« キャンセル | トップページ | 自社の強みを理解する »

2014年1月19日 (日)

欧州車の修理

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


またまた、不調に陥った欧州車。

  “今度はどこだい?”

エンジンオイルが漏れているのと、ラジエーターからの水漏れ。

  ネットで調べると、よくある不調らしい。

よくある不調(笑)。
国産車で考えられない不調が、欧州車ではよくある(笑)。

  それ自体に欧州車に対する寛大さが伺われる。

国産車に対しては、ちょっとした不調でも「有り得ない」とクレームを出す国民が、欧州車に対してはなぜか寛大。

  なぜか?。

ちっちゃいプライドだろうか(笑)。

  “欧州車に乗るんだからこれくらい気にするな”

そんなちっちゃいプライドが、不満も言わずに乗り続ける要因なのだろうか。
ネットで格安に購入した手前、誰にも文句は言えないが、とは言っても国産車だったらしっかり原因を追求して、今後の新車製造時にはきっちり課題を改善してくれるだろう。

しかし、ネットで調べるとそのような不調がさも当然かのように載っているのだ。

  “なぜもっと怒らないのか”

やっぱり、ちっちゃいプライドなのだろうか。

そう言う訳で、年末間際まで代車を用意されて乗っていたのだが、やっぱりあの欧州車のドライバビリティーだけは抜群だ。

  特に、コーナリングの楽しさ。

これはこの手のタイプ(買物車)のクルマでは絶対に味わえない感覚である。

  更に面白いのは。

国産のスタッドレスタイヤのほうが、欧州の夏タイヤよりコーナリングフォーマンスが高いという事実。

  “スタッドレスのほうが性能高いの?”

標準でセットされた欧州製のタイヤより、ダンロップのスタッドレスのほうがコーナリング性能が高く、スムーズに高速で駆け抜けていくのだ。

  それでは、欧州車の何処が素晴らしいのか?。

それは、シャシーと足回り。
エンジンも、1400にしては高回転型。

  いつの間にか3000回転を越えている。

それだけ、ストレス無しに回るエンジンではある。

  更に、ハンドリングは重い。

到底、日本のおばさんが乗ったらクレームの雨あられだろう(笑)。
これだけスパルタンな仕様である買物車だから、本格的なスポーツ車ならどんなドライビングを提供してくれるのだろうか。

  いつかは乗ってみたい欧州のスポーツ車。

夢は実現するというが(笑)。





|

« キャンセル | トップページ | 自社の強みを理解する »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
故障しないから良いクルマ。
故障しても愛おしいクルマ。
ここまで来ると、やっぱりクルマって男に取っては遊び道具なんですね(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年1月20日 (月) 23時03分

とても魅力的ですがそれだけ故障が多いと考えてしまいますね。今乗っている車はそろそろ10年になりますがまだまだ元気。残念ながらしばらく新しい車には代えられそうにないです。(笑)

投稿: かわらい | 2014年1月20日 (月) 19時50分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
軽のミッションですから、加速時のミッション操作は軽快さが必要でしょうね。
私もオートマをミッション風に操作できるオプションに設定して操作していますが、自分でギアチェンジする楽しさは格別ですね。

投稿: てっちゃん | 2014年1月20日 (月) 07時25分

恐怖の日曜日ですが今日は車ネタで一安心(笑)。確かに個性は魅力でしょうね。壺に嵌ればアリ地獄(笑)。日本車は優等生ですが個性もないかも。私はご存知のようにV●●V●から世界のT●●T●に戻しました。私の場合、コーナーリングを楽しむより直線をブッ飛ばすほうなので高回転型のエンジンは相性が悪いようで(笑)。V●●V●も安定性は抜群なのですが高速100キロ走行で3000回転超はちょっと辛い・・・通勤は5万円のミッションの軽に乗ってますが運転の楽しみは400万円のハイブリッドよりあるのも笑えます。

投稿: dadama | 2014年1月19日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州車の修理:

« キャンセル | トップページ | 自社の強みを理解する »