« この時期の媒体 | トップページ | 商品化コンテスト »

2014年8月22日 (金)

ようやく活気を取り戻す

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


お盆も過ぎ、ようやく活気を取り戻して来た(笑)。

  お盆の帰省で出て行く地域。

そんな店舗でのお盆商戦。
なにも、お盆だけで出て行くというわけではなく、お盆の連休を利用して外出する地域なのであろう。

だから、お盆前の日曜日から普段とは違って賑わいの無い日曜日であった。

そこからスタートして、お盆商戦は低調を極め、普段の客数と何ら変わらない11日〜12日のお盆前半戦。

更に、13日〜15日でもなかなかお盆のピークは現れない。

  13日の午前中に、多少サービスカウンターが混雑し私も入ったほど。

そして、それ以降も16日までも大きな混雑は無し。

  ようやく17日の日曜日に帰って来たお客様達の来店がヒートアップした。

10日〜17日の約一週間で、一番売上げが伸びたのが17日の日曜日。
だから、お盆商戦などほとんど存在しなかったと言っても良いだろう。

  そして、17日(日)での普段の食材の購入。

ここでの来店がお盆以上の賑わい。

12日(火)の倍の売上を17日(日)に記録してしまう。
これはもはやお盆後の帰省からのUターンの買い回り一色である。

  だから、お盆が過ぎ、ようやく活気を取り戻して来た店舗である。

18日以降は普段のお客様が普段の時間帯に、曜日に合わせたお買い得品やカテゴリーを購入して冷蔵庫を満タンにしていく買い回り。

17日に日曜日の買い回りをみていると、まさに冷蔵庫にはなにも入っていない、ということを連想させるような買い回りである。

だから、意外にまぐろの切り落しなどは日曜日が一番売れた日となった。
お盆期間中に最大ピークで発注したまぐろ切り落しだが、なんと最高販売ポイントは17日の日曜日。

  大型の盛合せはお盆期間。
  単品の切り落しはお盆後。

比較的人が集まる期間と、一人での酒の肴での刺身需要のタイミング。
それが、まぐろ切り落しのお盆後の最大ピークに繋がったのだろう。

  お盆という概念を再考する時期。

私自身にとっても、お盆の概念を変えていくしか無いだろう。

  そしてようやく普段に戻った。

今年のお盆は、以前のお盆に比べて何故か長く感じた。

  “まだか、まだか?”

そんな期待と明日への不安。
その連続が私の今年のお盆商戦の日々の感情。
そして、お盆後半にようやく見えて来た、当店のお盆商戦。

  なぜか、お盆後の平日のほうが活気を感じる現実。

ここから、秋を提案しながら、年末商戦へ向けて組織を立て直していきたい。












|

« この時期の媒体 | トップページ | 商品化コンテスト »

商売」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
お互いに残念なお盆商戦でしたね(笑)。
早速、気持ちを切り替えて、秋の味覚の単品量販に勤しむこの頃です(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年8月23日 (土) 00時51分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
最終の17日の日曜日まで長過ぎて息切れしてしまいました(笑)。
結果的には、今年のお盆商戦は後半型だったような気がします。
毎年ズレて遅れていくような(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年8月23日 (土) 00時50分

出かける地域と迎える地域の温度差はよく言われますけれど私もはっきりと体感した事はありませんね。お盆は年末の比で無いにしろそれなりに売上波動はありました。ただ日まわりのせいかダラダラお盆であったのは間違いないようです。(ようです・・・という点はお察し下さい・笑)

投稿: dadama | 2014年8月22日 (金) 23時02分

ピークが最後の日曜日、さぞや長く感じたことでしょう。(笑)当社では、忙しいっ!という日がなく過ぎてしまい本当にヤマの無いお盆でした。競合他社に比べ惣菜や寿司の差を感じました。これらの部門を強化しない限りお盆の盛り上がりは期待できないですね。

投稿: かわらい | 2014年8月22日 (金) 22時03分

まささん、コメントありがとうございます。
首都圏に限らず、地方都市の都市部では首都圏型のお盆動向が発生しているようですね。
新興住宅街に立地する店舗は、普段は若年層のお客様が来店で伸びていく立地ではありますが、こんな場面では全く逆。
そこに本部主導のマネジメントを強要されると、刺身、寿司はロスの嵐(笑)。
個店対応とはこのような場面に発揮されなくてはならないマネジメントなんだと思います。

投稿: てっちゃん | 2014年8月22日 (金) 06時43分

お盆商戦お疲れ様でした。
食生活シーンの多様化、核家族化、地域性でお盆の売り上げがこんなにも変わるとは…と思いしらされました。
これが地方の郡部の店舗だとガラリっと雰囲気が変わりますからこの商売の面白い所ではないかな…と思います。
我が社の場合は未だ未だ個店経営、個店対応の意識が薄く、販売部主導、商品部主導、Y会長主導⁇(笑)の色濃い会社なので、地域性への対応は他社と比べ弱いと思います。特に宮城地区は。

投稿: まさ | 2014年8月22日 (金) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/60179876

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく活気を取り戻す:

« この時期の媒体 | トップページ | 商品化コンテスト »