« 花屋の母の日 | トップページ | アドバイス »

2014年5月 8日 (木)

テーマを打ち出す

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


自社、自店の売場を見ていると、伝わっていないと思う事がよくある。

  “この売場は何を伝えたいのだろうか?”

おぼろげには見えてくるが、販売者の本意が伝わってこない。

  “もっと強烈にアピールすればいいのに”

そう思う売場が多い。

  例えば、母の日のステーキ。

子供の日や父の日の豪快はサーロインステーキとは違い、表面積を強調したステーキよりも、厚切りでも柔らかいヒレステーキを提案しているのに、その事が売場に表現されていない。

  “これじゃ〜、お客様には伝わんねぇ〜なぁ〜”

そう思う事しばしばである。
上記のような考え方は重要である。

  母の日特性を考慮した売場提案。

よく考えて提案していると思われる。
本部の作と店舗の演が混じり合い、連動して母の日の売場にジャストミートした提案だ。

  しかし、買い手には伝わっていない。

本当に残念な結果であるが、お客様という最終消費者の方に伝わって初めてその努力が報われるのである。

そんな時、私はとにかく書いて伝える事にしている。
こちらのエゴと思われ様が、販売者の意図をわざわざ伝えなくては伝わらない時代である。
更に、同じステーキでもサーロインステーキや肩ロースステーキではなくて、ヒレステーキを提案する意味を100%の方に知って頂きたい。その上でお客様が判断してどの部位のステーキを母の日のステーキとして家庭で消費されるかは判断してほしいのだ。

そこから先は、お客様の食卓の問題である。

  ステーキを購入する予定がなくても、それが伝われば
  ヒレステーキを購入してくれる方が増えるかもしれない。

お客様に知らせる事によって、確立0%からわずか数パーセントに確率が高まるのであれば、それは是が非ともやらねばならない。

  “お客様にも伝わっているハズ”
  “この売場で分かってもらえるハズ”

それが一番危険である。
分かる人は分かるかもしれない。
しかし、忙しく買物する主婦が、買物の過程でほんの一時に見た売場が、何を訴えているのかを理解するのは、至難の業だ。

  それを理解できるのは競合他社の業界人だけだろう。

母の日に、どんな食卓を囲んでほしいのか。
または、どんな母の日を過ごしてほしいのか。

  こちらが、お客様にこうあってほしいという願い。

それが、我々に提案であり、その機微に感動を得たお客様が、それらの商品を購入して、そんな時間を過ごしていくのであろう。





|

« 花屋の母の日 | トップページ | アドバイス »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
伝える。
だんだん人と人との関わりが薄らいでいくからなおさら、伝える技術が重要になっていくようですね。

投稿: てっちゃん | 2014年5月 9日 (金) 00時38分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
店舗主導で進めようとすると必ず茶々が入る(笑)。
なぜでしょうか(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年5月 9日 (金) 00時37分

てつろうだまとさん、コメントありがとうございます。
おっしゃる通り(笑)。
品物を売るのは現場の担当者。
お客様に一番近いのも店舗担当者。
自信を持って販売したいですね。
ちなみに、てつろうだまとさんて、てつろうさん?。

投稿: てっちゃん | 2014年5月 9日 (金) 00時35分

この伝えるということがどんどん大切になってきましたね。近くのコンビニでも手書きPOPが盛んになってきました。当たり前と思われる『コト』でもお伝えしないといけない。ましてや新しい提案はなおさらですね。

投稿: かわらい | 2014年5月 8日 (木) 23時11分

お客様が全ての売上と利益を握っている事実。ここを腹に落とすと色んな矛盾が見えてくる(笑)。本部と現場の信頼関係、お客様本位であるならば介在する現場に対し本部はより丁寧・細やかな情報を流すべきだと思うのですが。厚切りステーキもしかり、現場発想であろうと本部発想であろうとお客様に美味しいステーキを提供したいという思いは同じの筈なのですから。

投稿: dadama | 2014年5月 8日 (木) 21時06分

黙っていても理想としている売場を作りあげる担当者。っていますね。でもセンスだけでは客は呼べない事も事実です。本部の考えはあくまで基本であって品物を売るのは現場担当者です。お客様に一番近いのも店舗担当者です。先輩から教わったお話しでした。

投稿: てつろうだまと | 2014年5月 8日 (木) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59594137

この記事へのトラックバック一覧です: テーマを打ち出す:

« 花屋の母の日 | トップページ | アドバイス »