« 好業績の裏側 | トップページ | 松本清張ドラマから »

2014年1月25日 (土)

今年度の振り返り

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


早くも、今年度の振り返りを行った。

  先日の店長会でのこと。

次月度店長会では、次年度の行為計画の発表になる。
だから、今月の店長会は年末反省と同時に、年度当初に作成した行為計画の振り返りと自己評価について、一店舗毎に発表があった。

これは、年末反省とともに事前に年頭の行為計画に対しての振り返りを記入してきて、店長会で報告するものだ

今年度の年頭に掲げた計画である。
年頭で掲げるという事は、その店舗の今後の一年間の方向性と具体的行動計画を示して、店舗としてあるべき姿を示す事によって、結果として業績改善を図っていくという図式である。

しかし、今年度の9月半ばに人事異動によって店舗が変わった私としては、その後の行為計画が部分的に吹っ飛んだ部分もある。

年頭の行為計画で継続している部分は高評価となるが、継続出来なかった部分は低評価だ。

特に、店舗が変わり継続が難しい課題もある。
事前に計画した部分は、ある程度自分の今のお店を前提にして、この店舗の状況だったらこの部分はこれだけの成果を出せるだろうという思惑から、年頭の計画に載せた項目もあり、店舗が変わるとその前提が崩れてしまう項目も多い。

  言い訳ではあるが(笑)。

そうなると、如何に自分の意志を強く持って臨んだ計画だけが生き残るという構図になってしまった。

  52週MRの構築と継続。

この部分だけは、前店と現店で妥協無く継続している部分である。
そして、私の最も得意とする部分でもある。

  結局、こう言う事か(笑)。

多分、この部分は年頭に計画しようがしまいが、継続して実施している部分なのだろう。

  だから、店舗が変われど継続して実施出来ている。

しかし、その他の部分は店舗状況の変化を理由に断念しているところが多い。
そこには、人事異動という与件に妥協する自分がいたと言う事だ。

年頭の行為計画の作成段階では、計画した全てをやってやろうと意識付けした中で計画を立案して発表しているハズなのに、結果こうして一年を経過して振り返ってみると、途中から忘れていた計画もある。

  “なんて事だ”

とは思いつつも、それを許している自分がいる。

  “これだけは継続出来たのだから”

そう思って他の計画をほごにしてしまう自分。

  次年度計画はしっかり土台を作ろうと思う。








|

« 好業績の裏側 | トップページ | 松本清張ドラマから »

店長の仕事」カテゴリの記事

コメント

かわらいさん、コメントありがとうございます。
毎年強制的に行為計画を求められる企業体質だと、必然的に考えざるを得ないですよ(笑)。
それが定着してくると、自分から頭の整理をしなければ一年が始まらない仕組み作りが出来上がってしまうものかもしれません。

投稿: てっちゃん | 2014年1月26日 (日) 07時17分

dadamaさん、コメントありがとうございます。
店長としては、自分の行為計画の検証も含めると、その店舗で最低3年の月日が必要となる。
それを要せば、自分の打った手がどのように店舗内の土台を作れて、人の手を要して数値が積み上げられるかが検証できると思います。
その都度、人事異動によって部下は変わりますが、パートさん達に異動が無ければ誰を対象に自分の意図を浸透させるかが見えてくるとは思いますが、直接的な部下との共有化も計画遂行には必須ですからね。
暴走店長には時間もついていけないでしょう(笑)。

投稿: てっちゃん | 2014年1月26日 (日) 07時13分

毎年てっちゃんのブログを見ては明確な目標をと心を新たにするのですが、終わってみると?
自分が成長しなければ店も部下も成長を妨げてしまうと思うとまだまだですね。
今年度もその反省を元に年度方針を立てようと思います。

投稿: かわらい | 2014年1月26日 (日) 06時03分

営業・運営のシステム化が進み店長が工場長的責務ならばこういう苦労も少ないのでしょうがこの業界はそれだけ人間を介する職域が多く、人間関係の構築が進み安定するまでは物事は思うように進まないですね。それが楽しみでもあり悩みでもあるのですが(笑)。
当社も年2回の定期異動があるのですが発令の時期が近づいてきています。今回も共有してきたメンバーの入れ替わりがあるのでしょう。
新しいメンバーを育てるのを楽しみと感じられるまでに自分も成長せねばなりませんね。(時間切れになっちゃうかなぁ・・・笑)

投稿: dadama | 2014年1月25日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/58983081

この記事へのトラックバック一覧です: 今年度の振り返り:

« 好業績の裏側 | トップページ | 松本清張ドラマから »