« 多様な価値観 | トップページ | 休日のMR »

2014年9月 3日 (水)

リ・アクションの大切さ

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


反応のある部下、無い部下。

  どうせなら、大いに反応してほしいものだ。

特に、熱く問いかけた時に、考え込まれたり無返答だったり。

  “何とか反応しろよ!”

内心、イライラする場面もある(笑)。
コミュニケーションとは、お互いのやり取りである。
そして、コミュニケーションの完了は、相手が理解して行動して初めて完了するのである。

  その第一歩が、受け手の反応。

リアクションである。

  分かった、という反応。
  
相手の目を見て、頷く、笑顔で返す、返事をする等々。
この行為が、発信者をどれだけ勇気づけるか。

  そんな反応をお互いに分かち合いたいものだ。

しかし、意外に自分でも気づかないうちに相手への反応を忘れてしまっている場面があるものだ。

  私だって考え事をしていると無反応になるときがある。

無意識に無反応になってしまう時。

  これには気をつけたいものだ。

相手との会話の中で、考え事をしてしまう時。

  いつしか相手との会話を忘れて妄想の世界へ。

この時の相手の心境はどんなものだろう。

  “この人間は俺の言う事を聞いていないな!”

そう思われているのだろう。
会話とは、常にその瞬間瞬間のお互いのやり取りの連続で成り立つ。

そして、そこから想いもよらぬ発展をみせるから有意義になっていく。

  “それは新たな発想だ”

お互いの会話からそのような新たな発見や気づきが生まれ、その会話から次へのステップが生まれていく時、お互いのコミュニケーションは新たなステージに進んでいく。

  会話から進化が生まれる。

このような会話を出来る相手を見つけたいものだ。
そんな会話から生まれた行動は、必ず成功するものだ。

  自分一人で考えた妄想から現実へ。

それを導くのが、相手との会話の連続から生まれた知恵である。

  常にそのような知恵を生む会話をしていきたいものだ。






|

« 多様な価値観 | トップページ | 休日のMR »

生き方」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
「伝える前に伝えてもらうことに懸命な今日この頃」
正念場が続きますね。

投稿: てっちゃん | 2014年9月 3日 (水) 22時25分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
dadamaさんの場合は、更に次が待っているでしょう。
その為の今回のステップだと思いますよ(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年9月 3日 (水) 22時21分

会話の中でのリアクション、これを引き出すのも又日々のコミュニケーションですかね?伝える前に伝えてもらうことに懸命な今日この頃です。

投稿: かわらい | 2014年9月 3日 (水) 19時25分

いくらアイデアを浮かべても形としなければ妄想に過ぎないですからね。私も思いついたら即メンバーに伝えていた結果頂戴したあだ名が「暴走店長」(笑)。文句を言いながらも「やってみよう」と頑張ってくれたメンバーには感謝です。本日、最後の別れをして参りましたが「もう少し一緒に仕事をしたかった」のメンバーの言葉を心に刻み、新天地で、年齢的にも多分最後の「暴走」をメンバーと一緒に楽しんで行きたいと思います。

投稿: dadama | 2014年9月 3日 (水) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/60217046

この記事へのトラックバック一覧です: リ・アクションの大切さ:

« 多様な価値観 | トップページ | 休日のMR »