« 休日のMR | トップページ | 枝豆収穫作業 »

2014年9月 5日 (金)

早期退職要因

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


人材不足。

  ここ最近急速に深刻化してきた。

パートさんが入らない。
新入社員が入らない。
更には、既存社員の退職。

  人材不足の状況はますます悪化していく。

バブルの頃にも、このような現象はあった。
各業界が好景気に沸き、自社の規模を拡大しようとして、人員を増員し人材確保の競争が始まった。

  その煽りを食ったのが小売業。

新入社員は商社、金融、メーカー等の大企業に取られ、地方スーパーにはなかなか流れて来なかった時代があった。

  働きやすい環境作り。

当時はそんな環境作りを最優先で行なっていた。

  休日の増加。
  仕事の簡略化。
  仕事の清潔化。
  労働時間の短縮。
  
そのような労働環境作りを最優先で行い、学生達にもそれを最優先でPRし、働く環境が良いことを全面に押し出していた時代であった。

  しかし、失ったものも大きい。

部門が持つ本来の姿、利益の根源、利は元にあるその本質。
そのようなものを失い、結果的に専門店に負ける要因を作ってしまった事を知るのは、バブルが崩壊してお客様が離れていった後の事だった。

作業の改善も重要である。そしてそれは永遠に追求していかなければならない課題でもある。

現代の若手社員が抱く不満とな何だろうか?。

  思い描いた仕事とは違っていた。
  やりたい仕事が出来る環境ではなかった。

そのような不満からその企業を退職していく若手が多いようだ。
それは、入社以前に我々採用する側も、学生等の採用される側も、現実の環境や事実をしっかり伝えて来なかったり事前に調査して来なかったりしているのが原因ではないのだろうか。

  入社前に聞いていた内容と違う。
  思ったよりも現場の雑用が多い。
  土日に休めなく友人と会えない。

学生時代からの休日の過ごし方や仕事に対しての認識の違い。
これらは全て、我々が事実を伝えて来なかった部分と本人達の調査不足から来るのだろうと思う。

以前の会社で人事部長から要請されて、学生達への会社説明会に呼ばれた事があった。
その時に、学生から質問された内容に私が応えた。

学生
「寮があると聞きましたが、どのような寮なのでしょうか?。」

その時に、その場で話しを聞いていた人事部長が私に何か言いたげだったが、私は思った事をその学生に話した。


「どこから靴を脱いで上がるか分からないぐらいに玄関が汚れている寮もありますよ(笑)。そんな寮だから同じ新入社員の友人と掃除してから入寮した記憶があります。」

それを聞いた人事部長は、微笑みを浮かべて安心したような仕草をした。
後で、その事を人事部長に話した時に、彼は言った。

「事実を伝えてほしかったんだ。だからあの時にてっちゃんには、学生が喜ぶような作り話を言って欲しくなかった。だから安心したんだよ(笑)。」

作り話しの良いところだけを言って採用する我々。
それを真に受けて余り情報を取らずに入社する学生。

その構図が、入社後に大きなギャップとなって跳ね返ってくるのではないだろうか。 
  事実を曲げずに正しく伝える。

それでも入社してくる人材。
そんな彼らには、大切にしていきたいものだ。










|

« 休日のMR | トップページ | 枝豆収穫作業 »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
時給1300円(❗️)。
社員からパートになりたがる従業員はいませんか(笑)。
目先のコトだけを考えたらそちらになびきそうですがね。
仕事も、長く続けてたものが勝つ。
私はそう思っています。

投稿: てっちゃん | 2014年9月 6日 (土) 00時22分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
私の「寮生活」の話しを聞いて尚入社した社員は現在大活躍。
そんなものかもしれません(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年9月 6日 (土) 00時18分

理想論かも知れませんが「仕事は楽しい」筈。楽しいからこそ給与・時給に関係なく頑張れる。仕事稼ぎの目的だったら、多分この業界は淘汰されると思います。ちなみに当社も新店のパート募集をしているのですが時給1300円でも集まらない現実。ワーカーに徹するのか、人間感を感じながら仕事を楽しむのか。仕事の価値観が大きく捉われる時代になりましたね。

投稿: dadama | 2014年9月 5日 (金) 23時45分

事実を曲げずに正しく伝える。当然そうしていくべきなのですが、なんとかして入社して欲しいという気持ちが少々?美化して伝えてしまうのでしょうか?やはり途中で離脱していく若手社員は、少なからずこんなはずではと感じているようです。ありのままで集まってくる数少ない仲間を大切にしたいですね。

投稿: かわらい | 2014年9月 5日 (金) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/60241205

この記事へのトラックバック一覧です: 早期退職要因:

« 休日のMR | トップページ | 枝豆収穫作業 »