« 勝った負けた | トップページ | 52週というサイクル »

2015年2月19日 (木)

結果を出したら終わり

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


先日のトレードショーでの水元先生の講演。

  「女性の戦力化」。

男性は結論を求め結果にこだわる。
女性は結果迄の過程を大切にする。

そんなお話をしていた。

  結果を出すのが仕事。

我々の発想であり価値観はそこにある。
その為に、その過程としてのステップをどう踏んでいくかを検討する。
 
  だから、過程よりも結果を重視する。

結果がでさえすれば、その過程はある程度飛ばしてもよいという価値観を持つ。

  しかし、女性は違うらしい(笑)。

結果を出すために、その過程を重視する。
たとえそれが無駄だと思いつつも、その過程での取り組みを通してのチームワークであり自分の成長でありを楽しむらしい。

  コツコツ、コツコツ、その過程を大切にする。

だから、日々の売場作りや基本に忠実な鮮度、品質、品揃えといったスーパーマーケットに一番必要な部分に強いのであろう。

我々男性は、結果が伴った瞬間にその取り組みを忘れてしまう傾向が強い。

  “もう、終わった”

それは、それまで踏んだ過程も含めて終わったと感じてしまう。

  例えば、競合店が出店した。

いろいろな競合対策を施して、一時数値が昨年対比を超えた。
それはそれでいろいろな取り組みを通しての結果であり、その努力が報われた結果ではある。

  しかしここで全てが終わったと勘違いしてしまう。

このまま行けば、この数値は保証されたと思ってしまう。

  この瞬間に今までの努力は失われる。

そして、その先の努力を失うから見る見るうちに売場に活気がなくなり、業績も落ち込んでいく。
私なども、てっちゃん会が終わった後の帰路の中で、「会が終わった」と安心して緊張感を失ってしまい、途中にウタタネをした結果、降りる駅で下車できずに乗り過ごすという失態を演じてしまうのだろう(笑)。

  昨日も記したが、競争という結果は永遠に続くもの。

だからその過程で、自分に負けないタフな精神と、過程を楽しみその過程毎に自分へのご褒美と従業員への労い、そしてまた次への過程への投資が長い長い自分との戦いを制する女性特有の価値観なのだろう。

  結果を出して終わる男性の価値観。
  過程を楽しみ繋げる女性の価値観。

この価値観の違いを、現場の仕事場でも活かしたいものである。









|

« 勝った負けた | トップページ | 52週というサイクル »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
一派一絡げ(いっぱひとからげ)で語れないのがその特性と括り。
ある程度の傾向はありますが、それが全てとは限らない。結果の貪欲なパートさん達もたくさんいますからね。結局は我々のパートさん達の戦力化次第なのかも知れませんね。

投稿: てっちゃん | 2015年2月21日 (土) 07時21分

これで終わり、と言うことがないスーパーの仕事。女性の方が向いているのでしょうね。とはいえ、結果を求めてガツガツ前へ出る女性がいるのも事実。(笑)男性店長は女性のパートさんに使われてるくらいでちょうどいいかも⁈

投稿: かわらい | 2015年2月20日 (金) 22時59分

kobukobuさん、コメントありがとうございます。
素直にそれを告白するkobukobuさんも素晴らしい。
男とか女とか明確にその特性が分けられるものではないと思っています。
だから、男でも女の特性を持ち女でも男の特性をその体の中に内包しているもの。
だからはっきりと男と女と分けられるはずもない。一人の人間の中に存在する男と女の特性。その特性が強いか弱いかの差。
だから、kobukobuさんのコメントも非常によく理解できるし嬉しくも思える。
人間はどんな時でも中途半端ですよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年2月20日 (金) 00時59分

神出鬼没さん、コメントありがとうございます。
口説き落としたという結果に満足する男とそこに至るまでの男の行動をしっかり見ている女のしたたかさ。
我々はしっかりその奥底を見られているのです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年2月20日 (金) 00時55分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
結果を求める男にとって、女のプロセスを楽しみながら継続できる特性は魅力であり見方でもある。
そんな女の特性を組織としてどう活用できるか。それはもはやテクニックという範疇ではないと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年2月20日 (金) 00時52分

かおるさん、コメントありがとうございます。
男と女の特性と役割。
どちらが良くてどちらが悪いということではなく、はっきりと結果を求めて白黒をつける男の役割と結果のためにコツコツと日々のルーティン的な努力を惜しまない女の役割と姿勢が組み合わされるから世の中のバランスが取れお互いの力を必要とするのだろうと思います(笑)。

投稿: てっちゃん | 2015年2月20日 (金) 00時50分

お久しぶりです。

性別による違いはあるとは思いますが
どんな世界にも例外はいるものです(笑)

コツコツが苦手で結果オーライを良しとしてしまう自分には
男性ほどの判断力も決断力もなく
だから中途半端なんだな…と
こういう話の時に実感します(汗)

投稿: kobukobu | 2015年2月19日 (木) 22時19分

3日分まとめて書き込み失礼いたしますm(__)m

日々の積み重ねを毎日コツコツ書き込みする
女性と3日分まとめて書き込む自分(笑)

3日分書き込むという結果は変わりませんが、
プロセス重視とは今の私には耳が痛いことです。

頑張って女性を口説き落としても
油断すると……(笑)

投稿: 神出鬼没 | 2015年2月19日 (木) 21時15分

男女の関係というのは仕事でも恋愛でも一筋縄ではいかないですからねえ(笑)。
やはり女性は強い・・・女性の強さを如何に味方につけていけるのかが結果に拘る男のポイントになっていくのでしょうね。結果ありきのプロセスを求めると手痛いしっぺ返しが来る・・・気がします(笑)。

投稿: dadama | 2015年2月19日 (木) 20時57分

かおるです。
下世話で申し訳ありませんが、「ダイエット」に対する家内の取り組み姿勢を見ていると感じることがあります。
体重(体脂肪率)の維持と、好きな洋服を着るために、さして楽しそうでもない運動を続け日々のデータの記帳を欠かしません。
実に淡々とコツコツとこなし続ける姿は、3日坊主の私と対極にあります。
プロセスをすっとばしての結果なぞあり得ない。ルーティンを「家事化」して継続する。
そんなシビアさが女性のほうがあるような気がします。

投稿: かおる | 2015年2月19日 (木) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61152892

この記事へのトラックバック一覧です: 結果を出したら終わり:

« 勝った負けた | トップページ | 52週というサイクル »