« ハロウィンの盛上がり | トップページ | ゼロから始める »

2013年11月 4日 (月)

祝・東北楽天

皆さん、こんにちは。
 食品スーパーで店長をしている「てっちゃん」です。


久しぶりに興奮するシリーズだった。

  東北楽天ゴールデンイーグルスの日本一。

今年のシリーズは歴史に残るだろう。
語り継がれる日本シリーズとして、我々は歴史の目撃者となるだろう。

  それほど、今年の日本シリーズは感動的だった。

2・11の被災により多大な打撃をうけた東北各県。
とりわけ、福島、宮城、岩手の海岸沿いのダメージは甚大だ。
その東北の期待を一手に背負って、東北楽天は今年劇的に日本シリーズの覇者となった。

先日、このブログで「男気」に付いて記した。
その男気の気質を持つ男達が、ゴロゴロと存在するのが、東北楽天であろう。

  その象徴が星野仙一監督と田中将大投手。

2・11以来、被災地の真ん中に位置するプロ野球チームとして何とか元気を与えていきたいと願ってきた監督。

なんとかそれに応えたいと願い、今年は1年間不敗を誇る田中将大投手。

そして、日本シリーズという舞台は、その田中に黒星を与えるほど過酷な舞台だった。
更にその試合で160球もの全力投球をした田中をして、再度翌日の決戦に駆り立てるほどの舞台が、日本シリーズの第7戦と言う事なのだろう。

  それを「男気」と言わずして何と言うか?。

そして、それらの舞台を目にした我々は、歴史の目撃者として、このシリーズの語り継がなければならない。

  それがこの物語を目撃した我々の使命である。

それほど、今年の日本シリーズは劇的であり感動的であった。
第7戦までもつれ込んだ段階で、日本シリーズらしくはなってきたが、本来楽天は第6戦目で田中将大で決める筈だった。

  しかし、天は田中にさえ黒星を与えた。

この段階で歴史の残る名勝負と化していた。

  更に、第7戦。

最後の最後に、前日160球を全力で投げきり完投した田中が、最後の勝負を決めるマウンドに改めて立つ。

  その時のクリネックススタジアムの響めき。

私のプロ野球観戦の歴史の中でも、この響めきは初めてである。
そして、最後のバッターを三振に仕留めた時のスタジアムの風船の嵐。

  まさに感動の嵐だった。

ジャイアンツファンには誠に申し訳無いが、今日ばかりは、東北楽天へのエールを堂々と切らして頂きました。









|

« ハロウィンの盛上がり | トップページ | ゼロから始める »

生き方」カテゴリの記事

コメント

dadamaさん、コメントありがとうございます。
人間は、自分の為に行動を起こすのでしょうが、より多くの他人の期待を背負うことで自分の限界を越える事が出来るのでしょうね。
そんな限界を越えた人間集団の力強さを学びましたね。

投稿: てっちゃん | 2013年11月 5日 (火) 09時19分

KOZOさん、コメントありがとうございます。
打撃の神様の出身地でしたね。
我々の世代は監督時代しか知りませんが、より年配の方から見れば、圧倒的に打撃の神様時代の赤バット時代の印象が強いらしいですね。

投稿: てっちゃん | 2013年11月 5日 (火) 09時15分

かわらいさん、コメントありがとうございます。
Gファンでしたか。失礼しました(笑)。
Gが勝った方が経済効果があったのかもしれませんが、Gは地力があるから来年もいけるでしょう。

投稿: てっちゃん | 2013年11月 5日 (火) 09時11分

ひがしん☆さん、コメントありがとうございます。
本シリーズは「生き方」カテゴリーに迷わず入れました(笑)。
それほど学ばされたシリーズでした。

投稿: てっちゃん | 2013年11月 5日 (火) 09時07分

いやぁ、凄かったですねぇ。TVアレルギー?の私も釘付けでした。
勝利への執着。執着への人間力・団結力。野球と言うスポーツの枠を超越した人間の生き様を教えてくれました。
被災地の方々に癒しを与えたい。ビジネスではなく、野球を通して元気・勇気を与えたいスポーツ本来の心意気、田中の連投をはじめとする勝利へのこだわり・プライド・・・実に感動的で心が熱くなりました。多分皆さんがそう思われたのではないかと思います。
何の為?誰の為に野球をしているのか?野球を仕事に置き換えると、自分の職務に対する反省・課題も多く考えさせられた一日でした。ファンならずとも、楽天イーグルス、日本一おめでとう。そしてありがとう!!

投稿: dadama | 2013年11月 4日 (月) 21時30分

楽天優勝おめでとうございます。

当地は先日亡くなられた打撃の神様の出身地ということもあり、圧倒的にGファンの多い土地柄ですが、今年に限ってはどっちが勝ってもいいよねの雰囲気でした。

投稿: KOZO | 2013年11月 4日 (月) 20時23分

ジャイアンツファンの私も楽天の優勝には素直に拍手を贈りたいですね!最終戦は勝てる気がしませんでした。
楽天が気持ちで圧倒していた。そんなシリーズだった気がします。チームが一丸となればどんな強敵にも勝てる事を証明してくれましたね。

投稿: かわらい | 2013年11月 4日 (月) 20時20分

優勝おめでとうございます!
いや本当に感動しました! 第5戦、第7戦は涙しました。
そもそも涙もろいんですが、昨晩は号泣ものでした(笑)
第6戦の衣笠の解説は「やかまし〜な〜」とイライラしたせいか、最終戦は古田の解説がさわやかに感じました(笑)。

てっちゃんも「生き方」とのカテゴリーにされているように、いちスポーツ観戦という或を超えて本当に考えさせられるシリーズでした。

投稿: ひがしん☆ | 2013年11月 4日 (月) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508103/58508993

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・東北楽天:

« ハロウィンの盛上がり | トップページ | ゼロから始める »