« ある健康法 | トップページ | 採用は進んだが・・・ »

2014年4月 7日 (月)

スキャニングトレーニング

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


レジに対してのお客様の不満の最たるもの。

  レジ待ち。

各企業は、レジのサービス向上の過程で、笑顔での接客を重要視してその向上を図ろうとするが、実際のお客様の声から見えてくるのは、「まずは早くレジを打って」という要望だ。

  早くレジを通過して頂く事。

レジ待ちの場合は、何よりも早くレジを通過したい、という要望が最も多いのである。

  それが現実のお客様の声。

しかし、なかなか個人個人のスキャニングスピードは上がらない。
それは、我々マネジメントスタッフが実際に行動に移していないから。

  行動スケジュールに組み込んでいないからである。

まず、そこから取り組んでいこうと思った矢先の、4月の第一週。
消費増税後の反動でお客様自体が減少した時期(そうなるだろうと予測した時期)。

  「スキャニングトレーニングを具体的にやろう。」

私は、レジチーフに進言した。
年度初めの店舗方針には組み入れるのに、具体的に日々のスケジュールには組み入れられない。

  だから進化していかない。

この機に、具体的に行動してみようと思った。
そして案の定、4月に入ってからの反動。

  レジ待ちどころかレジが待っている状態。

この機に、レジチーフも積極的にトレーニングを開始した。

  「レジに先頭でトレーニングをせよ。」

その指示通りに、レジチーフが一人一人トレーニングを開始した。
それを、レジに立つ全社員が見ながらレジ打ちをする事になる。

  この効果が抜群。

次は、私?。
そんな意識がつきまとい、またどんなトレーニングをしているのだろうという関心。
そのことが、現状のレジ打ちにも影響してくる。

  要はスキャニングへの関心の高まりだ。

前方でのトレーニングが、自分へのトレーニングに重なり、今現実にお客様を流しながらの訓練となっていく。

そして、自分がトレーニングを受ける時にはある程度の前知識があるから、訓練もスムーズ。

確実に時間を作って、スケジューリング化して取り組む。
またひとつ、仕組み化が出来そうである。








|

« ある健康法 | トップページ | 採用は進んだが・・・ »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
企業や店舗によってそれぞれの事情があると思います。
単に私の場合は年度当初の方針の実現のタイミングを見計らっていただけです(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年4月 7日 (月) 21時12分

増税後の閑散時にチェッカーさんのスピードアップ、抜け目がないですね。(笑)
皆の視線を集めてのトレーニングも効果的ですね。当社では深刻な人出不足のためナチュラルにスパルタ教育に⁈

投稿: かわらい | 2014年4月 7日 (月) 21時01分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
自分の行動を写真でなく動画で客観的に見ると恥ずかしいぐらいにリアルですね。
思わず、自分の姿を疑ってしまう(笑)。
てっちゃん会でdadamaさんが撮ってくれた動画を見るとよくわかります(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年4月 7日 (月) 20時25分

他人の振り見てわが身を正す」の謂れ通り、自分の仕事を客観的に見つめて仕事の本質を知る事は効果がありますね。
私も挨拶の練習にビデオカメラで本人の笑顔を写して見せると自分の怖い笑顔やひきつり笑顔にびっくりするメンバー達でした。

投稿: dadama | 2014年4月 7日 (月) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59416934

この記事へのトラックバック一覧です: スキャニングトレーニング:

« ある健康法 | トップページ | 採用は進んだが・・・ »