレンジは無いの?”
  “この繰り返しでマンネリは無いの?”

長年自分なりに取り組んで来ると、もう少し別のテーマも必要かと思うが、そうは言っても、歳時記と旬と季節感は毎年ほとんど同じ。

  だから、テーマを変えるつもりはない。

変えるとすれば、トレンドと季節のズレと相場をどう微調整するか。
だから、従来から進めている52週は取り組めば取り組むほど体に染み付いた経験で仕事ができる。

  だから今のトレンドと相場とそのズレに集中できるのだ。

とは言っても、52週にはどこかの年から取り組まなければ自分の力にはなり得ない。

取り組み始めは本当に面倒だった。

  “これを続けることに意味はあるのか?”
  “これによって業績は改善されるのか?”
  “もしかして全てが無駄になるのでは?”

そんな不安が常によぎっていた。
そんな不安と面倒さの中、ようやく一年が経過した。
そして、また新たな一年が経過しようとした時にようやく気がついた。

  “一年間続けてきて良かった!”

なぜか?。

  全く同じサイクルの繰り返しだから。

昨年の売場が記録に残されて鮮明に残っている。
それをその資料を見て記憶が蘇ってくる。

  成功、失敗、反省、次年度への課題。

いろいろな記憶が蘇る。
そして、今年のトレンドや相場を加味して今年の攻め所が容易に絞り込まれてくる。

  要は次年度の52週が格段に楽になるということ。

これは、一年を通してやり続けてこないとわからないことである。

  52週を一年やり続けることの大切さ。

このメリットは大きい。
そして、これを一年やり続けられれば、それ以降の年度は格段に楽になるということ。

そして、そんな52週のスタートラインが今年も始まろうとしている。







  

|

« 結果を出したら終わり | トップページ | ブルーボトルコーヒーの進撃 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
これぞ365日MDですね。
この毎日の繰り返しを記録していけば、最強の自分マニュアルが完成するのではないでしょうか。
そしてそれを支援してくれる現場のパートさん達。ぜひ、数値検証の結果も共有してください。

投稿: てっちゃん | 2015年2月21日 (土) 07時11分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
ぜひ、仮設と検証の共有を致しましょう(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年2月21日 (土) 07時07分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
目的買いの定番。
衝動買いのエンド。
いままで真剣にその効果を実証したことは無かったですね。
売上アップの要のエンドの高回転操作。
ぜひ、情報共有させてください。

投稿: てっちゃん | 2015年2月21日 (土) 07時06分

当社では本日が1年の〆でした。

この1か月、年間での前年売上必達を自らの目標に掲げ、自分なりにもがき苦しんでおりました。昨日てっちゃんが言われていた結果にこだわる男!(笑)
失礼しましたm(__)m

毎日前年プラス5万円の上積みがノルマ。

12時15時17時と時間帯ごとの前年売り上げを常にチェックし、未達の日には何が原因なのか、常に反省を繰り返し仮説を立てての
売り場づくりでした。

この毎日の過程が苦しくもあり、楽しみでもありました。目標を掲げてのプロセスをもっと磨き上げ、来年へとつなげてゆきたいと思う神出鬼没であります。
またコツコツ商品を加工してくださるメンバー
への感謝の思いが今更ながらありがたく
感じる自分であります。

投稿: 神出鬼没 | 2015年2月21日 (土) 00時20分

来月からの次年度、私の目標も長年出来ていなかった数値の検証PDCAサイクルの確立です。FB版てっちゃん会にも写真をアップしていけるようにしたいと思います。

投稿: かわらい | 2015年2月20日 (金) 23時07分

52週MDで週毎のテーマが見えてくると週単位での売場にメリハリが生まれ結果鮮度感が上がってくるのではないでしょうか。次週のテーマが決まっているから週内で 強引に売る殺気ある売場作りが求められますね(笑)。期限を区切らないと甘えが生じ売場の変化が乏しくなり鮮度が失われていくと思います。私はグロッサリー売場のエンドの数値検証を始めました。定番は目的買いが主であり欠品防止を主眼に、エンドは衝動買い訴求による高回転の場面に・・・エンドのJAN入力を毎週行わねばならないので結構な労力を費やしますが売上アップの要はエンドの回転である事が見えてきたの追求していきたいと思います。

投稿: dadama | 2015年2月20日 (金) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61153357

この記事へのトラックバック一覧です: 52週というサイクル:

« 結果を出したら終わり | トップページ | ブルーボトルコーヒーの進撃 »