« 増税前後の混乱の中で | トップページ | 消費税10%時代へ »

2014年4月 4日 (金)

増税に対する考え方

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今回の増税に対する対処の仕方で思った事。

  “こんなときほど企業姿勢が色濃く出るもも”

普段は似たり寄ったりの店舗規模、品揃え、価格であるが、いざ増税に対する対応の仕方には、各社各様の取り組みがありそこから企業姿勢が見えてきた。

  一週間前から定番表示を変更した企業。
  当日午後から一気に表示変更した企業。
  31日は午後8時に閉店して準備した企業。
  31日も通常営業にて貪欲に販売した企業。
  本体価格と税込み価格の二重表示の企業。
  税込み価格だけで分かりやすさに徹した企業。
  本体価格だけで10%増税にも対応した企業。

本当に、各社各様の対応が見て取れた。

  企業毎にどこに重点を置くか。

そこが今回の増税に置いても、その支点が企業毎に微妙に違った要因であった。

あくまでも貪欲に売りに徹した企業は、通常営業にこだわり、定番価格も継続して競合対策価格を維持し続けた。

堅実に売価違い等を最優先で考える企業は、翌日の営業時間をズラしてでも売価チェックを最重点的に確実に実施してオープンさせた。

お客様への安心感や分かりやすさを最優先する企業は、表示も総額表示のみで、前日、当日の営業時間も余裕を持って対応しようと、早く閉店し遅く開店させて対応した企業。

この事実をとってみても、各社各様の増税に対する捉え方である。

  この事は、何を意味するのか。

表面上は、同様の売場面積、レイアウト、品揃え等を有しているが、その企業理念が異なることの背景があるということだろう。

  常に売上げを最優先で捉える企業。
  世の増税という決定に従順な企業。
  この機を攻め時と捉え攻める企業。
  お客様の分かりやすさ優先の企業。

根本的な優先する考え方が色濃く出るのが、こんな場面である。
ある程度の原理原則化された成功事例の集大成が現在のスーパーマーケットの売場面積であり品揃えでありレイアウトである。

この原理原則に則れば、ある程度の商圏内での商売は出来るというパッケージが現状の店舗スタイルである。

  しかし、この状況は過去にない事例。

だから、企業毎に考えるしかないのである。
だから、それへの取り組みに差異が生じる。

私は、この機をパラダイムの転換期だと考えている。

  従来の原理原則が変化する時期。

過去から不変の原理原則。
世情で変化する原理原則。

始めはゆっくりとした速度で変化し始めるが、ある程度の時期から大きく方向転換し、パラダイムが大きく転換するきっかけとなるのが、この消費増税であると思っている。

  なぜか?。

来年には10%が控えているから。

  意識が増税から離れない時代。

食品スーパーが大切にしなければならない分野とは?。

  そこで負けたら、ジ・エンド、である。







|

« 増税前後の混乱の中で | トップページ | 消費税10%時代へ »

商売」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
厳しいスタート。
今度の日曜日である程度見えてくると予想していますが、どうでしょうか。

投稿: てっちゃん | 2014年4月 5日 (土) 07時26分

消費税が8%になって4日目、静かな立ち上がりになってしまいました。据え置き、値下げ、ポイント付加etc、切り替え後は思った通りの価格競争が始まりました。早々に価格以外の優位性を得なければなりませんね。

投稿: かわらい | 2014年4月 4日 (金) 23時16分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
食品スーパーといえども、支持される商品が限定されていく時代。
自社の強み、自店の強みをより明確に打ち出していかないと忘れ去られてしまう時代に突入したと言ってもいい今後。
その土台造りを急がねばと思います。

投稿: てっちゃん | 2014年4月 4日 (金) 22時47分

仰る通り、増税を期にお客様に対する企業メッセージが明確になりましたね。増税は国の施策なれど税をお客様から頂戴するのは私達。商品を介して税金を頂戴する事実。増税だから仕方ないと他人事に取組む企業は大きな痛手を負う予感が致しております。特に二重表記の場合の税込価格の打出しにはかなり慎重にならねばと思います。98円→101円 398円→410円のようにお得感・値頃感に基づく売価設定には神経を使うべきだと思います。比較陳列・コト訴求による購買動機の高揚も含め色々な事に真摯に取り組む時期の到来と認識しています。

投稿: dadama | 2014年4月 4日 (金) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59399884

この記事へのトラックバック一覧です: 増税に対する考え方:

« 増税前後の混乱の中で | トップページ | 消費税10%時代へ »