« 生鮮の原理原則 | トップページ | 甲斐バンドストーリー »

2014年5月 3日 (土)

標準化

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


標準化。

  この言葉の意味にもいろいろある。

今日お話しするのは、チェーンストアとしての標準化。

  チェーンストアとしての標準化?。

どの企業も、企業としてチェーン化を図り、店舗数を増やして拡大していく。
その過程で、チェーンストアとしての標準化を図りながら、企業内の人材がどの店舗でも標準的なオペレーションによって、同様の店舗運営を行う事が出来る為に標準化を図っている。

この標準化により、店舗のスタッフは店長以下、どの店舗においても標準的な仕組みを理解するだけでどの店舗に人事異動しても、異動日から即その店舗で業務をこなせるわけである。

更に店舗レイアウトや品揃えに関しても、同様のレイアウトで同様の品揃えが為されているから、異動日からある程度の品揃えの位置を把握して店内の商品を武器として競合店と戦える訳である。

稀に、企業内でスーパーマーケットの標準タイプの店舗とディスカウントタイプの店舗を有している企業がある。

  “人事異動は大変だろうなぁ〜”

例えば、標準タイプの店舗からディスカウントタイプの店舗への異動。
その逆も有り得る。
品揃えから人員配置、店舗レイアウトまで全て違う訳だ。

更に、企業内で二つのタイプのフォーマットの標準化を図らなければならない。

  将来を見越して違う血を入れておく。

その事によって、一方的な方向に進み過ぎる危険性を抑止する効果もあるだろう。
ディスカウントタイプの店舗を有する事により、そのメリット、デメリットの実態を知り、それを本業のスーパーマーケットに活かす事も出来る。

  「我々の本業は何か?。」

その本業を絞り込み、その軸をブラすこと無く、他のタイプを試しながらメリットだけを本業に取り入れる。

そんな思惑を兼ねて、本業以外の営業タイプを併設している場合もあるだろう。

しかし、スーパーマーケットとディスカウントの2タイプを同じウェイトで併設している企業もある。

  2タイプのフォーマットを有している場合。

いろいろな価値観が混じり合い、企業全体で成長出来る場合もあるかもしれない。
しかし、小売業が世の中の変化に合わせて連動する変化対応業だとすれば、2つのタイプを伴に変化対応させていくフォーマットを同時進行させるのは至難の業。

まして、その中で育っていく人材の事を考えると、どうなのだろうか、という疑問が残る。

私も、スーパーマーケットというタイプの小売業しか経験が無い。
だから、それを専業として成長してきたとも思っている。

  これが、二つのフォーマットを行き来してきたら。

明確な原理原則には出会えなかったであろうと思う。
それは、常に同じ経営理念に基づき、日々の問題を解決しようと行動してきた結果得られた賜物だと思っているからだ。

逆に言えば、その世界だけの、井の中の蛙になってしまっているのかもしれない(笑)。

何れにしても、企業やそこで働く従業員が二つのフォーマットを得る為に、二つの標準化を同時に取り入れていくという複雑な作業をこなしていくという事は、多大な時間と努力が必要とと思われる。




|

« 生鮮の原理原則 | トップページ | 甲斐バンドストーリー »

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
それは企業の考え方に違いだと思います。
ただ同じ組織内に違う価値基準を生む事になる多角化。
相当、求心力を高めない限り難しいと思います。

投稿: てっちゃん | 2014年5月 6日 (火) 10時43分

現在6店舗。店舗の大きさやレイアウトはバラバラです。更に現場はやりたい放題!(笑)当社は標準化の意志はなさそうです。なんとか創業精神の標準化だけは推進したいですが。※個人的には2つ以上のフォーマットを同じ企業が持つのは理解出来ません。当社では一つもまとまっていないので。(笑)

投稿: かわらい | 2014年5月 5日 (月) 20時45分

dadamaさん、私の企業なら間違いなく降格です(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年5月 3日 (土) 23時41分

そうですね!販売力の高める個の対応。あのフォトフレーム使用のディスプレーも当店だけのオリジナルです。それを見て何も言わず肯定するトップ。ある企業なら始末書ものらしいです(笑)。標準化とは何ぞや?と考えさせられる昨今です。

投稿: dadama | 2014年5月 3日 (土) 22時47分

dadamaさん、コメントありがとうございます。

経営の効率化を図る為の標準化。
販売力の競争を図る為の個対応。

そこの部分の区分けを見直していく必要はあるようですね。

投稿: てっちゃん | 2014年5月 3日 (土) 22時27分

標準化、当社も振り回されているます(笑)。標準化のルールが標準化されていない(笑)。会社は利益改善ありきの標準化を目論んでいるのですが基本の標準化が構築されてもいないので現場は大変です。詳しい話は「裏会」でじっくりと(笑)。

投稿: dadama | 2014年5月 3日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59547721

この記事へのトラックバック一覧です: 標準化:

« 生鮮の原理原則 | トップページ | 甲斐バンドストーリー »