« 3つのロス | トップページ | iPhone6の登場 »

2014年10月 4日 (土)

組織力を学ぶ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


組織の力学。

  組織を運営する店長が学ばなければならない学問。

私は、そう思っている。

  組織学。

店長に限らず、チーフ、担当者、更には、その他の企業人の方全員、もっと言うと、人間として全ての人が学ぶべき学問であると言える。

  しかし、これは学校では教えてくれない。

理屈は教えるかもしれないが、実践する場所が無い。
そう言う意味で、店舗内はその実践機会に溢れている。

  もっと言うと給与をもらって学べる場所だると言える。

“何と不謹慎な!”

そう思われるかもしれないが、仕事を通じて自分を磨くとはそう言う事でもある。
そして、店長という職位と役割は組織の縮図の中で組織力を遺憾なく発揮させるべく中心となる存在であるから、組織の中で一番組織学を学ばなければならない役割であるとも言える。

  組織とは?。
  組織の形態。
  組織の変遷。
  組織の強弱。
  組織の活用。
  組織の運用。

いろいろな組織に関しての考察がある。

  店長として組織の強さをどう引き出すか。

これを、知識として学び、実践として運用する。
この繰り返しが、目の前にある訳である。

  組織を学んで運用する絶好の職位。

それが、店長の強みでもある。

  人がいて売場があってお客様が日々購買しに来店される。

その満たされた条件を与えられて、我々は店長として組織をマネジメントする。

  その条件の中で、仮説を立てて行動するかしないか。

その条件を利用して、自ら学んだ組織論を自らの内部で整理し、仮説を立てて自店で検証する。

  結果として組織力が高まったかどうか。

その条件を利用して自ら行動するか、流されるか。

  どちらも用意されている。

店舗内では、ルーティン業務の連続の中にあって、上記のような仮説と検証の機会が流されやすい条件が揃っているのも事実である。

  “今日は流されようか?”

そんな誘惑に襲われる事も多々ある。
そして、それを振りほどいて、自分の強い意志を持って行動する。

  そうやって誘惑に打ち勝つのも自分ひとり。

店長とは、自分の意志で組織に流されずにしっかりと楔を打ち続けて、組織力を高める方向に軌道修正し続けるのが職業なのだろう。

その為に、組織力を学ぶ。
それは、誰の為でも無い、自分の為のサクセスストーリーなのである。

そして、ご紹介したい本は
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492531904/tetu0358-22

 「組織力を高める」
  著者 古田興司 平井孝志
  東洋経済新報社発行




|

« 3つのロス | トップページ | iPhone6の登場 »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
この本と同時にオススメなのが、堺屋太一さんの、「組織の盛衰」。
これも目から鱗ですよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年10月 5日 (日) 01時01分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
店の人間力の全責任は店長。
まさにその通りですね。この部分は誰にも責任転嫁出来ない部分。
だから、部下にはウソつけないし騙せない。だから裸で付き合う覚悟が必要なのだろうと思います。

投稿: てっちゃん | 2014年10月 5日 (日) 00時51分

かおるさん、コメントありがとうございます。
「組織音痴」。
そんな四字熟語があったんですね(笑)。
組織オンチだろうが、組織プロだろうがよこしまな思惑は必ず暴かれるもの。
友清さんらしさが農家さんから信頼を得た事実に胸を張って下さい(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年10月 5日 (日) 00時48分

毎日のように流されています。(笑)会社によって様々な組織の形があると思います。スーパーマーケットであればやはり店長中心に組織の強化が図られるべきですね。又、オススメの本買わないと。

投稿: かわらい | 2014年10月 4日 (土) 20時08分

チェーンストアだ標準化だと言いながら大なり小なり店長が変わると店の雰囲気が変わる事実。商品構成は仕組化が可能であっても人はロボットのようには扱えないし扱ってはいけないですよね。組織論と言われるとと難しく感じてしまいますが、何のために働いているのかをメンバーと共有し一緒に神輿を担いで行く事なのかなと思っております。商品力は本部に委ねる部分はあっても店の人間力の全責任は店長にあのるですから。

投稿: dadma | 2014年10月 4日 (土) 20時05分

かおるです。
社内で「組織」が話題に上るときには社内各部門、各部署間の関係性という文脈で語られることが多いです。
縦横斜めの組織の力学、キーパーソンは誰か。どこを動かせばどこがどう動くのか、を把握し効率よく機能的に組織を動かしていくのがマネジャーの役割と。
これが苦手な私は上司に「組織音痴」と呼ばれております。
本投稿の内容とズレてすみません。

投稿: かおる | 2014年10月 4日 (土) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/60383094

この記事へのトラックバック一覧です: 組織力を学ぶ:

« 3つのロス | トップページ | iPhone6の登場 »