« 鮮魚に光明2 | トップページ | たかみなの卒業 »

2014年12月13日 (土)

胃腸炎

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


いやはや、胃腸炎とはひどいものだ。

  胃がひっくり返るような嘔吐の連続。

何も出ないところから絞り出される胃液。

  綺麗な話でなくてすみません(笑)。

今週の月曜日。
朝、自宅で食事をして店舗へ。
午前中に店舗で一仕事をして、副店長と引き継いで本部の販売会議へ出かけた。

  途中で胃の痛みを感じた。

それでも、うどんなら胃にも優しいだろうと思い、通りすがりのうどん屋で肉うどんを注文した。

  “胃が更に痛むなぁ〜”

食事を終え、少し休憩したが胃の痛みと体の痛みは増すばかり。

  そんな状況から始まった胃腸炎。

病院では、「感染症の胃腸炎」との診断。

  始めインフルエンザを疑ったがそれは無いという。

インフルエンザは嘔吐や下痢は無いという。
通常であれば、嘔吐しても概ねの内容物を吐き出せばそれで済むのだが、今回ばかりはそうはいかなかった。

  吐いても吐いても胃が内容物を吐き出そうとする。

本当に、胃がめくれ上がって出てくるのではないかと思えたほどだ。
お酒の飲み過ぎで吐くことはあるが、そんなものではなかった(笑)。

  医者の診断では、「感染症の胃腸炎」

そういえば、前回の店長会議ではノロウィルスの脅威性についての勉強会があり、当社と取引をしている「サラヤ」の方が来てくれて、ノロウィルスについての説明をしてくださったばかりだった。

  ノロウィルス。

通常であれば、数万個の細菌が存在しなければ人体に影響を与えないウィルスであるが、ノロの場合は数個で人体へ影響を与えるという。

  更に、飛沫感染までするらしい。

非常に感染力の高いウィルス。
そして、店舗ではその嘔吐物等の処理の仕方について詳細に説明を受けた。

  嘔吐物等に非常に感染力の高いウィルスが混入している。

だから、直接手に触れてはならず、次亜塩素酸ナトリウムで拭き取り、処理にしようした手袋やマスク、エプロン等は廃棄することが望ましい。

  そんな厄介なウィルスである。

そんなウィルスが暗躍する時期となってきた。
インフルエンザという脅威もあるが、こちらのノロウィルスの脅威も忘れてはならない。

  どちらも感染力の高いウィルスである。

年末年始を迎えた非常にシビアなこの時期。
こんなことで、一年に一度の大舞台を踏み外すことのないようにしなければならない。




|

« 鮮魚に光明2 | トップページ | たかみなの卒業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
12月も早くも15日が経過。
残り半分。そして今年も約二週間。
もはやお客様の評価は決まっている筈。
後は結果という数値に対して我々がその評価を受け止める時を待つのみですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年12月15日 (月) 00時28分

風邪、インフルエンザ、ノロウイルスetc。急に、しかもかなり気温が下がり体調を崩す方が身近でも多くなってますね。今月も後半分近くになってきました。離脱しないよう気をつけましょうね。

投稿: かわらい | 2014年12月14日 (日) 22時03分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
気合で乗り切れると思ったんですがねぇ〜(笑)。
やはり体は正直ですね。
忘年会方面に関してはますます生気漲るのではないでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年12月14日 (日) 00時33分

お互い気合いだけで乗り切れる歳ではなくなって来ましたね(笑)。飲み過ぎに注意せねば・・・と言いながら来週は忘年会ラッシュ(笑)。自制心の試される時期ですね

投稿: dadama | 2014年12月13日 (土) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/60788398

この記事へのトラックバック一覧です: 胃腸炎:

« 鮮魚に光明2 | トップページ | たかみなの卒業 »