« 心理戦を制する | トップページ | 単品管理 »

2015年2月26日 (木)

プラス思考

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


プラス思考。

  私も自分自身「プラス思考」が強いと思っている。

それでは、本来「プラス思考」とはどういった思考なのか。

  私自身のプラス思考のメリット・デメリットを考察してみよう。

プラス面は、物事の良い面や状況の明るい面に視線を伸ばす傾向がある。
逆にマイナス面は、物事の悪い面や厳しい状況から視点を外らす傾向もある。

  要は嫌なことに蓋をする傾向。

これが、プラス思考の最大のデメリットであると思っている。
興味の持てるものには積極的に熱中するが、興味の無いものは基本スルーである(笑)。

そして、興味のあるものは全てプラス思考になりイケイケとなってしまう。
ただし、人生にはいろいろな状況が目の前を横切り立ちふさがり、時には覆い被さってくる。

  状況に合わせてプラス思考を採るかマイナス思考を採るか。

それが、人生経験というものだろう。
そう考えると、プラス思考とは、どんなに逆境に陥った時でも明るい未来を志向して、その為に現状を把握し好転する為の手を打ち続けることなのだと思う。

先日の記事「エニアグラム診断」で、簡単に自分の特性を知ることはできる。
しかし、知ったからと言って、何も手を打たなければそれで終わりだ。

  自分の特性のメリット。

それもたくさんあるだろう。
ただし、今までの人生を振り返ると、そのメリットもたくさん享受してきたがデメリットで失敗したこともたくさんあった筈だ。

問題は、メリットを飛び越してデメリットに至ってしまった時の自分の「悪」の特性はどうなってしまうのか。
その行き過ぎの部分をしっかり自分で認識していれば、自分なりに「行き過ぎ」を意識して、それが表面化し始めてきたらどこかで心の抑制を利かせるという認識が必要であり、そのための診断とその結果の把握なのだろう。

  そして、プラス思考も同様。

何も無い時にいいことばかりの夢を追うことではなく、これ以上無いという逆境に陥った時に、その数少ないプラス面を見出し数少ない打つ手を見出し数少ない勇気を振り絞って行動を起こす事。

更には、数少ない仲間であっても声をかけ協力して団結することなのだろうと思うのだ。

  しかし、そんな時の過去の行動は?。

プラス思考を別の意味で都合よく自分の取り入れ、その逆境から蘇ることなく別の新たな興味へ逃げてしまっていたことが多い。

その事実にしっかりと向き合い、自分のメリットデメリットを認識し、メリットを更に伸ばす事と同時に、どこから先が行き過ぎの部分でその時にしっかりと自分の気持ちを鍵をかけ、自分を逃げずにメリットに転じられるか。

それを、冷静でいられる今のというタイミングでもう一度振り返ることが大切なのである。

今年は、そんな自分の特性を知り相手の特性を知って、組織強化に役立てるという方針を自らとその組織で実践することが狙いなのだ。

単なる自分の興味だけで終わらせる取り組みとはしたくないのである。





|

« 心理戦を制する | トップページ | 単品管理 »

モチベーション」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、誰にでもいろいろな面がありその狭間で自分の行動を決断して表面化されている。
その結果として周囲からどう受け止められているか。重要なのは、その影響力であり、そこの必ず明るい未来があるかどうかだと思います。

投稿: てっちゃん | 2015年3月 1日 (日) 06時37分

私も社内ではプラス思考だと言われています。本人は反対だと思っていますが。(笑)誰でも両方の要素を持っているのだと思います。

投稿: かわらい | 2015年2月28日 (土) 22時52分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
人はどこかで愚痴という消化しきれない不純物を吐き出す場所を求めているのかもしれません。
元はと言えば、このブログも愚痴を吐き出す場だったのかもしれませんが、たくさんの方々のコメントを受け入れながら自己消化できる体内のサイクルが出来上がっていったのだろうと思います。
人は同志を得ると強くなれるもの。
それは、自己の中で愚痴を消化できるサイクルが体内に宿るのかもしれません。
何れにしても、自ら行動して探し求めなければ、どんなに他人から与えられても自分の体内に宿ることは無いのだろうと思います。自ら行動して同志という消化酵素を得て自らの体内に取り入れていく過程で、自己消化作用が生まれていくのではないでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2015年2月27日 (金) 00時35分

本論から逸れますがプラス思考になるにはマイナス思考による回避行動に対する武器を持たねばなりませんね。同じ貉の中に居ると傷をなめあう事が多いのでなかなかプラス思考に発展せず「皆で渡れば・・・」の世界になってしまう。てっちゃん会を通じて他企業様から情報を頂き自社にない強みを勉強させて頂く。私が愚痴からプラス発想に転換出来たのもてっちゃんの店長日記やてっちゃん会の交流が有ってこそ・・・ありがとうございます!!

投稿: dadama | 2015年2月26日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/61157812

この記事へのトラックバック一覧です: プラス思考:

« 心理戦を制する | トップページ | 単品管理 »