« 葛西紀明物語 | トップページ | ついで »

2014年2月20日 (木)

雨漏り

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


今回の大雪。

  想定外の事態が多かった。

その中でもビックリしたのが、雨漏り。

通常の雨漏りとは、屋根の瓦の傷みやトタンのつなぎ目のズレとかから雨が染みて内部に入り、屋根や壁から伝わって染みてくることである。

  しかし今回は積雪が原因の雨漏りであった。

それも後付けで教えられた知恵であり、その時は何事が起きたのかと愕然としたものだった。
それでなくても、大雪でいろいろな対応に迫られていただけに、突然の雨漏りには本当にビックリした。

まず、休憩室から部下が飛び出して来た。

  「店長、休憩室が大変です!。」

そして行ってみたら、休憩室の窓の上から水がボタボタ垂れているではないか。

  “雨漏れか”

取りあえず、下にタオルを敷いてしのいでいたが、そのうちに隣の窓枠の上からも漏れだし、更に時間が経つと窓枠からだけでなく壁の下の傷の穴からも勢い良く水が流れ出して来た(笑)。

  “なんじゃ〜、こりゃ〜!”

久しぶりにこんな感嘆符が出てくるほどに、異常な事態に困惑した。
今回の大雪が起因していることはなんとなく分かるが、詳しい原因がわからない。

  “今回限りの事なのだろうか?”

それが一番知りたい部分だった。
そうこうしている内に、今度は全然別の方向のグロサリーのバックヤードの外側の壁からもガンガン水が染み出して来た。

  “今後はこっちか?”

流石に搬入口付近でもあり、何人かの男性社員を呼んで皆んなでバックヤードの水かきである。

  やってもやっても止まらない。

そんな状況が一時期続いた。

  “キリが無いから止めよう”

そして、下に段ボールを敷いてタオル代わりにして水を止めた。
そうこうするうちに、次第に雨漏りの水量が減って来た。

  “このまま落ち着いてくれれば”

そして夕方には完全に雨漏りが止まったようだ。

  何故このような雨漏りが?

今回は大雪で雨どいが詰まり、水の流れが逆流して内側の壁の中に入り込み、どんどん内部の壁から休憩室やグロサリーのバックヤードの壁から染み出て来たのだ。

それも、数日後の店長会時に総務の方から教えられた詳細である。
前回の大雪の時には気温の低下によって、冷蔵機器に温度異常が発生したりUSENの音楽が止まったりしたが、今回も積雪の影響での雨漏り。

人の悲鳴と建築物の悲鳴。
声に出さない分、確実に異常事態に陥るものだと分かった。









|

« 葛西紀明物語 | トップページ | ついで »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

kiyoさん、コメントありがとうございます。
本当に「恐るべし」ですね(笑)。
氷点下という世界はそれほど人を痛めつけるのですね。
増しては建築物おや、なのでしょうね。

投稿: てっちゃん | 2014年2月22日 (土) 00時51分

こちらは、今日もバンバン降っています。でも乾燥しているので、手で固めようとしても固まらない雪ですが…。昨日某大手問屋さんの幹事会があり、北海道駐在のメーカートップが沢山集まりお酒を飲む機会がありました。ほとんど方が2から3年の間に転倒、骨折を経験しています。恐るべし札幌のアイスバーンの歩道です。(笑)

投稿: kiyo | 2014年2月21日 (金) 10時40分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
やっぱり雪の影響は尋常では無いですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年2月21日 (金) 00時37分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
これでもか!、というのが東北北海道の冬なんです(笑)。
とは言っても、不慣れな地域の積雪は本当にご勘弁、ですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年2月21日 (金) 00時36分

当店では単純に横殴りの暴風雨で排煙窓から尋常ではない雨漏りが!(笑)
そう言えば大雪の日、有線が途切れ途切れに⁈雪のせいだったんですね。

投稿: かわらい | 2014年2月20日 (木) 22時26分

雪の重みは侮れないですね。特に今回のように湿った雪の重みはスーパーに多いフラットな屋根には相当のストレスとなったのでしょう。倒壊した建造物もあちらこちらに見受けられたようですし・・・今年はもう勘弁してほしいですね。

投稿: dadama | 2014年2月20日 (木) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59157056

この記事へのトラックバック一覧です: 雨漏り:

« 葛西紀明物語 | トップページ | ついで »