« お客様のダイレクトな反応 | トップページ | 葛西紀明物語 »

2014年2月18日 (火)

再びの大雪

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


つい三日前に大雪の記事を書いたばかりなのに。

  それにも増しての大雪。

今回も各地で大きな被害を受けました。
関係各位の方々にはお見舞い申し上げます。
Facebook仲間達も、大変な事態を迎えられた方が多く、その凄さが伝わってきました。

私も、この地に越して来て、これほどの大雪は初めての経験。

  積雪量もさることながらその雪質。

ねっとりと水分の多い雪質に加えて、その積雪量の多さ。

  朝食事をしていて部下から電話が鳴った。

「店長、この雪で家から出れません。」

  「遅れても来いよ。」

「はぁ〜、なんとかして行きます(泣)。」

そんな電話のやり取りをした。そして思った。

  “北関東の人間は根性が無ぇ〜なぁ〜!”

そして自分が自宅を出ようとしたら、自分のクルマでも出れない(笑)。

  それほど、異常事態に陥っていた訳だ。

女房や子供の力を借りて何度か出ようと試みたが失敗。
家族達もずぶぬれで手伝ってくれたが限界だった。

  “軽いクルマでは駄目だ”

自分の足として仕様している欧州車では雪を噛まない。

  “車重のあるクルマなら雪を噛むだろう”

そして普段は女房が乗っている大型車に乗り換えてようやく脱出。

  しかし、今度は道路が大渋滞。

大きな幹線道路なら大丈夫だろうと思って通った道路ですぐ渋滞につかまった。

  ちょっとした上り坂を登れないクルマ。
  道路を塞ぐ横倒しの大型トラック。
  自分のすぐ前で止まってしまった軽。

お店に辿り着く迄の長かったこと長かったこと。

  到着時間は開店間際。

しかし、レジ担当者が来ていない。
私ですらこの状態だから当然と言えば当然。

  しかし、神は居てくれた。

他店舗のレジチーフがこのお店で待ち合わせの途中で店内に入って来てくれて、レジ対応をしてくれたのだ。
その後、彼女の店舗の店長が迎えに来てくれてその店舗へ向かった。
そのお陰で、何とか開店出来たのだが、そんな偶然の巡り合わせでようやく開店出来た土曜日。

  店長仲間もこんな大雪は初めてだと言う。

それだけ気象記録上稀代の大雪。
自身が家から出れないという初めての経験。

はやり、異常気象と言える変化が訪れているのだろうか?。







|

« お客様のダイレクトな反応 | トップページ | 葛西紀明物語 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
今回は太平洋側での積雪が多かったようですね。
この雪質が非常にやっかいだった。
解け易い雪でしたが、この日だけは一日解けずに混乱を招きました。

投稿: てっちゃん | 2014年2月19日 (水) 08時53分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
今回はあまり積雪量の多くない地域での降雪となり多大が被害が出ているようですね。
更に、野菜類やパン、デイリー食品等の未納も多数発生しており物流不能の影響も出ているようです。

投稿: てっちゃん | 2014年2月19日 (水) 08時39分

素人なので大嘘かも知れませんが(笑)。日本海側で降る雪は温暖化の影響があるのかも・・・と言うのも日本海の海水温が温暖化で上昇、水蒸気量が多くなり雲が増える、寒気で冷やされドカ雪に・・・今回の場合は、南岸低気圧は太平洋上で発達するので普通は雨になるのですが、上空に寒波が居座り雨が雪に変わ
ってしまった。元々雨になるべき温度ですから中途半端に冷やされあのべったりとした重い雪となった・・・という事で温暖化よりも寒波が強い事の影響のようですね。

投稿: dadama | 2014年2月18日 (火) 22時04分

Facebookでも投稿しましたが、茨城県だけは逆の意味で別世界だったようで。(笑)
夜中から午前中にかけての台風のような暴風雨ですっかり雪はなくなりました。
まだ、孤立している集落も多数あるとの事。
一日でも早く復旧できるよう祈ります。

投稿: かわらい | 2014年2月18日 (火) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/59147891

この記事へのトラックバック一覧です: 再びの大雪:

« お客様のダイレクトな反応 | トップページ | 葛西紀明物語 »