« 地域のコミュニティー | トップページ | 増税前後の混乱の中で »

2014年4月 2日 (水)

入社式

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今年は消費増税の混乱もあり、新入社員の入社式は今日4月2日。

  今年は異例の4月2日。

後々、4月2日の入社式だったというのも、いい想い出になるのだろうか(笑)。
それだけ、今年は異例の出来事が全国的に発生したということだろう。

新たな自分の幕開けに、緊張の連続がこれから続くであろう新入社員。

  「よ〜し、やってやろう!。」
  「どんな職場なのだろうか?。」
  「自分に務まるのだろうか?。」
  「続けられるのだろうか?。」

等々、いろいろな不安を胸に入社式へ参加してくるわけだ。
その企業も今後の出店を見越しての採用人数。
逆に言うと、採用環境が好転し、我々小売業への人気が相対的に低下していると聞く。

  “やっぱり人気ねぇ〜のか”

相変わらず、この業界は人気薄らしい(笑)。

  しかし、やれば面白いんだけどなぁ〜。

それがなかなか伝えられない、伝わらないもの事実なのだろう。
新入社員がこぞって入社してくるという環境は、とりもなおさずパートさん達の入社も安定しており、人員不足など発生しない筈なのに、現実は恒常的な人材不足が続いている。

今年も最終的には例年通りの入社人数だが、途中経過は厳しかったらしい。

  最終的には他社に逃げられる確立も高いらしい。

やはり、土日休日が取れないというハンディは高い壁なのかもしれない。
更に、立ち仕事も多く、現場の店舗での販売も決してカッコ良くは映らない。

中には、将来的にバイヤーとして活躍したいという夢を抱いて入社してくる人材もいるだろう。

しかしたいていの場合は、現場に残って対お客様との間での商売を本業として顧客満足の代償としての利益から給与を稼ぎだす役割としての業務がほとんどだ。

店舗販売者としての評価の格差を見直して、同じチーフでも副店長でも店長でも評価幅を設けて、モチベーションの下がらない人事制度を確立しない限り、店舗販売者として成長していこうという意欲の高まりが持続できないという問題も見直していかなければ、店舗の販売力がどんどん低下していくという危惧もある。

いろいろな課題を内包しながら、今年も新入社員が大勢入社してきた。
そう簡単に、小売の仕事、販売の仕事、チェーンストアの仕事が理解出来る訳ではないが、彼らの中から私達の仕事を引き継ぐ人材がどんどん育ってほしい。

そして、その連鎖が企業を強くし、競争力のある企業となってくるのである。
そして、また新たな風が彼らによってもたらされるのであろう。







|

« 地域のコミュニティー | トップページ | 増税前後の混乱の中で »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
今年入社の新入社員がいずれ自分を助けてくれるもの。
そう思うと、力が入りますね。

投稿: てっちゃん | 2014年4月 3日 (木) 07時38分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
当社は新入社員は数店舗で集中して研修させてから部門配属しますので、当面新人の配属は無さそうです。

投稿: てっちゃん | 2014年4月 3日 (木) 07時37分

当社でも3名の新入社員が入社しました。
人手不足が深刻になってきた今、大切に育てたいですね。

投稿: かわらい | 2014年4月 2日 (水) 21時37分

てっちゃんのお店にも新人の配属はあるのでしょうか?キャンバスの真っ白な新人にとって、てっちゃん色に染まれる事は(後になって)幸せだと思うのですが・・・当初は極悪でも(笑)。

投稿: dadama | 2014年4月 2日 (水) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59374629

この記事へのトラックバック一覧です: 入社式:

« 地域のコミュニティー | トップページ | 増税前後の混乱の中で »